セクキャバ嬢に嫌われて『NG客』に指定されてしまうのはどんな行為をしたとき?

セクキャバ嬢に嫌われて『NG客』に指定されてしまうのはどんな行為をしたとき?

今回は、セクキャバに遊びに行ったとき、はめを外しすぎてしまってお気に入りの嬢にNG客指定をされてしまう行為についてご紹介したいと思います。

セクキャバは、1セット(40~50分程度)で1万円弱は支払わなければならないお店で、居酒屋なんかで飲むことと比較すれば、かなり高くつく夜の遊び場となります。さらに、セクキャバに行く際には、1軒目でそれなりに飲んでいるという方が多く、セクキャバについたときにはかなり酔っぱらってしまっていて、お店のルールで禁止されているような行為をキャストに強要してしまう方が少なくありません。これは、お酒に酔っているからということや、単純に高い金を払っているのだから「これぐらいは許されるだろう!」という考えのもと、行われているようですが、こういったルール違反は非常に危険ですのでやめておいた方が良いですよ。

というのも、セクキャバというのは、元々のサービスが法律ギリギリのラインに設定されていますので、そのルールを破るお客様がいれば、お店にとってもかなりリスクが大きいわけです。例えば、嬢がお客様のプレッシャーに負けて『ヌキ』などの性的サービスを提供した場合には、お店側が営業停止になってしまうリスクがあるわけです。そうでなくても、嫌なことばかり頼まれれば、売れっ子のキャストが辞めてしまう恐れもありますので、そういった迷惑行為をするお客がいれば速攻出禁にしてしまうぐらいのことはします。
そこで、この記事では、セクキャバに遊びに行った際、やってしまうと嬢に嫌われて『NG』指定されてしまう恐れがある行為をご紹介していきます。

こんな行為はNG!いずれ出禁になってしまうかも…

それでは、セクキャバ嬢に嫌われてしまうかもしれない、NG行為をご紹介していきましょう。以下でご紹介する行為について、全てのセクキャバ嬢が怒ってしまう…というわけではありませんが、基本的に嬢からは嫌われてしまう可能性が高いと言われていますので注意しましょう。

①おっぱいを強い力でイジる

男性の中には、AVの見過ぎなのか、強い力で嬢の乳首をつねったり、イジったり、時には噛みついてしまうような人がいます。この行為が「気持ちいい」と思っているのかもしれませんが、普通に痛いだけですのでNG行為になります。

S気質の男性であれば、「乱暴に触られるのが気持ちいいに違いない」と考えてしまっているかもしれませんが、これは大きな間違いですよ。もちろん、中にはそんな人もいるのかもしれませんが、セクキャバ嬢の中には絶対にいないと考えておきましょう。というのも、セクキャバ嬢は、一日に何人もの人を接客するわけですし、強い力でなくても乳首が痛くなってしまうものです。それなのに、上述のように、乳首に強い刺激を与えてくるような人がいればどう思うでしょうか?普通に、負担が大きすぎるため、「この人には接客したくない…」と考えることでしょう。

セクキャバに行くのであれば、「おっぱいは嬢の大切な商売道具」と理解して、優しく触りましょう。

②席についてくれた嬢をけなす

席についてくれた嬢の容姿を貶したり、悪口を言ったりする行為はNGです。「そんな奴はいないだろ…」と思うかもしれませんが、ストレス解消を目当てにセクキャバに来ている方の中には、面と向かって嬢を貶すことで楽しんでいる…なんて方がいるのです。

高いお金を払って遊んでいる…という意識があるお客様の中には、つい女性に対して傲慢になってしまう…なんて人がいますが、おっパブ嬢を傷つけても何もいいことなんかありませんよ。嫌なことを言ってくるお客様に対して、一生懸命サービスしようなんて思うわけありませんし、実は損しているのは自分なのだということに気付いた方が良いでしょう。
こういったお店では、嬢に優しい言葉をかけてあげて、グッと心をつかむ方が絶対に楽しめますので、「嬢をけなして遊ぶ」なんてことはやめましょう。目に余るようであれば、普通に出禁になってしまいます。

③下半身を触ろうとする

一般的なセクキャバであれば、お触りがOKなのは上半身のみだと考えておきましょう。過激店と呼ばれるような一部のお店では下半身へのお触りも認められていることがあるのですが、基本的にはNG行為なのです。

どうしても下半身も触りたいと思えば、それが認められるお店で遊んでください。受付などで、下半身NGだと言われたのに、嬢にしつこく交渉したり、無理やり触ったりすると、嬢に嫌われてしまいます。最悪の場合、お店のルール違反として出禁になってしまう危険もあると考えましょう。

④口臭・体臭がキツイ

セクキャバは、非常に密着度が高いお店ですので、口臭や体臭がキツイ…という人はほぼすべてのセクキャバ嬢に嫌われてしまう…と考えた方が良いですよ。

例えば、何日もお風呂に入っていない…なんて人に誰も近寄りたくない…と思うのは普通のことでしょう。また、歯磨きをしていない人とキスなどしたくないでしょうし、見るからに不潔…という状態でお店に行けば、受付で入店を拒否されてしまう可能性が高いです。
セクキャバに行くときには、普通レベルの清潔度を保っておくだけでよいので、その辺りは頭に入れておきましょう。

⑤連絡先交換やデートをしつこく誘う

最後は、お店で禁止されている連絡先交換や店外デートにしつこく誘う…という行為です。セクキャバは、お店でお触りやキスなどの過激なサービスが認められているため、アフターデートとなるとそれ以上を求めてられてしまうことになり、連絡先交換すら禁止にしているというお店が多いです。

しかし、タイプのセクキャバ嬢がいた場合には、連絡先交換をして店外デートをしたい…と考えるのが男心ですよね。もちろん、きちんと指名して仲良くなっているのであれば、試しに連絡先を聞いてみるのはありだと思いますよ。嬢があなたの事を気に入ってくれているのであれば、誘いに乗ってくれる可能性もあるでしょう。しかし、連絡先交換を断られてしまった時には、きちんと諦めてください。お店のルールで禁止されているのであれば、しつこく聞かれても困ってしまうだけです。最悪の場合、お店に報告されて出禁…なんて可能性もあるので、連絡先交換の依頼は1回までと決めてしましょう。

まとめ

今回は、セクキャバで遊ぶとき、セクキャバ嬢に嫌われてしまうような行為についてご紹介してきました。セクキャバは、夜の遊び場の中でもサービスが非常に過激な分、それなりにお金がかかってしまうお店と考えましょう。そのため、高い金を払っているのだから何をしても良い…と考えてしまうお客様が一定数いるのだと思います。

しかし、当然そのようなことはなく、嬢が嫌がる行為ばかりしていると「NG客」に指定されてしまい、お気に入りの嬢に接客してもらえなくなる可能性があると考えましょう。セクキャバには、お店ごとにきちんとルールがありますので、そのルールは絶対に守るようにしてください。結果的に、それがセクキャバで最も良いサービスを受けるコツだと言えるでしょう!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事