セクキャバ・おッパブ・ツーショット…呼び名が違えば業種も違うの?

セクキャバ・おッパブ・ツーショット…呼び名が違えば業種も違うの?

今回は、いまいちよく分からないセクキャバ業界の呼び名の違いについて簡単に解説してみたいと思います。

皆さんもセクキャバという名称のお店があることはご存知かと思います。これは「セクシーキャバクラ」を略して「セクキャバ」と呼んでいるのであって、お触りがOKなキャバクラの事をセクキャバと呼んでいる場合が多いです。しかし、同じようなお店を指す場合でも『おッパブ』や『ツーショットキャバクラ』などさまざまな名称が存在しており、何が何やら分からない…なんて声も増えています。さらに近年では『いちゃキャバ』なるお店も登場しており、自分が求めるサービスを楽しむにはどこに行けば良いのか分からない…なんて声を耳にするようになっているのです。

そこでこの記事では、セクキャバ業界のよくわからない名称の違いについて簡単に解説しておきたいと思います。

呼び名の違いによるサービスの違いについて

それでは、セクキャバ業界における呼び名の違いによるサービスの違いについて解説していきたいと思います。まず覚えておいてほしいのは、地域によって同じ呼び名でも意味が異なる場合があるということです。例えば、北海道の繁華街であるすすきのでは「キャバクラ」が所謂セクキャバの事を指しており、キャバクラは「クラブ」と呼ばれています。
非常にややこしい名称問題ですが、この記事では大阪を中心に考えて、業界の呼び名の違いをご紹介します。

『セクキャバ』『おッパブ』『ツーショット』は同じ

男性の方であれば、セクキャバの事を『おッパブ』と表現する事が多いと思います。つまり「セクキャバ=おッパブ」ということは誰もが分かりやすいと思います。そして、関西方面では「ツーショットキャバクラ」なるお店が増えているのですが、実はこの名称のお店もセクキャバと同じなのです。

これは、2009年に大阪の風俗案内所で『セクキャバ』という名称のお店の紹介が禁止になったため、セクキャバの名称では風俗案内所が使えなくなるため、多くのお店が「ツーショットキャバクラ」と称して営業を始めたというのが理由です。あくまでも、案内所を使うために作った名称ですので、店内のサービスに関しては何ら変わりありません。

『セクキャバ』と『キャバクラ』の違い

セクキャバはキャバクラから派生したタイプのお店で、「お触りがOKなキャバクラ」などと紹介されることも多いです。キャバクラとの違いは、この「お触りがOKな」という部分で、ずばりセクキャバの方が圧倒的に密着度が高いというのが大きな違いになります。

一般的に、キャバクラは嬢へのお触りが禁止されており、横に座ってくれた女の子とお話ししながらお酒を楽しむのが目的のお店です。しかし、セクキャバに関しては、お酒とトークというサービスがあるものの、お客様の目的は女の子とイチャイチャできると言う点なのです。基本的にセクキャバは、横についてくれた女の子の上半身へのお触りが認められていて、ハッスルタイムなどがあるお店では、時間になると膝の上に女の子がまたがってきて、お気に入りの嬢との密着を楽しめるのです。

もちろん、接客飲食店という扱いですので、ヘルスやピンサロのような『ヌキ』のサービスはなく、お店のルールに従って遊ばなければいけません。

『セクキャバ』と『いちゃキャバ』の違い

最近登場したお店の種類で『いちゃキャバ』なるものがあります。これが、セクキャバとどう違うのか…と言う点が非常に微妙で、一般のお客様を悩ませることになっているのです。ちなみに、いちゃキャバも、お酒やトークを楽しめて、席に着いた女の子の上半身におさわりできると言う点は、セクキャバと同じです。こう聞くと、おッパブなどと同じく、名称が違うだけでサービスは一緒なのかなと思うかもしれませんね。

しかし、いちゃキャバとセクキャバには違いが存在しています。それは、いちゃキャバは「服の上からのみお触りOK」と言う点です。それ以上のサービスになると、女の子やお店次第で、セクキャバと同じく直接触ろうとすると怒られてしまう場合があるので注意しましょう。
いちゃキャバは、セクキャバよりもサービスがソフトになる分、コスプレなどの衣装にこだわっているお店が多いです。他にも、王様ゲームなど、皆でワイワイ楽しめるようなお店も登場しているなど、セクキャバほど過激でない分、恋人とイチャイチャするのを楽しむことができると人気になっているようです。

注意が必要なのは、女性求人のためにセクキャバがいちゃキャバを名乗っているなんてパターンがあることです。

『ランパブ』は業界が違う

ランジェリーパブの事を『ランパブ』と呼ぶのですが、これと『おっパブ』を混同してしまっている方がいます。しかし、ランパブは下着姿の女の子が接客してくれるだけのお店で、どちらかというとキャバクラに近いお店です。つまり、ランパブではお触りが禁止されており、普通のキャバクラのようにお酒とトークを楽しみに行く場所と考えましょう。
したがって、ランパブに行ってセクキャバのノリでお触りしようものなら、出禁になってしまう危険がありますよ!

まとめ

今回は、さまざまな呼び方をされるセクキャバについて、名称の違いで何が違うのかをご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、『セクキャバ』『おッパブ』『ツーショットキャバクラ』に関しては、どの呼び方だとしても同じ店の事を指していると考えても構いません。しかし、『いちゃキャバ』と呼ばれるお店の場合、セクキャバよりも少し過激度が低くなり、服の上からでしかお触りができないタイプのお店がほとんどです。

ただし、いちゃキャバというお店は、ここ数年で登場し始めた名称ですので、サービスの範囲がお店によってかなり違うという注意点があります。中には、一般的なセクキャバ店が『いちゃキャバ』を名乗って営業している場合もあり、入店前にサービスの範囲をしっかりと確認しておくのがオススメです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事