セクキャバ初心者さんに向けて!セクキャバの一般的な楽しみ方をご紹介!

セクキャバ初心者さんに向けて!セクキャバの一般的な楽しみ方をご紹介!

今回は、セクキャバ初心者さんに向けて、「セクキャバに行けばどんなことが楽しめるのか?」についてご紹介していきたいと思います。

セクキャバは、「お触りができるキャバクラ」などと解説されることが多いのですが、こういった夜のお店にあまり行ったことがない人であれば、「具体的に何が楽しめるのか?」が良く分からなくて、行ってみたいと思うものの、なかなかお店の中にまでは遊びに行く勇気がない…となってしまう方も多いようです。

そこでこの記事では、一般的なセクキャバ店のルールや、何が楽しめるのかを簡単にまとめておきたいと思います。

セクキャバのサービス内容とルールについて

セクキャバは、「セクシーキャバクラ」の略語で、一般的なキャバクラとは異なり、席についてくれた女の子にお触りできるのが特徴です。男性の方からは「おっパブ(おっぱいパブ)」という名称で呼ばれているように、お酒やトークを楽しみながらキャストのオッパイを揉んだり舐めたり、キスまで楽しむことができるのが基本です。

このように、キャストへのボディタッチが認められているのが最大の特徴なのですが、「時間内なら何をしても良い」というわけではなく、きちんとルールが決められていて、それに従わなければならないので注意してください。以下に一般的なセクキャバ店で禁止されている行為をご紹介しておきますので、遊びに行くときは頭に入れておきましょう。

  • 女の子の下半身を触る(一部過激店では認められていることがある)
  • 自分の局部を女の子に触らせる
  • 男性側が衣服を脱ぐ
  • 男性側が局部を露出する
  • いわゆる『ヌキ』と呼ばれる行為

一般的なセクキャバ店は、女の子の上半身へのお触りがOKで、下半身へのお触りは禁止されています。オッパイを揉んだり、キスをしたりするのはサービスの内なのですが、女性器に触れたり指を入れようとしたりする行為は禁止されています。ただし、この辺りはお店によって微妙にルールが異なり、完全に禁止の店から、お尻はOK、布の上からならOK、下半身も触って良いなど、独自ルールがあるので入店前に確認しておきましょう。

ちなみに、男性側が自分の下半身を露出したり、女性に触らせる、ヌクと言った行為は共通で禁止ですので、あくまでもイチャイチャだけを楽しめると考えておきましょう。

セクキャバの楽しみ方

それでは、セクキャバに行けばどんなことが楽しめるのか?についても簡単にご紹介していきましょう。ここでは、一般的に、セクキャバのメリットと言われている部分をいくつかご紹介しておきます。

イチャイチャを楽しめる

セクキャバは、デリヘルなどと同じく性風俗店と勘違いしている方が多いです。しかし、法律的な取り扱いは、あくまでもキャバクラに近い接客飲食店なのです。

セクキャバが、前述のようなイメージがあるのは、他の接客飲食店では楽しむことができない、お触りが思いっきり楽しめるからです。それも、太ももに触れる…程度のお触りではなく、トップレスになった嬢が自分の膝の上にのってきて、思いっきり揉んだり舐めたり好きなだけおっぱいを楽しむことができるのです。さらに、接客飲食店で働いている綺麗な女性と何回でもキスできるなど、密着度の高い接客が醍醐味です。

セクキャバは、キャバクラと同じく、トークやお酒を楽しむこともできますが、あくまでもそれは付属品で、羞恥心を捨てておっぱいを楽しむのがオススメです。

夜職の中でも特にレベルが高い女性が多い

近年のセクキャバのメリットは、他の夜職業界と比較しても、特にレベルの高い女性キャストが集まっているということです。

女性の夜職といえば、キャバ嬢のお仕事が有名ですが、キャバ嬢は、たくさんお酒を飲まないといけない、ドリンクやボトルを入れてもらうスキルがないと稼げない、アフターなどお金にならない仕事が多いということで、ごく一部のトップ層以外にはかなり厳しい仕事になっています。それがセクキャバは、非常に高額な時給設定になっている、連絡先交換すら禁止の店が多い、飲まなくても良いなどというメリットから、安定して稼げると人気になっているのです。

こういった事から、近年のセクキャバには、他の夜職業界から移籍してくる方も急増しており、元キャバ嬢さんや元風俗嬢など、働きたいという女性が非常に多くなっています。つまり、お店側は女性集めに困らない状況になっていて、「よりレベルの高い女性」を選んで入店させていることから、とんでもなく可愛い、綺麗な子とイチャイチャを楽しめるようになっているのです。

本当の恋人気分を楽しめる

セクキャバは、お客様の来店目的がお触りですので、嬢はお酒を全く飲まなくても仕事が成立します。キャバ嬢は、ボトルで稼ぐ、ドリンクで稼ぐという特徴から、二日酔いになるほど飲むのが一般的で、Wワークの場としてはかなり厳しい世界と言われるようになっています。

この違いから、昼間は一般職で働いている、女性大生をしているといった業界未経験者がWワークでセクキャバで働くようになっており、素人特有の初々しい反応を楽しめるようになっています。もちろん、仕事に慣れたベテランのセクキャバ嬢の接客も良いものですが、まだ業界に慣れていないキャストとのイチャイチャは、家で恋人と飲んでいる雰囲気をそのまま楽しんでいるといった感じになり、セクキャバにはまってしまう人が急増しているわけです。

まとめ

今回は、セクキャバのルールや、どんなことが楽しめるのかについて簡単にご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバは何をしても良いというわけではなく、お店ごとにいくつかのルールが作られていますので、それは絶対に守らなければならないと考えてください。

ただし、ちょっとしたルールさえ守っていれば、他の夜のお店では絶対に楽しむことができないイチャイチャを楽しめますので、行く価値は絶対にあると思いますよ!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事