好みのセクキャバ嬢に好かれるには?最低限知っておきたいセクキャバ嬢の気持ち!

好みのセクキャバ嬢に好かれるには?最低限知っておきたいセクキャバ嬢の気持ち!

せっかくセクキャバに遊びに行くのであれば、お気に入りのセクキャバ嬢から好かれたいと考えるのは誰もが同じだと思います。セクキャバは、基本的に恋人とのひと時を楽しむといった、疑似恋愛をお店で楽しめるのがメリットのお店なのですが、誰でもセクキャバ嬢から最高のサービスを受けられる…というわけではないのが難しいところです。

もちろん、お客様はお金を支払って遊んでいるわけですから、誰に対しても同じような最高のサービスを提供しなければいけないものですが、所詮それは建前であり、セクキャバ嬢も人間ですので、「嫌なことをしてくるお客様」であれば、塩対応をしてしまう…なんてこともあるのです。

そこでこの記事では、セクキャバ嬢から好かれるため、最低限知っておきたいセクキャバ嬢の気持ちをご紹介していきます。

セクキャバ嬢が嫌がることをしないのは大前提!

セクキャバ嬢から好かれたいと思うのであれば、「相手が嫌なことをしない!」というのが大前提です。思春期の頃であれば、相手の気を引くために「好きだからこそ嫌がらせをする」なんてことをする人がいますが、大人の遊び場であるセクキャバであれば、そんな行動や言動は絶対にいけません。

こっちを向いてほしいなんて気持ちで行ったとしても、相手の気持ちは離れていく一方だと考えましょう。セクキャバ嬢が嫌がる行動は以下のようなものです

乱暴なことをする

「乱暴なこと」と聞くと、殴る・けるなどの肉体的な苦痛を与えることをイメージすると思います。当然、お店でこんなことをしてしまうと、すぐにボーイが飛んできて、お店から追い出されますよ。

そして、「乱暴なこと」に関しては、こういった直接的な暴力だけでなく、言動もあるのです。セクキャバ等のお店では、セクキャバ嬢に対して、自分が上で嬢は下だ…などと言った感じの馬鹿にした言動を放つ人が少なくありません。当然、そのような言動をされると「何様だ?」と思って、嫌な気持ちしかしませんし、最高のサービスを提供する気など起きるはずもありません。
直接的な行動ではないので、いきなり「帰れ!」とはなりませんが、嬢に嫌われてしまい、塩対応をされてしまうと考えましょう。

ルール違反をする

セクキャバは、女の子におさわりできる、キスなどもできるといった感じで、接客飲食店の中では飛びぬけて過激なサービスが楽しめます。しかし、何のルールもなく営業されているわけではないのです。というよりも、かなり厳格なルールが作られており、ルール違反に関しては、他の業界よりも厳しいと考えておきましょう。

それなのに、その範囲を超えたサービスを強要しようとする、強要しないまでも知らないふりして流れでしようとする…なんて態度は、嫌われてしまいます。ルール違反に関しては、働く嬢にもペナルティの可能性がありますし、最悪お店がつぶれてしまうような危険がありますので、絶対にNGだと考えてください。

連絡先交換や店外デートをしつこく誘う

これは「ルール違反」にも関係するのですが、セクキャバは、キャバクラとは異なり、連絡先交換自体を禁止しているお店が多いです。そのため、そういったお店で連絡先交換や店外デートを誘っても「お店に禁止されてるから…」と断られてしまうのです。もちろん、ダメもとで一度だけ聞いてみる程度であれば、嬢側も全く気にしませんが、ダメだと言っているのにしつこく迫ると嫌われてしまいます。

セクキャバは、お店でお触りやキスができますので、店外デートになるとそれ以上を求められているのは誰にでも想像できます。つまり、お店でしつこく店外デートに誘う行為は「やらせろ!」と迫られているものですので、嬢は嫌な気しかしないわけです。一度断られたら、すぐに引いてみて、何度も通って仲良くなってからもう一度頼んでみましょう。

