セクキャバで楽しみたいのなら!知っておきたいコンセプトについて

セクキャバで楽しみたいのなら!知っておきたいコンセプトについて

今回は、セクキャバを最大限楽しむため、皆さんがおさえておきたいコンセプトに関する基礎知識についてご紹介していきます。

セクキャバと聞けば、キャバクラのように、お酒やトークを楽しむだけでなく、席についてくれた女の子のオッパイを揉めたり、キスしたり、過激でエッチなサービスを楽しむことができると人気ですね。基本的に、女の子へのお触りを目的としてお店に遊びに行くのが普通ですし、セクキャバに行くときには「どんな子がいるのかな?」「自分のタイプの子はいるのかな?」と言った事が気になるのではないでしょうか?

そこでおさえておきたいのが、セクキャバ店ごとに決められているお店のコンセプトなのです。夜系のお店の多くは、何らかのコンセプトを前面に出して営業しているのが一般的なのですが、セクキャバ業界ではそれが特に顕著で、コンセプトごとの違いを抑えておけば、より楽しむことが可能だと言われているのです。そこでこの記事では、セクキャバにおけるコンセプトの基礎知識をご紹介します。

なんでコンセプトがあるの?

それではまず、セクキャバ業界のお店がなぜ細かくコンセプトを決めているのかについて簡単にご紹介しておきます。セクキャバ店がコンセプトを持って営業しているのは、集客をしやすくするためというのが大きな目的になります。

どういうことかと言うと、お店のコンセプトが決まっていれば、そこにどういった女性が働いているのか…ということがある程度予想することができるようになりますので、お客様がお店選びをしやすくなるのです。上述したように、セクキャバに来店するお客様は、お酒を飲むことや女の子とトークする事が目的ではなく、やはり好みの子のオッパイを触れたりキスしたりできることがメリットになっているのです。つまり、お客様からすれば、「どのお店に行けば、自分のタイプの子がいるのか?」という事が分かりやすいほど入店しやすくなるわけです。

年上好きの方が好みだという方が、いざセクキャバに行ってみると、若い子ばかりだった…なんてことになる、楽しめないとまでは言いませんが、どこか損した気分になってしまう場合もありますよね。したがって、セクキャバ店側が「うちは30歳前後を集めた人妻コンセプトですよ!」「うちは若い子ばかりいる制服コンセプトですよ!」などとアピールしていれば、その趣味を持ったお客さまを集めやすくなり、さらにリピーターになってもらいやすくなるというメリットまで得られます。

他にも、お店で働いてくれる女の子を集める時にも、採用基準を明確にすることができますので、売れっ子セクキャバ嬢も作りやすくなります。こういった理由から、セクキャバ店はかなり細かくコンセプトを分けて営業するようになっています。

どんなコンセプトがあるの?

それでは、セクキャバで人気のコンセプトについてもご紹介しておきましょう。一般的に、夜系のお店では、若い女性が求められる傾向にあると言われるのですが、セクキャバでは30代以降の女性が働くコンセプトのお店も非常に人気です。
ここでは、近年セクキャバ業界で人気の高いコンセプトをいくつかご紹介しておきます。

素人コンセプト

まずは、『素人コンセプト』のセクキャバ店です。要は、「セクキャバ業界に慣れていない」「夜職未経験者を集めています」と言った事がコンセプトのお店です。

素人コンセプトのお店は、夜職をまだ経験していない女の子を集めているというコンセプトですので、女子大生などかなり若い人をキャストとして集めている場合が多いです。なお、素人コンセプトのお店に関しては、初々しい反応を楽しめるなどと言った宣伝文句が良く使われますが、セクキャバというよりもいちゃキャバに近い業態が多く、「若い女の子と思いっきりイチャイチャしたい」とお考えなら、少し拍子抜けしてしまう恐れがあります。

素人コンセプトのお店で遊ぶ場合は、入店前に「どこまで認められているのか?」を確認しておくのがオススメです。

制服コンセプト

制服コンセプトは、夜系のお店であれば、非常にメジャーなコンセプトですね。要は、女子高生が着用しているような制服を着て接客してくれるタイプのお店になります。

女の子の衣装がJK制服ですので、20歳そこそこのかなり若い子ばかりが働いているお店をイメージしておきましょう。なお、制服コンセプトの場合、素人コンセプトのように、「業界慣れしていない…」などという設定はありませんので、普通に過激なサービスまで楽しむことができるでしょう。

制服コンセプトは、若い女の子とイチャイチャしたいとお考えの方にお勧めですね。

コスプレコンセプト

次はコスプレコンセプトです。厳密にいうと『JK制服』などもコスプレになるのですが、こちらナース服やCAさんの制服など、よりコスプレ色が強いコンセプトになります。夜系のお店では、コスプレの人気が非常に高く、非日常感を楽しめる点がお客様に受けるのだと思います。

コスプレコンセプトのお店に関しては、働いているキャストの年齢層がそれなりに広い点も特徴です。上述した、素人、JK制服コンセプトに関しては、20歳そこそこから25歳ぐらいまでの若い女性が多いのですが、コスプレコンセプトになると、20代後半の女性も多くなります。
こういったコンセプトは、女性キャストの年齢よりも、特定のコスプレをしていることに価値を感じるお客様が多いためでしょう。

人妻・熟女コンセプト

最後は、人妻・熟女コンセプトです。セクキャバ業界では、最も人気があると言われているコンセプトが実はこれです。なお、熟女と聞くと、40代・50代をイメージするかもしれませんが、このコンセプトは20代後半から30代の方が働いています。

人妻系のコンセプトが人気の理由は、「年上好きの男性が多いのかな?」と思うかもしれませんがそうではありません。30歳前後の女性となると、酸いも甘いも知っている世代ですし、かなり過激なサービスでも平気で行います。年齢が武器にならないことを知っている世代ですので、サービスのエロさでお客様を喜ばせようとするわけですね。そして、お客様がセクキャバに求めるのはそのエロさですので、需要と供給がぴったりと合っているわけです。
さらに、20代後半から30代になると、他のナイトワークでなかなか稼げなくなってしまう時期に入ります。しかし、セクキャバであれば、まだまだ現役で働けるということが有名になってきたことから、この年代の方がセクキャバ業界に移籍するようになっているのです。そのため、人妻・熟女コンセプトのセクキャバ嬢のレベルが異常に高くなっているという点も追い風になり、人気のコンセプトになっています。

まとめ

今回は、セクキャバ業界がなぜコンセプトを分けて営業しているのか、またどういったコンセプトが人気なのかについてご紹介してきました。セクキャバ店のコンセプトは、お客様が「自分の好みの女の子がいるお店は?」と考えた時、分かりやすくなるようにと考えられてつけられているものです。

要は、若い子が好きな人は、JK制服や素人コンセプトのお店に行くのがオススメですし、より過激なサービスを求めているのであれば、人妻・熟女コンセプトに行けば良いなど、コンセプトを見れば、そのお店にいる女性キャストがある程度予想できるようになっているのです。

なお、こういったコンセプトを分けることは、お店の女の子集めにも役立っているそうで、セクキャバで稼ぎたいと考えている方が「自分はどのお店なら稼げそうか?」をコンセプトである程度判断しているそうですよ!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事