セクキャバで働けば、ただでオッパイが見れるし、可愛い子と付き合える?

セクキャバで働けば、ただでオッパイが見れるし、可愛い子と付き合える?

セクキャバやオッパブと呼ばれるお店は、キャバクラと同じように、女の子にお酒やトークの相手をしてもらうことができる接客飲食店になります。そしてさらに、一般のキャバクラでは禁止されている嬢へのお触りが認められており、キスなどの過激なサービスが受けられることで近年非常に高い人気を誇っているのです。

しかし、セクキャバで遊ぶ場合、最低でも1万円程度のお金がかかってしまうことになるため、毎日気軽に遊びに行く…なんてことは正直難しい…という方がほとんどだと思います。それでも、何とかして可愛い女の子のオッパイが見たい…なんて思った場合どうすれば良いのでしょうか?
こんな時に思い浮かぶのは、「セクキャバでボーイの仕事をすれば、毎日タダでオッパイが見れるんじゃないか?」ということです。さらに、仕事で仲良くなって行けば、可愛いセクキャバ嬢を落とせるかもしれないと考えると、これほどおいしい仕事はないですよね。もちろん、仕事ですので、お給料が貰えることになることから、「毎日おっぱいを見ていればお金がもらえる!」なんて天国のような仕事だ…と考えてしまう方もいることしょう。

最初にはっきり言っておきますが、こんな考えでセクキャバのボーイをしようもんなら、全体に後悔すると思いますよ!この記事では、セクキャバに遊びに行くかわりにタダでオッパイを見るためバイトしようかなと考えている方に向けて、現実を教えます。

セクキャバのボーイは男の天国?

世の中にはさまざまなお仕事が存在しますが、お金をもらいながらたくさんの可愛い女の子のオッパイを毎日見れるようなお仕事はセクキャバのボーイぐらいしかないのではないでしょうか?セクキャバ嬢と同じく、ボーイさんのお給料も、コンビニや居酒屋など一般的なアルバイトの時給より高く、それなりの収入を見込むことができます。それに加えて、毎日いろんな女の子のオッパイが見れるとなると、男にとっては本当に天国のような職場と考えてしまう方も多いと思います。

ただし、セクキャバのボーイの仕事を始めて、おっぱいに感動していられるのはほんの数日です。正直な話、セクキャバのボーイとして働いていれば、「毎日おっぱいを見れるけど、すぐに飽きる」といった印象だそうです。オッパイ好きの方からすれば「そんなはずはない!」と思うかもしれませんが、ボーイとしてセクキャバに行っている場合、おっぱいを楽しみに遊びに行っているわけではなく、緊張感のある仕事の中でオッパイが目に入って来るだけなのです。

そのため、ボーイとして働き始めた初日こそ、おっぱいが見れてワクワクするかもしれませんが、二日目には慣れてしまい、三日目には見たいとも思わなくなるという方がほとんどです。そもそも、ボーイとしてお店に行っているのであれば、おっぱいが目に入る事には間違いないのですが、触れるわけでもないのです。さらに、仕事中に嬢のオッパイばかり見ていては、「このキモイボーイは何?」と、店長さんにチクられてしまい、せっかくの高収入なお仕事を首にされてしまう恐れまであるわけです。

セクキャバのボーイは、毎日かわいい子のオッパイが見れて天国という印象でいるのなら、他の仕事でお金を稼いで、遊びに行くといった感じの方が絶対にオススメですよ。中には、プライベートでもオッパイに感動しなくなってしまう…なんて方もいるようです。

そもそもボーイの仕事は忙しいし、嬢とは付き合えない!

意外に勘違いされている方が多いのですが、セクキャバなどにいるボーイは、ファミレスのウェイターみたいなもので、そこまできつい仕事でもないのに普通のバイトより給料が高いなんて考えている方がいます。はっきり言っておきますが、セクキャバのボーイはそこまで暇な仕事ではありませんよ。店内にいる時は、客席の灰皿交換や、アイス交換、ドリンクの提供に、受付業務など、さまざまな役割をこなす必要があります。さらに、トラブルになりそうなお客様に目を配って嬢を守らなければいけませんし、電話対応やwebの更新作業などの裏方まで、本当にたくさんの業務をこなしているのです。

要は、セクキャバのボーイさんは、さまざまな能力が必要で、かなりきついお仕事だということから、その能力を買われて一般のアルバイトよりも高いお給料が貰えているのです。ボーイとして働いている方の中には、仕事量的に考えると、もっとお金が欲しいものだ…と考えている方も少なく無いように思えます。

なお、セクキャバのようなお店で、ボーイとして働く人の中には、うまくやればセクキャバ嬢と付き合えるかも…なんて考えを持っているかもしれませんね。しかしこの考え自体が大間違いです。まず大前提として、嬢の対応をするような場合でも、お客とキャストの関係のようにイチャイチャ楽しくお話しするなんてことはありません。基本的には、愚痴を聞かされたり、八つ当たりされたり、シフト確認で連絡したら意味不明に切れられたりと、かなり特殊な人間関係の中にあるのです。ボーイになってからコミュ力がかなり上がった…なんて人もいるほど、はたから見いる時に感じる「毎日セクキャバ嬢と仲良くしてるんだろうな」なんてことは一切ないと考えましょう。

さらに、こういったお店では、店内恋愛が禁止になっているのが当たり前で、ボーイとキャストが付き合っているのがお店にバレた場合、罰金として何十万円ものお金を請求される…なんてこともあるのです。お店からすれば、女の子は大切な商品ですので、普通に考えればボーイが手を出すなんてのはもっての外な訳です。スーパーなどで、レジの人が商品を食べながら接客していているようなものです。

これからも分かるように、「お金を稼ぎたいから!」という考えでボーイとして働くのはありですが、女の子と付き合いたいという理由ならやめておいた方が良いですよ。

まとめ

今回は、セクキャバのボーイとして働けば、「タダでオッパイが見放題じゃない!?」とお考えの方のため、セクキャバのボーイとして働く場合の現実をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、ボーイとして働けば、毎日いろいろなキャストのオッパイをタダで見ることは可能です。しかし、あくまでも仕事中に目に入るだけですので、お客として遊びに来たときのような感動など一切なくなってしまうと考えた方が良いですよ。

セクキャバのボーイのお仕事は、皆さんが考えているほど楽なお仕事ではありませんし、働いているキャストと付き合うことなど基本的にできないと考えておいた方が良いです。つまり、単純に仕事を探していて「多少きつくてもお金が良い」仕事を求めているのであれば、セクキャバのボーイはありかもしれませんが、「おっぱいが見れる」「セクキャバ嬢と付き合えるかも」なんて考えであれば、働くのではなく普通に遊びに行った方が良いです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事