意外とややこしい『いちゃキャバ』と『セクキャバ』の違いをご紹介!

意外とややこしい『いちゃキャバ』と『セクキャバ』の違いをご紹介!

今回は、ここ数年、キャバクラなどの接客飲食店業界で、急激に人気が高くなっていると言われている、セクキャバといちゃキャバについて、この二つのお店の違いについていくつかの部分で比較していきたいと思います。

そもそも、、セクキャバといちゃキャバに関しては、親戚のような関係で、業界的に考えると明確な線引きはないと言えるぐらい近い業種と言っても良いでしょう。まずセクキャバの成り立ちが、キャバクラから派生してできた業界と言われているのですが、さらにそのセクキャバから進化したのがいちゃキャバ業界と言われています。ただし、「キャバクラ⇒セクキャバ」という流れの時には、サービスの過激度が一気に進んだという感じなのですが、「セクキャバ⇒いちゃキャバ」という流れの際には、過激度がかなり収まってしまったという、ある意味退化のような関係なので注意が必要です。

この記事では、そもそもセクキャバといちゃキャバがどういったお店なのかや、料金やサービス面で考えた時の違いについて簡単にご紹介しておきます。

セクキャバといちゃキャバってどんな店?

それではまず、セクキャバといちゃキャバについて、それぞれがどういったお店なのかという概要について簡単に解説しておきます。

まずはセクキャバからですが、冒頭でご紹介したように、セクキャバはキャバクラから派生してできた業界です。セクキャバは「セクシーキャバクラ」の略語なのですが、これだけ聞くと、単にセクシーな格好をしたキャストが接客するキャバクラと言ったイメージになるかもですね。要は、ランパブのようにランジェリー姿の女の子がお酒の相手をしてくれる程度と考えている方もいるかもしれません。しかし、その考えは大きな間違いで、セクキャバが枕詞に「セクシー」が付いているのは、キャバクラで禁止されている「キャストへのお触り」が認められているからです。

基本となるサービスは、キャバクラと同じく、席についたらキャストが横について、お酒を作ってくれたりトークするといった感じなのですが、セクキャバでは横についてくれたキャストの上半身へのお触りがOKとされているわけですね。例えば、トークの最中におっぱいを揉んだり舐めたりすることもできますし、キスも認められています。つまり、キャバクラのサービスに加えて、女の子とイチャイチャすることができるというのがセクキャバなのです。

そしていちゃキャバに関しては、セクキャバからさらに派生した業界でまだ登場してからそこまで時間が経っていません。通常、こういった業界では、どんどんサービスが過激になっていくものですが、いちゃキャバに関しては、その逆にサービス内容に関しては、退化してしまっている珍しい業界です。そもそも、セクキャバのサービスをさらに過激にしようと思っても、すでに法律の範囲では限界ギリギリまで来ていることから、さらに過激にすることは不可能だという面もあります。
いちゃキャバは、どちらかというと、接客する女の子の求人目的にできた業界だと言われており、セクキャバほど過激なサービスを提供しなくても良いという点から、夜職初心者の方でも働きやすく女の子を集めやすいという特徴があるのだと思います。実際に、「セクキャバ初心者さんは、いちゃキャバで業界の体験をさせる」という大手グループ店もあるようです。

なお、注意が必要なのは、サービスはセクキャバ並みなのに、女の子の募集のために「いちゃキャバを名乗っている」という店舗が意外に多いという点です。男性からは、いちゃキャバの料金でセクキャバのサービスを受けられるなら特しかないように思えますが、そうでもないお店もありますので、その辺りを次項でご紹介していきます。

セクキャバといちゃキャバの違い

それでは、セクキャバといちゃキャバについて、いくつかのポイントに分けて業界の違いをご紹介していきましょう。

料金的な違い

まずは料金的な違いです。上述したように、セクキャバといちゃキャバに関しては、サービスの過激度が異なりますので、セット料金などが違ってきます。一般的なセット料金は以下のような設定になっています。

  • セクキャバの基本的なセット料金・・・40分/6,000円~10,000円
  • いちゃキャバの基本的なセット料金・・・40分/5,000円~8,000円

このように、サービスの過激度が少ない分、いちゃキャバの方が安い価格に設定されています。
ただし注意が必要なのは、内情はセクキャバなのにいちゃキャバを名乗っているといった感じのお店では、オプションサービス的に過激度が高くなっていくような場合があるのです。例えば、通常は「服の上からお触りできる」という設定なのですが、「千円払うと服の中に手を入れられる」「さらに千円なってしまうことがありますので注意しましょう。
生のオッパイを揉みたいなら、最初からいちゃキャバでなくセクキャバに遊びに行きましょう。

サービス的な違い

次はサービス面での違いについてです。いちゃキャバにしてもセクキャバにしても、席についてくれたキャストの上半身にお触りできるという点は共通していると考えてください。ただし、この二つの業界には以下のような違いがあります。

  • セクキャバはトップレスで触れるけど、いちゃキャバは服の上からが基本
  • セクキャバはキスもOKだけど、いちゃキャバは基本禁止
  • セクキャバの中でも過激店は下半身もOK

上記のように、業界の過激度はセクキャバの方が圧倒的に高くなります。いちゃキャバは、あくまでも服の上からお触りできるだけで、セクキャバ慣れしている人からすれば、物足りないと感じる場合もあるでしょう。
業界の過激度に関しては「キャバクラ⇒いちゃキャバ⇒セクキャバ」の順で高くなっていくと考えておきましょう。

キャストの違い

最後は、働いているキャストの違いです。この部分では、セクキャバもいちゃキャバも共通している場合もあるのですが、セクキャバの方が幅広いタイプの女性に出会うことができると考えておきましょう。
というのも、セクキャバに関しては、お店ごとに明確なコンセプトが設けられており、若い女性が集まるような素人コンセプトやJK制服コンセプトなどがあったり、30代以上の女性が働く人妻・熟女コンセプトがあったりします。つまり、セクキャバで働く女性は、20歳そこそこの年齢から40歳ぐらいまで、非常に幅広い方が働ける業界になっているわけです。

一方いちゃキャバはというと、どちらかというと25歳までの若い女性が中心になると考えてください。上述したように、いちゃキャバ業界自体が、セクキャバ嬢になるための足掛かり的な役割を持っており、「お客様にお触りされる仕事が自分にできるのか?」を確認するために働きに来るような方が多いです。そのため、いちゃキャバのコンセプトは、コスプレや素人コンセプトなど、「業界慣れしていない女性」をメリットとしている場合がほとんどなのです。こういった事からも、「よりエロイサービスを」といった要望で遊びに行く場合、いちゃキャバでは満足できないかもしれません。

まとめ

今回は、非常によく似た業界と考えられているセクキャバといちゃキャバの違いについてご紹介してきました。「セクキャバといちゃキャバは同じ」と考えている方も多いかもしれませんが、この記事でご紹介したように、詳しく見ていけば全く異なる業界と考えられるほどの違いが存在するのです。

セクキャバやいちゃキャバは、「女の子のオッパイが揉める!」ということにメリットを感じて遊びに行く方が多いと思いますし、このような考えの方であれば、いちゃキャバに行くと、「何だ、この程度か…」とがっかりしてしまう恐れもあると思います。
この二つの業界は、全く別物と考え、自分が楽しみたいことは何なのかによって遊びに行くお店を選びましょう!

夜遊びあれこれカテゴリの最新記事