セクキャバは何でもOKではない!嬢に嫌われてしまう行為をご紹介!

セクキャバは何でもOKではない!嬢に嫌われてしまう行為をご紹介!

今回は、セクキャバに遊びに行った際の注意点として、嬢に嫌われてしまうかもしれない行為についてご紹介していきたいと思います。

セクキャバは、「お触りがOKなキャバクラ」等と言われており、お酒の席で合法的にセクハラができるといったイメージのお店になります。基本的には、席についてくれたキャストの上半身へのお触りやキスなどがサービスになっているのですが、いくらサービスとは言え、好き勝手にいじり倒しても良いというわけではありません。
しかし、セクキャバに来店するお客様は、一軒目でかなり飲んだ状態で泥酔している…なんてことも多いため、嬢が痛がっているのを無視してお触りを続けるなんて方も少なくありません。もちろん、高いお金を払って遊んでいるわけですし、サービスの範囲内であれば「別に良いのでは?」と思うことでしょう。しかし、こういった対応をしていると、嬢に嫌われてしまい、塩対応をされて結局損するのは自分…なんて可能性もあるのです。

そこでこの記事では、セクキャバ嬢に嫌われてしまう行為をいくつかご紹介しておきます。この記事を見て、心当たりがある方は、遊び方を見直した方が良いかもしれませんよ!

「こんな客は嫌!」セクキャバ嬢が嫌がる行為とは?

それでは、セクキャバ遊びで嬢に嫌われてしまうかもしれない行為をご紹介していきましょう。まず大前提として、セクキャバでは非常近い距離で接客することになりますので、口臭・体臭と言った部分の清潔さがとても大切です。例えば、1軒目でニンニク料理など、臭いがキツイ食べ物を食べた…だとか、何日もお風呂に入っていない…なんて状態でお店に行くと、嬢に嫌われるかも…以前の問題で、入店を拒否されてしまうことも考えられます。

ここでは、最低限の清潔感を保っていたとしても、嬢に嫌われてしまうかもしれない行為をいくつかご紹介しておきます。

執拗に乳首をイジル・噛む

セクキャバは、おっパブなどと呼ばれるように、席についてくれた女の子のオッパイを触って楽しむことができます。しかし、当然ですが、嬢が「痛い」と感じるような行為はNGです。セクキャバ嬢を困らせる行為で多いのは、乳首を甘噛みする、執拗にいじくり回すといったものです。はっきり言っておきますが、こういった行為を喜ぶようなセクキャバ嬢はいないと考えておいた方が良いですよ。
一日に接客するのがあなただけであれば、我慢もできるかもしれませんが、セクキャバ嬢は、毎日多くのお客様に接客しなければいけません。そして、いろいろなお客様におっぱいを触られますので、乳首が痛いと感じている子は多いのです。ちなみに、「女の子がいたがっている姿を見たい」などと考えるドSの男性もいますが、セクキャバでそれをやってしまうと、普通に出禁になってしまう恐れがありますよ

指入れを強要しようとする

セクキャバで遊んでいれば、「指入れ」したくなってしまう方は多いことでしょう。気持ちは分からないでもないのですが、これは女の子的にもお店的にもNGだと考えておいた方が良いです。そもそも、セクキャバというものは、「上半身のお触りがOK」というお店がほとんどで、嬢の下半身には触れてはいけないことになっています。過激店と呼ばれる一部のお店では、下半身のお触りがOKな場合もあるのですが、それでも指入れはNGです。
この行為に関しても、あまり無理を言って頼み込むなんてことをしていたら出禁にされてしまう恐れがあります。

店外デートに誘う

通常のキャバクラであれば、同伴やアフターデートは当たり前ですね。しかし、セクキャバも同じ乗りだと考えているのであれば大間違いです。そもそもセクキャバ店の多くは、嬢とお客様の連絡先交換自体を禁止している場合の方が多いですし、気に入った嬢を口説くのはかなり難しいと考えておきましょう。連絡先交換禁止のお店であれば、店外デートに誘っても「お店に禁止されているので」と断られるのが普通です。
もちろん、当たって砕けろの精神で、一度だけお願いしてみる…程度であれば問題ありませんが、断られているのにしつこく誘うと、嬢に嫌われてしまいます。お店でのサービスが過激な分、店外デートではそれ以上の事を求めてしまう男性がほとんどですので、女の子の安全を考えての対応になります。あまりしつこいと、お店の男性スタッフから注意を受けてしまうことでしょう。さらに、嬢から「あの客しつこいからNG」なんて対応をされてしまうと、お店に行っても指名ができなくなります。

悪口を言う

「こんな奴いるの?」と思うかもしれませんが、こういったお客様は少なくありません。要は、日常生活のストレスをセクキャバなどに来て、嬢に悪口を言うことで解消しているというパターンです。お客様とスタッフの関係上、嬢が怒れないのを良いことに好き勝手悪口を言う訳です。
例えば「こんな仕事して親が泣くぞ」「スタイル悪いな」「もっとかわいい子いないの?」など、誰が言われても傷つくようなことを面と向かって平気で言ってしまう訳です。セクキャバは、あなたのストレス解消の場でもありますが、嬢を一方的に傷つけてストレスの解消をするのは絶対に違うと思いますよ。あまり度が過ぎた悪口を続けていると、出禁になってしまうでしょう。

まとめ

今回は、セクキャバに遊びに行った際、嬢に嫌われて塩対応をされてしまうような行為をご紹介してきました。セクキャバは、サービスが過激になっている分、セット料金なども割高に設定されています。したがって、高い金を払っているのだからと、「何をやっても許される」と考えてしまうお客様が一定数いらっしゃいます。

覚えておいてほしいのは、セクキャバ店は、全てのお客様に楽しんでほしいという考えのもと営業をしていますが、女の子がその犠牲になることは許容していません。つまり、女の子が嫌がるようなお客様は、基本的に注意して、それでもお店の意見を聞いてくれない場合、女の子を守るためにお客様を出禁にすることもあるのです。
セクキャバは、お客様もキャストの女の子も楽しめる場所となることを望んでいますので、この記事でご紹介したような行為はしないようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事