セクキャバ嬢を落としたいなら!業界の繁忙期と閑散期を知っておこう!

セクキャバ嬢を落としたいなら!業界の繁忙期と閑散期を知っておこう!

今回は、セクキャバ業界の繁忙期と閑散期について簡単にご紹介していきたいと思います。「毎月遊びに行くし、繁忙期や閑散期なんて知らなくても良い!」と思ってしまう方もいるかと思うのですが、実は、業界の繁忙期と閑散期を知っておくことで、よりお気に入りのセクキャバ嬢と仲良くなることもできる可能性があるのです。

例えば、どの業界にも、出勤しても暇を持て余してしょうがない…なんて時期はあるものなのですが、そういった時でも頻繁に通ってくれるようなお客様になると、嬢からすればとてもありがたい存在になりますので、いつもより濃厚なサービスを受けることができるかもしれません。また、いつもは断っているような連絡先交換にしても、「暇な時でも来てくれるし!」と快く受けてくれる場合も考えられます。

このように、セクキャバ業界の繁忙期と閑散期を知っておくだけで、よりセクキャバを楽しむことができるようになるかもしれませんし、この記事でご紹介する内容は是非覚えておきましょう!

セクキャバ業界の繁盛期

それではまず、セクキャバ業界の繁忙期からご紹介していきましょう。どのような業界でも、毎年『忙しい…』となる時期は決まっています。セクキャバで言えば、大型連休がある時期、ボーナスが出る時期の「1月・5月・8月・12月」が繁忙期に該当します。
この時期のセクキャバでは、接客のプロと言われるセクキャバ嬢でも、毎日たくさんのお客様の接客をすることになるため、疲労が蓄積してしまい、サービスの質が落ちてしまう…なんて方も多いです。繁忙期に遊びに行くメリットは、お店も人手不足に陥りやすくなるため、積極的に求人活動を行うことから、新人セクキャバ嬢さんが多いという点です。しかし、セクキャバの濃厚なサービスを思う存分楽しみたいと考えている方は、この時期は外しておいた方が良いかもしれませんね。

繁忙期に遊びに行くメリット

セクキャバ業界は、以下のような理由で「1月・5月・8月・12月」が繁盛します。

  • 1月のセクキャバ
    年が明けても、正月気分が抜けきらない1月は、セクキャバ店にとっても非常に重要な稼ぎ時となります。正月に友人と飲みに出る、新年会の後にセクキャバへなどといった流れが多く、団体客が多いのもこの時期のセクキャバの特徴です。
  • 5月のセクキャバ
    せっかくのGW期間なのに、海外や長期旅行に出かけられない…なんて方が、せっかくだしとセクキャバに遊びに来ることが多いです。また、大阪や東京などの都市圏になると、地方からの観光客が遊びに来ることも多いです。
  • 8月のセクキャバ
    大学生であれば、夏休みがありますし、社会人でも盆休みなど、長期的な休みがありますので、利用客が急増する時期と言えます。社会人となれば、ボーナスの支給タイミングも近いので、お店に結構なお金を落とす人も多いです。
  • 12月のセクキャバ
    冬は、イベントごとが多いので、その流れでセクキャバに来店するという方は多いです。例えば、ボーナスにクリスマス、忘年会に年末休暇と、何かとお酒にまつわるイベントが多いので、二次会としてセクキャバを利用する方が多くなるのです。また、クリスマスなどの人肌が恋しくなるイベントは、独り身の方のセクキャバ需要が急激に高くなります。

上記のような時期は、セクキャバ業界の繁忙期になり、この時期に遊びに行くと、お店に入店するまでに1時間以上待たなければならない…なんてことも珍しくありません。

その代わりに、この時期に遊ぶ人にとって良いこともたくさん存在します。例えば、この時期は、お店も女の子が足りなくなると分かっていますので、短期バイト的に働く女子大生や専門学生を多く雇っています。また、出稼ぎなどで働きに来ている人も多くなりますので、普段は見かけることのない、フレッシュな新人さんと遊ぶことができます。
初々しい反応が楽しみたいという方は、繁忙期のセクキャバに行ってみるのも良いかもしれませんね。

セクキャバ業界の閑散期

繁忙期とは逆に、セクキャバ業界にも、お店側ではどうしようもない閑散期というものがあります。どのような業界でも、一般消費者の財布のひもが閉まってしまう時期はお客様が少なくなります。当然、セクキャバ業界も同じで、「2月・6月・9月」は、極端に客数が少なくなり、嬢も暇を持て余してしまうようになります。
逆に考えれば、普段はなかなか指名が取れないような人気嬢でも、簡単に指名がとれるようになりますし、仲良くなるチャンスでもあるのです。

閑散期のセクキャバに遊びに行くメリット

閑散期のセクキャバに行っても、どこか寂しい雰囲気になってしまうし、どうせなら繁忙期の方が楽しめるかな?と考えてしまう人も多いでしょう。しかし、閑散期には閑散期にしかないメリットがあるのです。

  • 2月のセクキャバ
    2月は、どのような業界も稼ぎが少なくなる閑散期だと言われています。これは、年末年始で散財してしまう方が多いため、その反動だと言われています。
  • 6月のセクキャバ
    6月は、GWと夏休みに挟まれているので、「夏休みまでお金を貯めておこう!」という心理から人々の財布のひもが閉まると言われています。また、梅雨時期でもあり、悪天候から外出を嫌がる人も多いのでしょうね。
  • 9月のセクキャバ
    2月と似たような理由で閑散期になります。8月の夏休みに散在してしまった人が、財布のひもを締めてしまう訳です。また、8月の疲れが出る時期でもあり、体調の悪さから家でおとなしくしていようと考える人も多いようですね。

閑散期の理由を見てみると「納得できる!」と思えるものばかりですね。しかし、閑散期のセクキャバは、お客様の数が減るということを理解していますので、遊びに行くのはとてもお得だと考えられます。例えば、閑散期には何とか集客しようと、普段よりも割引き率の良いイベントを開催したり、コスプレなどいつもはないイベントを開催したり、お得に楽しめる可能性が高くなるのです。
さらに、いつもはなかなか指名が取れない人気嬢に関しても、閑散期であれば簡単に指名する事ができるのも大きな魅力です。そして、暇を持て余す時期でも、普段通り遊びに来てくれるとなると、他のお客様よりも大切に思ってくれたり、より仲良くなることも可能でしょう。要は、お気に入りの嬢とより仲良くなり、落としたいのであれば、閑散期に遊びに行く事がかなり好印象を与えるということです。

まとめ

今回は、セクキャバ業界にも存在する繁忙期と閑散期についてご紹介してきました。一般の人からすると、業界の繁忙期や閑散期など関係なく、自分が遊びに行きたいと思った時にセクキャバに行けば良いと考えてしまう物でしょう。もちろん、その考え方は正解で、自分がセクキャバに行きたいと思う時が最もセクキャバを楽しめる日だと思いますよ。

しかしこの記事でご紹介したように、セクキャバ業界の繁忙期や閑散期は、その時期にしかないメリットというものがありますので、この時期をわざと狙うというのも意外にオススメなのです。特に、お気に入りのセクキャバ嬢を何としても落としたいと考えている方であれば、閑散期を狙えば指名もとりやすいですし、「暇な時に来てくれてありがたい!」と好印象を与えることができるはずです。セクキャバ嬢を落としたいなら、ぜひ閑散期を狙ってみましょう!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事