セクキャバにも地雷嬢はいる!こんな嬢にあたったら、即チェンジを!

セクキャバにも地雷嬢はいる!こんな嬢にあたったら、即チェンジを!

セクキャバは、お触りができるキャバクラなどと呼ばれおり、女の子とトークとお酒を楽しむだけでなく、おっぱいを揉んだりキスをしたり、かなり過激なサービスを楽しむことができます。そのため、セクキャバに遊びに行く人というのは、基本的に『お触り』の方を楽しむためにお店に行くことになります。

それでは、セクキャバで働いているセクキャバ嬢については、どんな考えで働いていると思いますか?セクキャバ嬢のお仕事は、サービスが非常に過激になる分、接客飲食店の中では破格の時給設定になっており、「お触りされるものの収入が良いことから働いている」という方がほとんどです。しかし、セクキャバ嬢の中には、「可能な限りお客様から触られないように…」と考えて、高収入だけを何とか得ようとしているような女の子が存在するのです。

こういった夜の業界では、お店側を困らせるお客様が『クソ客』などと呼ばれますが、実はお客様を楽しませようとしない嬢は『地雷嬢』などと呼ばれ、ほとんどのお客様から忌み嫌われてしまうようになります。基本的に、お客様から地雷嬢だ…と思われてしまうような人は、すぐに稼げなくなりますので、自然といなくなるものです。しかし、まだ働いている時にお店に行き、そのような嬢に当たってしまうと大損してしまうことでしょう。そこでこの記事では、一般的な地雷嬢の特徴をご紹介しておきますので、そういった嬢に当たった場合すぐにチェンジしてもらうようにしましょう!

地雷嬢の特徴とは?

それでは、セクキャバにいるとされる地雷嬢の特徴をご紹介していきましょう。地雷嬢などと物騒な呼び名ですので、お客様に暴力を振るうのか…などと考えてしまいますが、さすがにそのようなことはしません。地雷嬢というのは、本来セクキャバ嬢の使命となる「お客様を楽しませる」ということしない嬢のことを指しており、一見すると真面目に働いているように見えて、実は手を抜いている…というものです。

ここでは、具体的な地雷嬢の特徴をいくつかご紹介しておきます。

一方的に会話をしてお触りさせようとしない

セクキャバに遊びに行って全く楽しめなかった…となってしまうのがこのタイプの嬢です。上述したように、セクキャバに来店するお客様は、あくまでもお触りを目的に遊びに行っています。それなのに、一方的に会話を引き延ばして、一向にプレイを開始させようとしない…と言った嬢がいるのです。

当然、お触りできようが、会話しかできなかろうが、お客様が支払う金額は同じですので、お触りやキスもできずにお金を支払う…となるとセクキャバに言った意味がありません。セクキャバは、キャバクラよりも過激なサービスがあることからセット料金なども割高になっていますし、会話しかできないのであれば、当然キャバクラに行きますよね。
セクキャバ嬢の中には、自己中でわがままなタイプの女性もいて、こういった人は「楽して稼ぐ」ことばかりを考えて、可能な限り無駄な話を引き延ばそうするのです。はっきり言っておきますが、セクキャバの基本となるサービスすら提供しようとしないなら、論外ですので、すぐにボーイさんを呼びチェンジしてもらいましょう。

自分からサービスを提供しようとしない

これは、上の嬢とは異なり、ベテランセクキャバ嬢に多いです。ただし、無理に会話を引き延ばすなど、サービスするのを嫌がるほどではありません。要は、仕事に慣れてきて、上手に手を抜いてやろう…と考えているような嬢です。本来、セクキャバ嬢側から積極的にお客様を楽しませるべきですし、分類的には地雷嬢と言えるでしょう。

例えば、お客様の中には、初めてセクキャバに来店して、何をしてよいのか…と緊張してしまいなかなかお触りできない…なんて方もいます。この場合、人気のセクキャバ嬢になると、自ら積極的にサービスを行っていき、お客様を楽しませようとするものです。
しかし、中には、こういったセクキャバ慣れしていないお客様だということを逆手にとって、自らがサービスを提供することをせず、「サービスを受けられないのは、あくまでも仕掛けてこなかったお客様が悪い!」と言った体裁をとる人がいるのです。

このような場合、どちらかが一方的に悪いとは言えないのでは…と思うかもしれませんが、お店的には明らかにセクキャバ嬢側の怠慢と判断します。お客様は、セクキャバのサービスを通じて癒しを得ようと来店しているわけですので、それにこたえるようなサービスをしてもらえなければ、二度とセクキャバに行こうとは思わなくなるでしょう。つまり、こういった嬢は、業界全体の首を自分で占めているようなものなのです。

単純に態度が悪い

最後は、単純に接客業を舐めている、態度の悪い嬢です。近年では、他の夜職と比較しても、かなり稼ぎやすい業界と言われるのがセクキャバ業界です。そのため、年々セクキャバ嬢になることを希望する方が増えてきており、セクキャバ嬢の人口が増えるに比例して、態度が悪いセクキャバ嬢の数も増えているのです。

一般的なセクキャバは、10分程度接客して、指名が無ければそのまま別のお客様の相手をするということを繰り返します。こういった働き方ですので、嬢は1日出勤すれば、かなり多くのお客様の相手をしなければならないわけです。当然、多くのお客様に接客すれば、それだけ指名のチャンスもありますので、稼げる可能性は高くなるのですが、肉体的な疲労はどんどん溜まっていってしまいます。
こういった事から、徐々に態度が悪くなったり、サービスがおざなりになってしまう嬢が多いのです。実際に、疲れから機嫌が悪くなり、お客様の前でも、露骨に疲れている…という態度を出してしまう嬢は少なくないです。しかし、嬢が疲れているということは、お客様には関係のない事ですので、自分の時に疲れから手抜きをされるなどたまったものではありません。

したがって、こういった嬢に当たった時には、すぐにボーイさんにチェンジしてもらいましょう。

まとめ

今回は、せっかくセクキャバで楽しもうと思ったのに、全く楽しめなくなってしまう地雷嬢の特徴についてご紹介してきました。セクキャバは、お触りができるキャバクラで、過激なサービスが売りのお店ですし、こういったお店で働いている人は、積極的にエロいことをしてくる女性ばかりだと考えてしまっている方が多いです。

もちろん、お店の中でトップクラスの人気を誇るような子であれば、いつ行っても満足のいくサービスを受けられること間違いなしですが、中には、この記事でご紹介したような地雷嬢が存在するのです。地雷嬢の中には、お触りができることがメリットのセクキャバなのに、何とかお触りサービスの時間を減らすため、トークを引き延ばそうとしたりします。はっきり言うと、このような嬢に当たると、時間の無駄ですので、「こいつ地雷嬢か?」と思った時には、すぐにボーイさんにチェンジしてもらうと良いでしょう。

なお、セクキャバに行ってあなたが塩対応を受けた場合、その全てが地雷嬢かというとそうではありません。例えば、日常的な口腔ケアを全くしておらず、口臭が酷い…なんてことになると、どのセクキャバ嬢であっても塩対応されてしまう…なんて可能性があるのです。セクキャバ嬢も人間ですので、密着したくない…と思うような不潔な状態で行けば、さすがに塩対応になってしまいます。このような対応を受けないようにするには、最低限の清潔感は気を付けて、ルールの範囲内で遊ぶようにしましょう。そうすれば、まともなセクキャバ嬢に当たれば確実に満足できるようなサービスをしてくれるはずです!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事