セクキャバは店選びが難しい!楽しむために知っておきたい基礎知識

セクキャバは店選びが難しい!楽しむために知っておきたい基礎知識

近年では、男性の夜の遊び場としてセクキャバ人気がドンドン高くなって行っていると言われます。しかしその一方で、セクキャバ業界の人気の高さから、他店との差別化を図ろうとするお店側の努力によって、消費者側がお店選びに困ってしまう…なんて状態に陥ってきているという問題が存在します。

セクキャバとは、「お触りができるキャバクラ」などと形容される業界なのですが、どこまでおさわりできるのか、またどういった服装で接客するのかなどがお店ごとにかなり違ってきてしまい、業界的な呼び名もたくさん存在することから、夜遊びになれていない人が「何が何やら分からない…」なんて状態になっているのです。
そこでこの記事では、セクキャバ業界の事を正しく理解して、お店で楽しむためにおさえておきたい基礎知識をご紹介していきたいと思います。

いろんな呼び名があるけど、何が違うの?

まずセクキャバ業界が他の業界と異なるのはさまざまな呼び名が存在しているということです。

この記事を見ている皆さんも、セクキャバと呼ばれるよりも『おっパブ』と呼ばれた方が、どういったお店なのかイメージしやすいと考える方が多いのではないでしょうか?そして最近では、ツーショットキャバクラやいちゃキャバなんて呼び名も登場してきたことから、「おさわりできるお店に行きたいけれど、どのお店が正解なの?」と迷ってしまう方がいるのです。実際に、セクキャバ業界は前述のようにさまざまな呼び名があることから、ランパブやピンサロなどのように、全く別業界のお店まで、セクキャバの別称だと勘違いしてしまっている人までいるようです。セクキャバに行って、可愛い女の子とお酒を飲みながら、お触りを楽しみたいと考えているなら、まずは呼び名によって何が違うのかを理解しておきましょう。

まず、セクキャバとツーショットキャバクラ、おっパブに関しては、全て同じお店を指していると考えても良いです。ツーショットキャバクラは、大阪などの無料案内所で「セクキャバ」という言葉がつかえなくなったことから作られた造語で、もともとセクキャバを名乗っていたお店がHPなどでこう表示しているだけです。おっぱぶに関しては、どちらかというと、お客様側がお店を呼ぶときに使う感じで「おっぱいパブ」の略称だそうです。これは、お酒を飲みながらオッパイも楽しめるということから名づけられたのでしょうね。
セクキャバと少し違いがあるのは『いちゃキャバ』と呼ばれるタイプのお店です。このいちゃキャバに関しては、セクキャバと同じく、お触りが認められているのですが、「服の上からのみお触りOK」や「ディープキスはNG」など、サービスが緩くなっているわけです。このタイプのお店は、若い女性を集めている場合が多いことから、人集めをしやすいように「ソフトサービスを売りにしている」といった感じです。

そして最後は、ランパブやピンサロですが、これらはセクキャバとは業界が全く異なりますので、注意が必要です。ランパブに関しては、下着で接客してくれるお店ですので、「お触りがOK」と勘違いする人がいるのですが、サービス内容はキャバクラと同じです。つまりお触りは一切NGなのです。したがって、セクキャバのノリでランパブに遊びに行った場合、全然楽しめない…なんてことになりかねません。ピンサロに関しては、完全な性風俗店で、このお店はお触りではなく『ヌキ』がメインのお店となります。

このように、呼び名によってお店の種類が違う場合があるので注意しましょう。

コンセプトによって嬢のタイプが変わる!

