セクキャバ業界の注意点!お店によってサービス内容がかなり違う業界!

セクキャバ業界の注意点!お店によってサービス内容がかなり違う業界!

今回は、最近男性から人気と言われているセクキャバについて、初めてセクキャバに行ってみようと考えている方が知っておきたい、この業界の注意点についてご紹介します。

セクキャバは、キャバクラから派生した業界と言われており、キャバクラでは禁止されているお触りがOKになっていることから、「キャバクラには飽きた」という方が遊びに行くようになっています。まず最初に知っておきたいのは、セクキャバと呼ばれるお店に関しては、他にも名称が存在しているということです。例えば、男性の方がこの業界のお店を呼ぶときには「オッパブ」ということが多いのですが、関西などでは公式サイトでツーショットキャバクラと表示されていたりしますし、最近では、「ソフトなセクキャバ=いちゃキャバ」など、何が何やら分からない…なんて状況になっているのです。

そして遊びに行く人からしてもっとも困るのが、同じセクキャバ業界のお店なのに、店舗によって認められているサービス内容が微妙に違うという点です。この部分を押さえておかないと、「知らずにNG行為をしてしまい、お店からたたき出されてしまう…」なんて恐れがあるのです。

そこでこの記事では、セクキャバ業界の店舗によって異なるポイントを簡単にご紹介します。

そもそもセクキャバって何ができるの?

セクキャバ店ごとのサービス内容の違いを知るためには「そもそもセクキャバで認められている行為は?」という点を押さえておかなければいけませんね。この業界は「お触りができるキャバクラ」などと形容されることが多いのですが、「どこまで触れるの?」「触る以外は何ができるの?」と言った事が気になりますよね。
ここではまず、セクキャバ業界の基本となるサービスをご紹介しておきます。

どのセクキャバでも認められているサービス

それでは、一般的なセクキャバ店で認められているサービスをご紹介していきましょう。まず、「お触りができるキャバクラ」と言われるように、キャバクラ同様、女の子にお酒の相手をしてもらうことができます。なお、セクキャバは、高額なドリンクを頼むような人がほとんどいないため、セット料金に飲み放題が付いているお店が多く、単に女の子と酒が飲みたい…と考えている人からすれば、リーズナブルに飲めるお店とも言えます。

そしてここからが、セクキャバ独自のサービスとなるのですが、この業界は、席についてくれた女の子に対して、『上半身』へのお触りが認められているというのが基本となります。要は、可愛い女の子とトークとお酒を楽しみながら、おっぱいを好き放題揉めるということです。
逆に、性風俗店ではなく、キャバクラに近い接客飲食店ですので、お客の男性側が自分の下半身を露出したり嬢に触らせたりするのはNGです。もちろん、『ヌキ』と呼ばれる性的サービスなどはもっての外です。

どのセクキャバに行っても楽しめる基本的なサービスは『お酒が飲める』『女の子とトークが楽しめる』『女の子の上半身に触れる』と覚えておきましょう。これ以上のキスや下半身へのお触りに関しては、お店によって扱いが変わります。

お店によってサービスがどう変わるか?

それでは、セクキャバ業界の中で、店舗によってサービス内容がどう変わるのかを詳しくみていきましょう。セクキャバ業界は、非常に高い人気を誇るようになってきたことから、非常に多くのお店が出店するようになっています。そして、お店によって特色を出して集客する目的や女の子集めを容易にするためなどと言った目的で、『ハード店』と『ソフト店』と呼ばれるようなお店が登場するようになっているのです。

ここでは、『通常のセクキャバ』『ハード店』『ソフト店(いちゃキャバ)』に分けてサービス内容をご紹介していきます。

通常のセクキャバで出来ること

まずは、一般的なセクキャバ店で出来ることからです。このタイプのお店は、上述した、セクキャバの基本サービスがすべて認められていると考えておけば良いです。

ダウンタイム制かオールダウンタイム制なのかによっておさわりできる時間が異なるのですが、お触りする際には、女の子がトップレスになって、お客様は嬢の上半身に触ったり、舐めたりしてもOKです。また、キスもサービスとして認められており、ディープキスなども全く問題なく可能です。ただし、ソフト店に近いお店になると、女の子の中に「ディープキス」をNG事項に指定している場合はあります。

このタイプが最も一般的なセクキャバで、下半身へのお触りは一切禁止となっていますので注意しましょう。

ハード店で出来ること

次はハード店と呼ばれるセクキャバについてです。このタイプのお店は、上述した通常のセクキャバで出来る事は、当然全て認められています。また、働いている女の子も「ハード店だ」ということを理解していますので、「ディープキスはNG」なんてことも基本ないと考えてもOKです。

そして通常のセクキャバとの違いは、ハード店になると、下半身へのお触りまで認められており、中には指入れまで認めている場合があるのです。もちろん、下半身へのお触りがあっても、抜きなどのサービスはありません。

ソフト店(いちゃキャバ)で出来ること

最後は、ソフト店やいちゃキャバと呼ばれるお店についてです。なお、いちゃキャバに関しては、セクキャバとはまた別の業界と扱っている場合もありますので注意してください。ここでは、セクキャバの一種として分類しておきます。

ソフト店やいちゃキャバと呼ばれるお店に関しては、認められているサービスの過激度が少ないようなお店のことを指しています。例えば、上半身のお触りは認められているけれど、服の上からのみで、女の子はトップレスにならない、ディープキスはNG、そもそもキスはNGなど、中にはかなり緩いサービスで営業しているようなお店もあるのです。
基本的には、「服の上から触れる」「軽いキスならできる」お店がソフト店だというイメージで、それがさらに緩くなったのがいちゃキャバと考えておいてください。セクキャバのつもりで、こういったお店に入ってしまうと、がっかりしてしまう可能性もありますので、どこまで出来るのかは入店前にきちんと確認しておきましょう。

まとめ

今回は、セクキャバ業界の中でも、お店によって異なるサービス内容の違いについてご紹介してきました。セクキャバは、お酒やトークを楽しみながら女の子の上半身におさわりできるという点が人気の理由です。

しかし、ソフト店やいちゃキャバになってくると、お触りはできるものの、服の上からのみだったり、キスができなかったりと、間違ったお店選びをしてしまうと考えていたような楽しみ方ができない…なんてことになりかねないのです。入店前にお店のサービス内容をきちんと確認してから遊びに行くようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事