お酒を飲まない人はセクキャバ嬢に嫌われてしまう?

お酒を飲まない人はセクキャバ嬢に嫌われてしまう?

セクキャバやオッパブなどと呼ばれるお店は、お触りがOKキャバクラなどと形容されるように、お酒やトークを楽しめるついでに、席についてくれたキャストの上半身にお触りしたり、キスが認められているお店です。こういった事から、女の子たちは、キャバ嬢と同じく、ドリンクで稼いでいこうと考えているとイメージしてしまい、「お酒が飲めない自分が遊びに行っても楽しめないのではないか…」と考えてしまう男性の方が多いようです。

実際に、普段お酒を全く飲まないという方であれば、キャバクラすら遊びに行ったことはなく、セクキャバにまでなるとハードルが高すぎる…と感じてしまうのではないでしょうか。最初に言っておきますが、こういった考えは大きな間違いで、セクキャバはお酒が全く飲めない男性も多く遊びに来ていますし、普段お酒を飲む方でもセクキャバではお酒を飲まない…なんて方がいるほどなのです。
つまり、セクキャバは、お酒が飲めない人でも全く問題なく楽しめますし、嬢から嫌われてしまうことなどありません。ここでは、その理由を簡単にご紹介しておきます。

お酒を飲めないと嬢に相手にされない?

お酒が飲めない男性であれば、「自分なんかが行っても女の子は稼げないし、良い扱いを受けないのでは?」などと考えてしまっているのではないでしょうか?もしこのような考えから、セクキャバに行くことを控えているのであれば、その考えをすぐに捨てましょう。

セクキャバで働くキャストからすれば、ベロベロに酔っている客を接客することを考えれば、お酒を飲まなくてキチンと意思疎通できる方の方が接客していても楽しいものです。そもそも、セクキャバ店は、お酒の接待を目的にしているお店ではなく、女の子にお触りできることから人気になっているのです。したがって、お酒を飲める方であっても、お店ではお酒を飲まない方も多く、お店もお酒がたくさん出ることなど想定していませんし、最近では飲み放題になっているお店も増えているのです。

要は、キャバ嬢のように、ドリンクの売り上げが嬢の成績を左右することがないお店も多く、嬢からしてもお酒を飲む・飲まないは全く関係がないわけです。さらに、お酒を飲まないお客様であれば、酔っぱらいのように絡んでくることはありませんし、キスするときに「口臭がキツイ…」なんてことになることもありません。
これからも分かるように、セクキャバで働く嬢にとっても、お酒を飲めないというお客様については、好ましいと思うことはあっても「接客するのが嫌」なんて考えるような人は一切いないと言っても良いと思います。安心してセクキャバに遊びに行ってみましょう。

セクキャバ嬢に嫌われる客とは?

ここまでの説明で分かるように、お酒が飲めるか飲めないかというポイントは、セクキャバ嬢にとって全く気にするポイントではありません。それでは、セクキャバ嬢に塩対応されてしまう可能性がある、嫌われるお客とはどういった特徴の人なのでしょうか?
ここでは、ほとんどのセクキャバ嬢に嫌われてしまう代表的なポイントをご紹介しておきます。

痛い事をする客

セクキャバは、嬢のオッパイを揉んでも良いですし、乳首を舐めても良いという天国のようなお店です。さらに過激店になると、下半身のお触りまで認められている場合もあるのです。
しかし、嬢にお触りする際、良かれと思て乳首を噛んだり、強くおっぱいを揉んだりして、嬢が苦痛に感じてしまう…なんてことも多いです。男性客からすれば「これが気持ちいいんだろ」なんて思っているかもしれませんが、強く揉んだり噛んだりすれば痛いだけですので、そういった事をするお客は嬢にかなり嫌われてしまいます。
特に、セクキャバ嬢は、一日に何人ものお客に接客しているわけで、何時間も胸を触られているのです。それなのに、強く触れると痛いのは当たり前ですよね。

ルール違反なことをする客

これは絶対に嫌われるので辞めましょう。例えば、下半身のお触りが禁止されているのに、触ろうとする、自分の下半身を嬢に触らせようとするなどが多いですね。そもそもセクキャバは、風俗店ではありませんので、男性客が自分のアソコを露出することすら禁止です。しかし、興奮してしまい、嬢に触らせようとする客が一定数いるのです。

こういったルール違反は、お店にも迷惑をかけてしまう危険がありますので、嬢からすれば本当に困ってしまう事態です。あまりにひどいと、出禁にされてしまうこともあるので注意してください。

酔っぱらいの客

お酒を飲めない人を嫌う嬢はいませんが、お酒に飲まれてしまう客を嫌う嬢は多いです。既に酔っぱらった状態でお店に来るお客様は多いのですが、常識的な酔い方なら問題ありません。しかし、中には酔って気が大きくなり、嬢に暴言を吐いたり、乱暴な扱いをしたり、とても客とキャストの関係とは思えないような態度をするような人もいるのです。

セクキャバでは、入店前の段階でベロベロに酔っている…なんて場合、入店拒否をすることもあるほどです。お酒を飲めない人からすれば少し驚きかもしれませんが、嬢からすれば大量に酒を飲む客の方がよっぽど扱いにくい状態になりやすいのです。

不潔な客

最後は、何日もお風呂に入っていないような悪臭を漂わせる人や、見るからに汚い服装をしているなど、不潔に感じる人です。セクキャバは、嬢へのお触りやディープキスまでがサービスのお店ですので、お客様との密着度が非常に高いお店となります。誰でも、「風呂に入っていないのでは?」と思うような不潔な状態の人に密着などはしたくないですよね。

こういった見るからに不潔…という場合、入店を断られてしまう場合もあるので、注意しましょう。

まとめ

今回は、お酒を飲めない人はセクキャバで楽しめないのか?と言った問題について考えてみました。この記事でご紹介したように、セクキャバではお酒が飲める・飲めないというのは全く関係のない話で、最近では飲み放題制が当たり前ですので、お酒が嬢のお給料に関係ないことから、飲めないお客様の方が安全に接客できるため好まれるような状況になっているのです。

今まで、お酒が飲めないから…とセクキャバを敬遠していたというのであれば、何の問題もないので、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事