セクキャバ嬢に嫌われてしまう悪い客(痛客)の特徴について

セクキャバ嬢に嫌われてしまう悪い客(痛客)の特徴について

今回は、セクキャバに来店するお客様の中でも、サービスを提供するセクキャバ嬢に嫌われてしまう方の特徴についてご紹介していきたいと思います。

セクキャバは、お触りがOKなキャバクラと言われているように、トークやお酒の相手をしてくれる嬢の上半身へのお触りやキスなどがサービスとして認められているお店です。最近では、キャバクラなどよりも安定して高収入を得られるということが知られてきていますので、他のナイトワークからセクキャバに移籍してくる女性が多くなっており、セクキャバ嬢のレベルが本当に高くなっていると言われています。

しかし注意が必要なのは、「お触りがOK」なお店だとは言え、嬢に対して何をしても良いというわけではないのです。もちろん、男性と女性が同じ席に着くわけですので、本気で口説くことなどは全く問題ありませんが、中にはセクキャバ嬢に本当に嫌われてしまう行為をする方がいるのです。
せっかくセクキャバで遊ぶのであれば、嬢と仲良くなった方がサービスにも力が入るでしょうし、この記事では、セクキャバ嬢に嫌われないため、おさえておきたい注意点をご紹介します。

こんな行為はセクキャバ嬢に嫌われる!

それでは、セクキャバで遊ぶときに注意しておきたいポイントをご紹介しておきしょう。セクキャバなどで遊ぶ場合、通常の居酒屋さんなどと比較するとかなり割高な料金を支払うことになるため「高い金を払っているのだし、好きなように遊んでも良い!」と考えてしまう方も多いです。しかし、お客様に接客をするキャストも人間ですので、「されたら嫌なこと」というものはあるのです。

ここでは、セクキャバ嬢に特に嫌われてしまうと言われているいくつかの行為をご紹介しておきます。

乱暴に触る

セクキャバの大きな特徴は、嬢へのお触りが認められていると言う点です。お酒やトークにプラスして『お触り』があるからセクキャバに遊びに行くと考える方が多いでしょう。

しかし、いくらお触りがOKだとしても、女の子側に大きな負担がかかるような触り方をしてはいけません。S気質の方などであれば、胸を強く揉んだり乳首を引っ張ったりするような方もいるのですが、このような触り方をしてしまうと、当然女の子側は痛みを感じてしまうのです。
さらに、女性キャストは一日に何人ものお客様に接客をしなければいけませんし、もともと体への負担はそれなりに溜まっている状態とも考えられます。それなのに、好き勝手に傷みが走るような触り方をしてしまうと、いくらお客様でも「嫌な客だな…」と思ってしまう訳です。

セクキャバで遊ぶときには、好みの女性に接するように、優しく触れるようにしてあげましょう。

範囲外のサービスを強要する

セクキャバは、風俗店ではありませんので、いわゆる「ヌキ」と呼ばれるサービスを受ける事はできません。当然、セクキャバに来店する方はそれを理解して遊びに行っていることでしょう。

しかし、実際にセクキャバで遊んでいる時には、蛇の生殺しのような状態でストップすることになるため、お酒の勢いなどでサービス範囲外の事を強要しようとする方がいるのです。例えば、上半身だけのお触りが認められているお店なのに、下半身を触ろうとする…、嬢に自分の下半身を触らせようとするなど、さまざまな違反行為を強要する方がいるのです。当たり前のことですが、こういった行為は、女性キャストから嫌われる行為となりますので注意しましょう。

そもそも、セクキャバのようなお店は、法律にのっとって営業を行っていますので、お客様から頼まれたとしても、範囲外のサービスを提供することができないのです。もし、サービス範囲外の行為を行っていることが行政にバレてしまうと、お店が営業停止や閉店に追い込まれてしまうなど、働き先がなくなってしまう危険すらあるのです。したがって、セクキャバで遊ぶときには、決められたサービス範囲内で遊ぶようにしましょう。

店外デートにしつこく誘う

キャバクラでも嫌われる行為ですが、セクキャバでは特に嫌われますので注意しましょう。セクキャバ店の中には、キャストとの連絡先交換を認めているお店もあるのですが、アフターなどの店外デートは、女の子の意思で決まります。しかし、サービスが過激なお店ですので、店外デートとなると、肉体関係を迫られてしまう危険が高くなるため、女性キャストのほとんどは店外デートの誘いに乗ってくることはないでしょう。

そもそも、セクキャバは、キャバ嬢のように女の子が営業メールなどを送らない業界ですので、女性キャストの安全を考えて連絡先交換自体を禁止しているお店が多いのです。「お店で禁止されているので」などと、キャストが断っているのにしつこく誘うと、当然「面倒な客だな…」と嫌われてしまうことになります。

泥酔して暴言を吐く、馬鹿にする

セクキャバは、どこかで飲んだ二次会として来店するお客様が多いです。そのため、来店した時には既に酔っぱらってしまっており、気が大きくなってしまっている人も多いです。もちろん、酔っぱらっている事は特に悪い事ではありません。

しかし、中にお酒に酔ってしまっていることで、女性キャストを馬鹿にしたり、暴言を吐いてしまうような方がいるのです。特にひどい人になると、自分のストレスを解消する目的で、サービス時間中ずっと暴言を吐き続ける…なんて方もいるそうです。いくら嬢とお客さんという関係があったとしても、言って良いことと悪いことがあると考えておきましょう。

清潔感に注意

セクキャバは、嬢の身体に直接触れることができますし、キスもサービスとして認められています。つまり、接客飲食店の中では特に密着度が高いお店なのです。

それなのにもかかわらず、何日もシャワーに入っておらず体臭が…、歯磨きをしていないから口臭が…、手が汚い…など、不潔な状態では嬢に嫌がられてしまいます。セクキャバに入店する際には、ツメの長さをチェックされ、長い場合は爪切りをしなければならないなど、他のお店以上に清潔感を求められるお店です。したがって、不潔な状態でお店に行けば、嬢に嫌われてしまい、テキトーなサービスになってしまう可能性が高いです。

密着度の高いお店ですので、最低限のエチケットを守った清潔感を心がけてください。

まとめ

今回は、セクキャバに遊びに行く前に覚えておいてほしい、セクキャバ嬢に嫌われてしまうお客の特徴についてご紹介してきました。お金を払って遊ぶのだから、どんな客でも最高のサービスをしてもらわなきゃ…と考えてしまうかもしれませんが、相手をしてくれるセクキャバ嬢も人間ですから、感情というものがあるのです。

この記事でご紹介したような行為は、どのお店でも絶対に嫌われてしまうことですので、最高のサービスを受けたいと思うのであれば注意しておきましょう。特に、指摘されたのに言うことを聞かない…なんてお客様の場合、セクキャバでは普通に出禁にしてしまうなど、女性キャストを守ることを重視する場合が多いです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事