セクキャバ嬢に嫌われてしまうNGワードを知っておこう!

セクキャバ嬢に嫌われてしまうNGワードを知っておこう!

セクキャバは、キャバクラのようにトークを楽しみながらお酒を飲めるという一面もあるのですが、やはり男性客の目的は『お触り』で、会話の内容など何も考えずにエッチなことを楽しめればそれで良いという方が非常に多いです。もちろん、セクキャバはキャバクラから派生し、『お触りができる』ということで勢力を伸ばしている業界ですので、このような考えを持って遊びに行くのは間違っているとは言えません。

しかし、人と人がコミュニケーションをとりながら楽しむというお店であることは間違いないのですし、相手がどう思うのかを全く無視して会話を展開するのはあまりオススメできません。というのも、セクキャバに遊びに来るお客様は、キャバ嬢と接するのとは異なり、会話で女の子を落とすという考えを持っている人がほとんどいません。これは、サービスの中にお触りやキスなどが含まれていることから、わざわざ女の子を気分よくさせなくても、サービス内容に違いはないと考えているからだと思います。

しかし実は、こういった考えでセクキャバで遊んでいる方こそ、意外に損をしている場合があるのです。というのも、セクキャバ嬢も人間なのですから、言われてほしくないこともあれば、言われるとうれしいこともありますよね。例えば、「あまり好みじゃないけど、とりあえず乳を揉ませろ」というのと、「こんな子をイチャイチャ出来て今日はサイコーだな」と言われるのでは、後者の方が気分が良く、サービスも頑張ろうと思うはずですよね。
つまり、何も考えずにセクキャバ嬢に向かって放った言葉により、サービスの質が下がってしまう…なんて恐れがあるのです。この記事では、セクキャバでは言わないようにしたいNGワードについてご紹介しておきます。

セクキャバ嬢が言われて嫌なこととは?

それでは、セクキャバ嬢が客から言われると、サービスする気を失せてしまうようなNGワードについてご紹介していきましょう。セクキャバは、お触りできるのがメリットのお店ですが、キャバクラと同じように、お酒とトークも楽しめるお店ですので、キャストと会話をする時間もそれなりにあります。その時に、何も考えずにしゃべっていると、嬢の気分を損ねてしまい、サービスがおざなりになってしまう危険があるのです。

ここでは、セクキャバ嬢に嫌われてしまう可能性が高いいくつかのNGワードをご紹介します。

容姿に対するネガティブコメント

セクキャバ嬢だけに関わらず、夜系の店で働いている方は美容にかなり気を使っている方が多いです。それなのに、容姿に関するネガティブなコメントをされるとかなり傷ついてしまうものです。もちろん、これについては、一般の女性に対しても言ってはいけないということは理解していると思うのですが、なぜかセクキャバなどで働いている女性には言ってしまうという方がいるのです。

例えば、「前来た時より太った?」「前の髪型のほうが似合ってたんじゃない?」「お前可愛くないな」などと言われて、気分が良くなる女性などいるわけはありませんよね。
こういった言動に関して、関係性ができていて冗談としてそれが通じる場合はOKなどと考えている方もいるのですが、それでも心の中では傷ついてしまいますので、言うのは良くありません。冗談で言う場合でも、すぐにフォローするようにしましょう。
容姿に関するネガティブなコメントに関しては、関係性もできていないうちに言ってしまうと「こんな奴にサービスしたくない!」と女の子側も思ってしまいますので、絶対に言わないようにしましょう。

アフターのホテルへの誘い

セクキャバは、キャバクラなどとは比較にならないほど密着度の高い接客が売りです。さらに近年では、セクキャバのお仕事が安定して稼げるという情報が拡散していることから、年々セクキャバ嬢のレベルが高くなっており、「何とかして外に連れ出してホテルに誘いたい!」と考えてしまう方もいるのです。

キャバクラであれば、それなりの頻度で通っていれば、アフターぐらいついてきてくれますし、デート中の行いによってはホテルへの誘いに乗ってくれるような子も少なくありません。そのため、このノリでセクキャバ嬢をアフターに誘う人がいて、さらにお店でおさわりできるということから、直接的に「この後、ホテルに行こうよ!」などと誘ってしまう方がいるのです。
ちなみに、ほとんどのセクキャバ店では、嬢とお客様の店外デートをお店として禁止しています。中には、連絡先交換すら禁止にしているお店などもあり、そのようなお店では、ルール違反をさせようとしているという行為になるのです。というのも、セクキャバ嬢のお仕事は、お店でキスやお触りがOKなことから、外であれば必ずホテルに連れ込めると考えられてしまい、無理やり連れ込まれそうになるなんてトラブルが非常に多いです。
したがって、セクキャバ嬢からすればその誘いが「セックスさせろよ!」と言われているようなもので、関係性もできていない男性にそのようなことを言われると恐怖しか感じないわけです。つまり、このようなことを言ってしまうと、セクキャバ嬢が警戒してしまい、サービスが消極的になってしまう恐れがあるという訳です。

セクキャバ嬢を馬鹿にする言動

これは最低最悪な行為です。セクキャバに関わらず、キャバクラなど、水商売で働いている女性に対して、「こんな仕事をして親が泣いているぞ!」「馬鹿なお前は、こんな仕事しかできないよな!」など、意味不明なほど貶す言葉をかける人がいるのです。

こういった客は、日常生活の中での自分に自信がなくストレスが溜まってしまい、そのはけ口としてセクキャバに来ているのだと思います。セクキャバで働いている女性は、将来の夢のためにお金を貯めている人もいますし、家庭環境の関係で学費を自分で稼いでいるような方もいます。そして男性を楽しませるため、一生懸命働いているのに、なぜこのようなことを言われなければならないのか本当に意味が分かりませんよね。

正直に、このタイプのお客は、セクキャバに行っても楽しませてもらえるようなサービスを受けられないのは当たり前だと考えておきましょう。さらに、あまり度が過ぎると、男性スタッフが来てたたき出されますので注意してください。セクキャバ嬢は、あなたを楽しませてくれるために頑張って仕事をしているということを頭に隅におき、感謝の気持ちをもって接することで最高のサービスを提供してもらえるようになると思います。

まとめ

今回は、セクキャバに遊びに行った際、セクキャバ嬢に言ってはいけないNGワードについてご紹介してきました。セクキャバは、お触りがOKなキャバクラと言われるように、トークやお酒も楽しめるお店です。席について女の子の自己紹介から始まるのが基本ですし、まったく会話もせずにお触りだけしてもそれはセクキャバの楽しみ方ではないと思っておきましょう。

どうせお触りするのであれば、嬢と仲良くなってからイチャイチャしたほうが気分も乗ってきますし、興奮もすると思いますよ。その時には、この記事でご紹介したような言動で、嬢の気分を壊さないようにしてあげてください。そうすれば、自然と嬢もあなたを楽しませてくれるはずです!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事