最近よく聞く『セクキャバ』って、結局どこまでの事ができるの?

最近よく聞く『セクキャバ』って、結局どこまでの事ができるの?

今回は、年々男性客からの人気が高くなっていると言われているセクキャバについて、セクキャバに遊びに行ったら「どんなサービスが受けられるの?」と言う点について簡単にご紹介していきたいと思います。

セクキャバは、『お触りがOKなキャバクラ』などと言われているのですが、こういった夜系のお店に慣れていない方であれば、「結局、どんなことができるの?」と不安が先立ってしまい、行ってみたい気持ちはあるものの、ちょっと怖いからやめておこう…となってしまう方も多いと言われています。
さらに、セクキャバ業界は、『おッパブ』や『ツーショットキャバクラ』『いちゃキャバ』などと、さまざまな呼び方をされていることから、呼び名の違いでサービスや料金が異なるのかな?といった疑問を持ってしまう方も多いと言われています。

そこでこの記事は、セクキャバ初心者さんの方のため、セクキャバに遊びに行ったときに体験できるサービスをご紹介していきましょう。

セクキャバで出来ることと出来ないこと

それでは、セクキャバに遊びに行った際、どんなことができて、逆にどんなことができないのかについてご紹介していきましょう。

ちなみに、こういった夜系のお店に関しては、同じ業界のお店だとしても、それぞれのサービス範囲が微妙に異なる…なんてことも珍しくありません。例えば、風俗店であるデリヘルなんかでも、お店によって微妙にサービス内容が異なる…なんて場合があるのです。

ここでは、そういったお店ごとの違いについても簡単に触れておきます。

どのセクキャバでもできること

まずは、どのセクキャバ店でも楽しめるサービスからです。上述したように、セクキャバは「お触りがOKなキャバクラ」と呼ばれており、あくまでも風俗店ではなく接客飲食店に分類されるお店になっています。そもそも、夜系のお店の代表であるキャバクラから派生してできたのが『セクキャバ業界』ですので、キャバクラで可能なことはほとんどすべてできると考えても構いません。

例えば、可愛い女性キャストと楽しくトークできるということや、お酒を作ってもらって飲めるなどというキャバクラ遊びは、セクキャバでもできるのです。特に、セクキャバの場合は、下で紹介する『お触り』が目的で来店するお客様がほとんどだということから、セット料金に飲み放題が付属されていて、飲むだけならキャバクラよりも安いなんてメリットがあるのです。

お店によって異なるサービス

ここからは、セクキャバ特有のサービスについてご紹介していきましょう。セクキャバは、キャバクラから派生したお店だとご紹介しましたが、何がキャバクラと違うのかというと、キャバクラでは禁止されている女性キャストへの『お触り』がサービスとして認められていると言う点です。基本的に、どのタイプのセクキャバ店であっても、女性キャストの「上半身へのお触り」はサービスとして認められています。つまり、キャバクラのように、トークやお酒の相手をしてもらいながら、そのキャストのオッパイを楽しむことができるのです。

ただし注意が必要なのは、他の夜系の業界と同じく、セクキャバにもハード店とソフト店の違いが存在するということです。どういうことかと言うと、お店によって『お触りできる範囲』が違ってくるということです。以下に、一般的な分類をご紹介しておきますので、お店選びを失敗しないように覚えておきましょう。

  • ●ハード店
    ハード店は、セクキャバの中でも最も過激なサービスを楽しむことができます。上半身のお触りはもちろんできますし、ディープキスや乳首舐め、さらには下半身のお触りまで認められているお店も多いです。ハード店は、働いているキャスト側が攻めに回ることも多いので、より過激なサービスを受けたいという方にお勧めです。
  • ●ソフト店
    次はソフトサービスが売りのお店です。こちらも、上半身のお触りや乳首舐め、キスなどは基本的に認められています。ただし、ハード店との違いは、下半身へのお触りは禁止されていると言う点です。また、このタイプのお店は、「キスをNG」としているキャストもいるため、単純に『お触り』しかできないとなってしまう場合も少なく無いです。
  • ●いちゃキャバ
    いちゃキャバは、セクキャバの中でもソフトと呼ばれるお店がさらに緩いサービスになったお店です。「キャバクラとセクキャバの中間」などと表現されることもあります。このタイプのお店は、上半身へのお触りがOKなのですが、「服の上から」のみとなっている場合が多いです。そして、基本的にキスはNG事項とされています。注意が必要なのは、いちゃキャバ業界は、最近登場し始めたものですので、サービスの範囲が、お店によってかなり違うということです。中には、働く女性を集めやすくする目的で、セクキャバがいちゃキャバを名乗っているだけみたいなお店もあります。

このように、同じセクキャバでも、サービスの範囲は入店したお店によって異なります。したがって、お店の受付などで、どこまでOKなのかはきちんと確認しておいた方が良いですよ。

セクキャバで出来ないこと

最後は、セクキャバに遊びに行っても『出来ないこと』をご紹介しておきます。簡単に言えば「嬢が嫌がること」は基本的にできないと考えておきましょう。他にも、法律的にできないことが存在しますので覚えておきましょう。

セクキャバ店は、風俗だと勘違いしている方もおり、いわゆる『ヌキ』と呼ばれるサービスも受けられると思っている人がいます。しかし、この考えは大間違いで、セクキャバでは性的サービスを受けることはできません。あくまでも、接客飲食店ですの我慢できなくなったら、他のお店に行って処理をしましょう。他にも、自分の下半身を露出するのもNGですし、嬢に触らせるのもNGです。

セクキャバは、あくまでもトークとお酒を楽しむついでに「お触りができる」というのがメリットのお店です。それ以上を求めている方は、他のお店に行かなければいけないですよ。

まとめ

今回は、セクキャバで受けられるサービスと禁止されていることについてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、あくまでも接客飲食店に分類されるお店ですので、キャバクラのサービスに『お触り』が追加されたタイプのお店と考えるのが間違いないと思いますよ。

ただし、注意が必要なのは、お店によってお触りの範囲がかなり違う場合がありますので、きちんと情報収集していかなければ、せっかくのセクキャバのエロさを楽しめない…なんてことになりかねません。お店のホームページや口コミサイトなどでサービス範囲を確認して遊びに行くようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事