セクキャバとピンサロの違いって何?

セクキャバとピンサロの違いって何?

今回は、どちらも『お触りあり』の飲食店形式である夜遊びスポット『セクキャバ』と『ピンサロ』について、この2つのお店は、どこがどう違うのかについてご紹介していきたいと思います。

そもそも、男性が夜遊びできるお店は、キャバクラやガールズバーなどに始まり、デリヘルやソープなどさまざまな業種のお店が存在しています。その中でも特にその扱いが難しいと言われているのがセクキャバで、このお店に関しては、接客飲食店に分類されるのか、風俗店に分類されるのかなど、基本となるお店の業種からイマイチ分からない…と考えている方も多いようです。

そこでこの記事では、まだまだ夜遊び慣れしていない方に向けて、同じ業種のお店と勘違いしている方が多いセクキャバとピンサロの違いについてご紹介していきたいと思います。

実は全く違う『セクキャバ』と『ピンサロ』

それでは、意外に勘違いしている方が多い『セクキャバ』と『ピンサロ』の違いについてご紹介していきたいと思います。夜遊び系のお店によく行く方であれば、当たり前の知識かもしれませんが、意外に「セクキャバ=ピンサロ」という認識を持っている方も少なく無いので、この2つの代表的な違いをご紹介しておきます。

そもそもセクキャバとピンサロは業界が違う

まずは、その名称から来ていると考えられる勘違いからご紹介しましょう。セクキャバもピンサロも、どちらも略語であり正式名称は「セクキャバ=セクシーキャバクラ」で「ピンサロ=ピンクサロン」です。そのため、セクシーやらピンクやら、どちらも名称にちょっといやらしい雰囲気を持つ言葉が入っているため、この2つのお店は同じ業界なのだと勘違いされているわけです。

しかし、結論から言うと、この2つのお店は業界自体が異なる全く別ものと考えてください。セクキャバは、名称に『キャバクラ』とついているように、キャバクラやクラブなどの仲間で、接客飲食店に分類されます。いっぽう、ピンサロはというと、デリヘルやソープなどの「性風俗店」に分類されるのです。
つまり、業界からして違うこの2つのお店は、遊びに行ったときに受けられるサービス内容もかなり違うと考えておきましょう。以下で、サービス内容の違いについてもご紹介していきます。

セクキャバとピンサロのサービスの違い

セクキャバとピンサロについては、「そもそも業界が違う!」ということが分かっていただけましたね。ただし、いくつかの共通点も存在します。

この2つのお店について、よく似ていると言われる共通点としてもっとも大きいのは、どちらのお店も「飲み物が提供される」と言う点です。店内に入ると、お隣が見えないようになっているボックス席に通され、そこでお酒を飲みながら女の子と会話を楽しむという点は共通しています。
そして、キャバクラなどと異なり、この際に女の子へのお触りが認められているのです。ここだけを見てみると非常によく似た同じ業界のお店に見えますが、以下のポイントが全く異なるわけです。

  • 基本的なセクキャバのサービス
    セクキャバは「お触りがOKなキャバクラ」と形容されるように、接客してくれる女の子へのお触りが認められています。ちなみに、席についている間中、いつでもお触りOKのお店と、ダウンタイムと呼ばれる時間が用意され、ダウンタイム中のみお触りが許されるお店の2種類があります。どちらにしても、認められているのは、女の子の上半身へのお触りやキスまでで、自分の下半身を嬢に触らせることや客が脱ぐのはNGです。
  • 基本的なピンサロのサービス
    お触りが目的のセクキャバに対して、ピンサロは『ヌく』ことが前提のお店です。席に案内されて飲み物が提供されますし、女の子と乾杯して軽い会話をするのは飲み屋と同じなのですが、その後は完全に風俗店になるのです。ピンサロでは、女の子へのお触りやキスも可能ですし、主に手や口で射精に導かれます。

これからも分かるように、セクキャバとピンサロの大きな違いは、「ヌキがあるかないか?」というサービスの違いです。セクキャバは、お店の許可自体が接客飲食店ですので、『ヌキ』などの性的サービスの提供は法律違反になってしまうのです。なお、ほとんどのセクキャバは、上半身のみお触りが認められている感じで、ピンサロは下半身もOKと言う点が異なると言えるかもです。

セクキャバとピンサロはシステムも違う

どちらも飲み屋形式の部分がありますので、サービスとしてシステムが共通している部分もあるのですが、やはり飲み屋さんと風俗店という業界の違いがあることから、異なるポイントも多いです。以下で、セクキャバとピンサロのシステムの違いを簡単にご紹介しておきます。

  • 基本的なセクキャバのシステム
    セクキャバは、1セット制になっており、お店によってセット時間は多少異なるものの、根本的な部分はどこも同じです。したがって、まともな店に遊びに行けば、1セットの料金だけで遊べると考えても良いです。追加がかかるのは、指名を入れた時や有料のお酒を頼んだ時、延長した時です。
  • 基本的なピンサロのシステム
    ピンサロに関しては、同じお店でも午前と午後や何時から何時までなど、時間によって異なる料金が設定されているお店がほとんどです。システムに関しては、セクキャバと同じように、30分や35分の1セット制となっているお店もあれば、30分40分50分と風俗らしいコース時間別のシステムになっているなど、お店によってシステムがまちまちです。入店する前にしっかりと確認しておくべきですよ。

なお、席に案内された後、サービスがスタートするまでの流れに関しては、ほぼ同じです。上述したように、どちらも席に着くとドリンクが提供され、お菓子や簡単なおつまみが提供されます。これに関しては、あくまでも飲食店という名目で営業していることから、何らかの飲食物を提供しないといけない決まりになっているからです。

まとめ

今回は、意外に混同してしまっている方が多い『セクキャバ』と『ピンサロ』の違いについてご紹介してきました。この二つの最も大きな違いと言えば、そもそも業界が異なる全く別物のお店だということです。セクキャバは、あくまでも接客飲食店という分類で、「お触りしながらお酒を飲める!」のがメリットになるのです。要は、彼女とのイチャイチャを楽しむみたいに、あくまでも疑似恋愛的な要素を目的として遊びに行く方が多いように思えます。

しかしピンサロの場合、『ヌキ』が前提になる風俗店ですので、嬢とのコミュニケーションやお酒なんてどうでも良いと考えている方が多いと思います。セクキャバにピンサロのつもりで行ってしまうと、ルール違反な行いをしてしまい、出禁になってしまう…なんて恐れもありますので、注意しておきましょう!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事