セクキャバに遊びに行くのであれば、できるだけ自分のタイプの嬢に接客してほしいと考えるものですよね。もちろん、指名予約をして入店してしまえば、基本的にタイプから外れた子に接客される…なんて心配はないのですが、たまにはフリーで遊びたいと考える場合や、そもそも初めてセクキャバに行くなんて方も多いでしょう。
それでは、こういった場合でも、セクキャバに行ったことを後悔しないような嬢に接客してもらうにはどうすれば良いのでしょうか?この場合、お店のコンセプトを確認することで、自分のタイプの子が働いていそうか判断すれば良いのです。セクキャバでは、お店ごとに、以下のような感じで明確なコンセプトの元営業が行われています。

①JKコンセプトや制服コンセプト

夜系のお店であれば、どの業界でも人気のコンセプトがJKコンセプトや制服コンセプトと呼ばれるタイプのお店です。要は、女子高生の制服のような衣装で接客してくれるお店になります。
こういったコンセプトで営業しているお店であれば、働いている嬢は基本的に若い女性が多くなります。セクキャバは、30代でも稼げると言われる業界なのですが、相当若く見えるような方でなければ、衣装を着た時に違和感が生じてしまうため、ほとんどの場合は、25歳までの女の子が働いていると考えましょう。
つまり、JKや制服コンセプトは、若いぴちぴちの女性をワイワイ楽しむのが好きという方にお勧めのコンセプトになります。

②素人コンセプト

①によく似たコンセプトで『素人』『業界未経験』などを前面に押し出したコンセプトがあります。要は、セクキャバ業界にまだ慣れていない女の子が働いているから「初々しい反応が楽しめますよ!」という点がメリットになるお店ですね。このタイプのお店も、どちらかというと若い女性を中心に集めていますので、若い子が好きな方にはオススメです。
注意が必要なのは、「素人コンセプト」はいちゃキャバが多いという点です。「業界になれていないので、お触りは服の上からだけです!」なんてサービス範囲になっていることも多いので、入店前にしっかりと確認しておきましょう。

③コスプレコンセプト

これもいろいろな夜のお店で人気のコンセプトですね。ナースの格好やCAさんの格好など、さまざまなコスプレをしたセクキャバ嬢が接客してくれることになります。
ただし、コスプレコンセプトは、他のコンセプトとは異なり、「どんな嬢がいるのか?」という点が最も判断しにくいコンセプトといえます。というのも、コスプレをして接客していれば良いわけですし、働く女性の年齢などあまり関係ないのです。そのため、同じお店内で20代前半の子もいれば30代の方もいるなど、あなたのタイプとは違う子が席に来てしまう…なんてことも考えられると思っておきましょう。

④人妻・熟女コンセプト

最後は、人妻コンセプトや熟女コンセプトのお店です。このタイプは、30代以上の女性がセクキャバ嬢として働いていると考えましょう。人妻コンセプトの場合は、20代後半の方もいますが、多くの場合は30代の女性となります。
このコンセプトに関しては、「年上が好み」という方が来店すると思うかもしれませんが、それだけでなく「とにかくエロいサービスを楽しめる」という点が人気なのです。夜の遊び場は、やはり若い女性の方が稼ぎやすいという側面があり、30代ぐらいになると、雇ってもらえない業界も多いのです。要は、若さを武器にできないことから、大人の色気やサービスの過激さを売りにして稼ぐ女性が多いのですが、これが男性客の要望とぴったりとハマり、セクキャバ業界の中でも最も人気のコンセプトの一つになっているのです。
「年上が好み」という方や「とにかく過激なサービスが望み」などといった場合、このコンセプトがオススメですよ!

まとめ

今回は、セクキャバ店に遊びに行こうと思った時のため、皆さんがおさえておきたいセクキャバの基礎知識をご紹介してきました。

この記事でご紹介したように、セクキャバはさまざまな呼び名が使われていることから、どれが同じ業界のお店を指しているのかがいまいち分からない…なんて方も少なくありません。また、同じセクキャバでもコンセプトが違うことにより、とても同じ業界のお店とは思えない…なんてことも珍しくないのです。

したがって、セクキャバでタイプの子と楽しみたいのであれば、最低限ここでご紹介したような内容は頭に入れてお店選びをしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事