セクキャバ遊びが妻や彼女にバレてしまう理由は?代表的に理由と対策をご紹介

セクキャバ遊びが妻や彼女にバレてしまう理由は?代表的に理由と対策をご紹介

今回は、セクキャバに遊びに行ったことが奥さんや彼女にバレて修羅場になってしまう代表的な理由をご紹介していきたいと思います。

ほとんどの女性は、自分の夫や彼氏が他の女性と楽しく遊ぶことは良い事だとは思いませんよね。例えば、キャバクラ程度であれば、接待や上司の付き合いのために…という言い訳が可能で、仕事なら仕方ないかな…と許してもらえる可能性が高いでしょう。しかし、これがセクキャバ店になってくると話は全く変わってきてしまいます。一昔前であれば、女性がセクキャバの詳細をあまり知らない…なんて方も多かったのですが、近年ではセクキャバがどういったお店かも知っていますので、自分の夫や彼氏がセクキャバ遊びをしているとなると、最悪の場合別れ話にまで発展してしまいます。
普通に考えて、自分の夫が知らない女のオッパイを揉んでいたり、キスしていたりするとなると、嫌悪感を感じてしまう…というのは理解できるでしょう。さらにこういったお店は接待に使われることはないため、自分の意志で行っているのだと思われてしまうので、かなりの修羅場を覚悟しておきましょう。

それでは、妻や彼女にセクキャバに行ったことがバレてしまうのはどういった事が理由なのでしょうか?ここではその理由と対処法をご紹介します。

なぜセクキャバ遊びがバレる?

それでは、何も言っていないのに、セクキャバ遊びが妻や彼女にバレてしまう…理由について考えてみましょう。女性の感は鋭い…とよく言われますが、妻や彼女に後ろ暗い気持ちを持つような行為をした場合、なぜかバレてしまう…なんてことが多いのではないでしょうか?
特に、夜遊び系の事実がバレてしまうと、相手からの信頼が急落してしまう恐れがあるので、遊ぶなら絶対にバレないような対策をしたうえで遊ぶようにしましょう。そもそも、女性というのは、トークやお酒を飲むだけであるキャバクラでも嫌がる人が多いのですし、それ以上のサービスが存在するセクキャバに行ったことがバレると、かなり大きな問題に発展してしまいます。男性からすれば、「遊んでるだけなのに…」と思うかもしれませんが、男女関係には潔癖な女性は多いですし、普通に離婚問題などに発展してしまう可能性があると考えておきましょう。

そして、セクキャバに行ったことが彼女や妻にバレてしまうのは、ほとんどの場合、男側の不注意が原因です。ここでは、よくある代表的な理由をご紹介しておきます。

女の子の名刺でバレる

最も多いのがこれだと思いますよ。テレビドラマなどでも、こういった場面が取り扱われることがあるように、「こんなことないだろ…」と思うような理由でバレてしまうのです。

そもそも、セクキャバ嬢から貰った名刺なんて捨てれば良いのでは?と思う方がほとんどでしょう。しかし、家の持ち帰っている人も、「あの子可愛かったから記念に名刺を残しておこう」なんて考えているわけではありません。家に持ち帰っている人自身が、名刺を持ち帰っていることに気付いていない…ということの方が多いです。
というのも、セクキャバに遊びに行くのは、どこかで飲んだ勢いで遊びに行くという場合が多く、セクキャバに入店する際には既に酔っている…という方がほとんどです。そして、セクキャバでもお酒を飲んだうえ、女の子の体を思いっきり楽しむことになるのです。するとどうでしょうか?自己紹介の時にもらった名刺をテキトーなポケットに突っ込んで、そのことが頭から抜け落ちてしまう訳です。
そんなことを忘れて家に帰宅して、そのまま眠ってしまう…なんてことになれば、次に日に奥さんが洗濯しようとして気付いてしまう訳です。これで修羅場の完成です。

こう聞くと、セクキャバなどの名刺でバレてしまう理由が良く分かると思います。要は、持ち帰る人自身が名刺をもらった事を忘れてしまっていますので、帰宅時に捨てるという対処をできなくなってしまうのです。酔って、こういった事でバレてしまうのを防ぐには、夜系のお店に遊びに行った際は、名刺など、証拠として残るようなものは一切貰わないという対応です。これを習慣づけておき、お酒が入った状態でも「ごめんね、名刺を持って帰れないから貰わないようにしてるんだ。代わりにLINE教えてよ」なんてことをすれば、上手に連絡先をゲットできるかもですよ!

携帯のやり取りでバレる

これも多いです。セクキャバは、お客様との連絡先交換を禁止しているお店もありますが、普通に嬢と連絡先交換が可能なお店もあります。そして、運よくキャストと連絡先交換ができれば、キャバ嬢以上に頑張ってやり取りする方が多いのです。

というのも、セクキャバは、キャバクラのように嬢がお客様をお店に呼ぶという集客を担っているわけではありません。したがって、お客様との連絡先交換は、お店もそこまで積極的に推奨しているわけではなく、あくまでも嬢がお客様のことを気に入れば、勝手に交換してやり取りすれば良いという立場なのです。
つまり、セクキャバで連絡先交換ができれば、そのキャストに好かれているとまでは言わないものの、嫌われてはいないという認識になってしまう人が多いのです。そして、お店でお触りやキスまで出来てしまうことから、プライベートで会うことができれば、それ以上のことができるのでは…と考えて、一生懸命連絡を取り、嬢を落とそうとしてしまう訳です。

それでは、こういったやりとりが、奥さんや彼女に見られてしまった場合、どうなるでしょうか?当然、かなりエグイやり取りをしていると思いますので、見るからに浮気相手とのやり取りになってしまいます。さらに、見られたからと言って「違うんだ!相手はセクキャバ嬢だ!」なんて言えば、火に油を注ぐようなものになってしまうため、どんな言い訳をしてもことが収まらない…なんてことになるわけです。
見られたくないならパスワードを変えれば…なんて思うかもしれませんが、突然パスワードを変えれば、逆に怪しまれてしまうことになり、裏でバレてしまうことになります。

こういった事を防ぐためには、そもそもキャストとの連絡先交換をしないというのが正解です。ただし、本当に気に入った子がいれば、どうしても連絡先を知りたい…と思うのが男心ですね。そういった場合は、LINEでやり取りする場合、通知をOFFにして画面に表示されないようにする、やり取りはその都度消すなどと言った対策をとるようにしましょう。どちらにせよ、嬢と連絡先交換をするのであれば、バレるリスクはどうしても残るということを理解しておきましょう。

まとめ

今回は、セクキャバ遊びが妻や彼女にバレてしまう代表的な原因とその対処法についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバ遊びがバレてしまうのは、ほとんどの場合、遊びに行っている男性側の不注意が原因です。特に、名刺などに関しては、既に酔っていることから、貰った事を覚えていなくて、家に持ち帰ってしまう…なんて凡ミスが多いのです。

なお、連絡先交換に関しては、やり取りしているうちにセクキャバ嬢に本気になってしまう…なんて方もいるようです。近年では、セクキャバ嬢のレベルが非常に高くなっていることから、営業トークを真に受けてしまい、本気でセクキャバ嬢に惚れてしまう…なんて方がいるのです。はっきり言っておきますが、セクキャバ嬢側がお客様に本気になる事はほとんどないので、それを前提に遊んだ方が良いですよ。もちろん、中にはセクキャバ嬢を惚れさせる男性もいるのでしょうが、非常に稀な例ですので、誰でもできると思わない方が良いです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事