セクキャバは無茶な遊び方をすると、すぐに出禁になるかも!出禁にされてしまう行為って?

セクキャバは無茶な遊び方をすると、すぐに出禁になるかも!出禁にされてしまう行為って?

セクキャバは、お触りやキスなどの過激なサービスを提供することが売りのお店で、キャバクラから派生したと言われる割に、キャストとのトークやお酒を目的に遊びに行く人は少なく、基本的にイチャイチャを楽しみに遊びに行っています。そして、ベースとなるお触りサービスがかなりきわどい部分まで認められていることから、遊んでいるうちに暴走してしまうお客様も意外に多いです。

一般的に、セクキャバやキャバクラなどの夜の遊び場は、居酒屋なんかよりも高いお金を使ってもらえることから、お客様が優先されキャストに我慢させる傾向が強いと考えられています。実際に、普通のキャバクラは、ルールとしてキャストへのお触りを禁止しているくせにお客様が多少触ったとしても見て見ぬふりをするのが普通です。
こういった業界的な常識から、「夜の店はお客が神様だ!」と考え、セクキャバでも無茶な遊び方をしてしまう人は少なくありません。例えば、下半身へのお触り禁止なお店でお触りしようとしたり、自分の下半身を露出しようとしたりする人もいるのですが、実は、こういったお客様がいた場合、セクキャバでは一発で『出禁』になってしまうと考えておきましょう。

というのも、セクキャバは、法律のギリギリのラインで営業を行っていることから、ルール違反があれば、法律違反になってしまい、お店が罰を受けてしまう可能性があるからです。さらに、キャストに関しても「風俗まではちょっと…」という考えの人がほとんどですので、風俗と変わらないようなサービスになると、すぐに辞めてしまう危険があるのです。そこでこの記事では、セクキャバで出禁になってしまう可能性が高い代表的な行為をご紹介します。

セクキャバで出禁になってしまう行為とは?

それでは、セクキャバで出禁になってしまう可能性が高い行為についてご紹介していきたいと思います。

ストーカー行為

これはセクキャバだけでなく、どのような夜職業界でも一発で出禁になってしまうと考えましょう。特にセクキャバに関しては、自身はストーカー行為と思っていなくても、「やっていることはストーカーと一緒だから」という理由で一発出禁になってしまう客が多いと言われています。

というのも、セクキャバは、店内でキスやお触りなどが認められている業界で、他の夜の遊び場と比較しても女性との密着度が非常に高いです。キャバクラやガールズバーは「女性を口説く工程を楽しむ」お店と言われていますが、セクキャバに関しては、口説く過程をすっ飛ばして「恋人気分を楽しめる」お店として人気なのです。そのため、店外でのデートになると、男性側はお店で楽しめるサービス以上のことを期待してしまう訳ですね。要は、外に連れ出せば「セックスできる!」と考えてしまい、何とかホテルに連れこもうとしてトラブルになってしまう…なんてことが多いのです。

こういった事から、セクキャバは、嬢と客の店外デートに非常に警戒心が強く、多くのお店で連絡先交換すら禁止している…という状況です。キャストからすれば「お店のルールで禁止なの!」と断れる分、楽なのですが、この弊害なのか、女の子が仕事をあがるのを店の外で待って、偶然を装って誘ってくるような輩がいるわけです。男性からすれば、「近くで飲んで帰ろうと思ってたまたま店の前を通った!」などと言い訳するのでしょうが、キャストからすれば、待ち伏せされているとしか思えませんよね。
こういった行為は、ストーカー行為として店に伝えられ、出禁になってしまうと考えましょう。お店として連絡先交換を禁止している場合、あなたが相当なイケメンで嬢から誘ってくる場合以外は、お店で遊ぶしかないと考えた方が良いですよ。

しつこくアフターに誘う

ストーカー行為に似ていますが、こちらは店内で「店外デートに行こうよ」「仕事終わりにご飯行こうよ!」などと誘うだけですので、問題ないと考える方が多いですよね。もちろん、ダメもとで一度だけ誘うという感じであれば、キャストに対してそれぐらい気に入っているという意思表示になるので問題ありません。

しかし、キャスト側が「お店に禁止されているので…」と断っているのにもかかわらず、「バレないし良いじゃん」「たまたま会った事にすれば問題ない」などとしつこく誘うのはNG行為ですよ。はっきり言っておきますが、セクキャバ嬢を店外デートに誘うという行為は、どれだけセリフを取り繕ったとしても「セックスさせろよ!」と言っているのと同じ意味に聞こえています。そもそも、セクキャバ嬢は、アフターや同伴など、客と店外デートをしたとしても1円の得にもなりません。その上で、ホテルに連れ込まれるかもしれない…というリスクを抱えるわけですので、指名客であってもしつこく誘われると恐怖しか感じなくなってしまいます。

そして、出勤するたびに、いろいろなお客様から「セックスさせろ」という意味のセリフをたくさん聞かされると、仕事がいやになってしまいますよね。もちろん、自分を指名してくれるお客様に断りを入れること自体もストレスになってしまうので、セクキャバ嬢を辞めたくなってしまう訳です。お店からすれば、キャストは大切な財産な訳ですので、そのような事態を引き起こす原因になる人を出禁にするのは当たり前です。

悪意のある客

最後は、第三者からすれば「何しにセクキャバに来ているのだ?」と感じてしまうような客です。セクキャバは、女の子と楽しくトークしながらイチャイチャできるのが売りのお店ですが、中には、自分の日頃のストレスを解消するためにやってくる人もいるのです。

例えば、セクキャバ嬢に対して悪態をつくタイプの客が多いですね。「こんな仕事して親が泣くぞ!」「お前みたいなブスに接客されて今日は損だな」など、キャストを馬鹿にするセリフを面と向かって投げかけるのです。残念ながら、このタイプの客はセクキャバに限らず、さまざまな夜職業界のお店に昔からいて、嬢に悪態をつくことでストレスを発散しているわけです。中には、何度も延長しながらずっとキャストに悪態をつくなんて客もいて、当然キャストは精神的に来てしまいますよね。

他にも、わざと嬢が痛がるような触り方をするだとか、自分の方が立場が上なのだということを感じるためにセクキャバを利用する方がいるのです。こういった客は、いくらお金を落とす方でも、お店にとっては迷惑でしかないので、一発で出禁になると考えた方が良いですよ。セクキャバは、夜のお店の中でも、特にキャストを大事にする業界ですので、「キャストと楽しもう」と考えて来店しているのではないと考えられる客は普通に出禁にしてしまいます。

まとめ

今回は、セクキャバなどで出禁になってしまう代表的な行為について解説してきました。「セクキャバが客を出禁にすることはない」と考えている方も多いのですが、キャバクラなどと比較すれば、かなりあっさり出禁にしてしまう業界がセクキャバ業界です。

これは、サービスのラインがかなりギリギリであることから、お客様には絶対にラインを守ってもらわなければならないと考えているからです。特に、店外デートに関しては、かなり警戒心が強い業界ですので、連絡先交換をしたいと思っても、初回のお店では聞かない方が良いと思いますよ。何度か通ってキャストとも人間関係がきちんと作れた状態なら、隠れて教えてくれることもあるのですが、いきなり連絡先交換をしたいというと「体目的の客」とキャストの警戒心もかなり高くなってしまいます。

連絡先交換をしたいキャストがいれば、何度か遊びに行ってあげて、トークの部分で趣味なんかを聞き出し、共通点があればその話をしたいから…と言った理由をつけるのがオススメです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事