泥酔状態・不潔状態で入店

これはセクキャバに関わらず、夜系のお店全てに嫌われると思います。特にセクキャバは、お客様から触られますし、キスもサービスですし、非常に密着度が高いお仕事ですので、こういったお客様を嫌う嬢はとても多いです。

お店に遊びに行くときには、最低限のエチケットぐらい守るようにしましょう。

セクキャバ嬢を困らせるのもNG

次は、セクキャバ嬢を困らせてしまうようなお客様の特徴です。セクキャバ初心者さんに多いのですが、セクキャバ嬢がサービスを通して困ってしまうような状況を作る方もいるのです。以下のようなタイプは、セクキャバ嬢が困ってしまい、サービスしにくくなるので注意しましょう。

会話をしない

セクキャバはお触りを楽しめるお店ですが、席につけばお酒が提供され、嬢とトークと楽しむといった感じでキャバクラのような楽しみ方もできるのです。オールダウンタイム制のお店でも、多少の会話は楽しむものです。

しかしセクキャバ嬢というものは、キャバ嬢のように会話が得意というわけではなく、トークの部分に関してはどちらかというと、お客様に誘導してもらいたいと考えている人が多いです。それなのに、セクキャバ嬢が何とか楽しんでもらおうと話を振っても、完全無視でいる…、「うん」「いいえ」と言った単語しか返ってこない…なんて場合、何をどうしたいのか全く分からない…と嬢もパニックになってしまうなんてことが考えられます。
最悪の場合、嬢側が「気持ち悪い…」などと悪い感情まで沸いてしまう危険もあります。

ころころ指名を変える

セクキャバ店にはたくさんの嬢が働いています。そして、近年では夜の遊び場の中でも特に女性キャストのレベルが高いと言われるのがセクキャバなのです。そのため、いろいろなタイプの女の子と遊びたいと考えて、ころころと指名を変えてしまう方がいるのです。もちろん、指名を変えるのはお客様の自由なのですが、変えるタイミングも考えなければ、嬢は嫌な気持ちになってしまいます。

例えば、当日指名して入店したなら、最低でもその日は指名を変えないでほしいと思うのは当然ですよね。次回の来店時に別の嬢を指名したというのであれば、特に気にならないのですが、目の前でコロコロと指名を変えられると、困るでしょうし、ガッカリします。

執拗に乳首を責める

AVの見過ぎなのか、とにかく執拗に乳首を攻めて「これで感じるのだろう!」とご満悦なお客様も多いです。正直に言いますが、セクキャバ嬢の乳首は商売道具ですし、毎日いろいろな人に接客しているわけですので、執拗に攻められると痛いだけです。

つまり、お客様は良かれと思ってやっているのかもしれませんが、嬢からすればとても困ってしまう状況なのです。というのも、上半身のお触りがOKなセクキャバですので、お客様自体は何のルール違反もしていないわけで、「やめてください…」とも言いづらいわけです。
セクキャバ嬢から好かれたいのであれば、相手の表情などもきちんと確認し、自分の行為が嬢に迷惑をかけていないかという点もちゃんと考えましょう。

まとめ

今回は、セクキャバに遊びに行くとき、セクキャバ嬢から好かれて最高のサービスを受けられるように注意しておきたいポイントをご紹介してきました。この記事でご紹介した内容を見ると「嬢に嫌われないようにする」「困らせないようにする」方法であり、別に好かれないのでは?と思ったかもしれませんね。しかし、そのようなことはなく、セクキャバなどで嬢から好かれる人の特徴は、キレイに遊んでキレイに支払ってサッと帰るというものなのです。

もちろん、指名を入れてあげる、ドリンクを入れてあげるなどといった方法は、嬢はありがたいと考えますが、そのような方でもこの記事でご紹介したような行為をすれば余裕で嫌われてしまいます。まずは、「嬢が嫌がることをしない」「嬢を困らせない」という点に注意してセクキャバで遊んでみると良いと思いますよ!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事