セクキャバ初心者必見!嬢におねだりされたドリンクを上手にかわす方法とは?

セクキャバ初心者必見!嬢におねだりされたドリンクを上手にかわす方法とは?

セクキャバは『お触りがOKなキャバクラ』と形容されるように、お気に入りのセクキャバ嬢とトークやお酒を楽しめるだけでなく、上半身のお触りやキスなど、キャバクラでは体験できないような過激なサービスが魅力です。

もともとは、キャバクラから派生したお店ですので、『お触り』以外の部分はキャバクラで遊ぶのとさほど変わりはありません。しかし男性客からすれば、お酒を楽しむよりは嬢へのお触りを目的としている場合が多く、キャバクラのようにドリンクのおねだりが煩わしい…と思ってしまう方も多いようです。最近では、お客様自体がセクキャバでは、さほどお酒を飲まないこともあり、セット料金に飲み放題をつけているお店も増えているようです。

しかし、セクキャバ嬢からすれば、ドリンクを頂ければドリンクバックがつくようなお店も多く、自分の収入のために頑張っておねだりしてくるような方も多いです。それでは、こういった嬢からのおねだりを上手にかわすにはどういった言い訳が良いのでしょうか?ここでは、セクキャバ初心者さんが知っておきたい、嬢からのおねだり対策をご紹介します。

嬢からのドリンクおねだりをかわす方法

こういったお店で、女の子がお客様にドリンクをおねだりするのは、単純に喉が渇いても、アルコールが入った飲み物はお客様に頂けない限り飲めないからです。お客様に関しては、セット料金に飲み放題がついていて、いくつかのお酒であれば自由に飲めるようになっているのですが、女の子は商品であるアルコールをタダで飲むわけにはいきませんよね。
また、飲み放題以外の部分で、女の子にドリンクを入れてもらうことができれば、お店の売り上げにもつながりますし、女の子はドリンクバックという形でお給料に反映してもらうことができるわけです。そのため、お酒がメインのお店ではないセクキャバであっても、キャバ嬢のように女の子からドリンクのおねだりをされてしまう訳です。

もちろん、気に入っている子でお金に余裕があれば、ドリンクを入れてあげればサービスが良くなる可能性がありますし、考慮の余地はあると思います。しかし、予算を決めて遊びに行っている人など、女の子のおねだりを上手にかわしたい…と考える方は多いと思います。ここでは、嬢の気分を害さずにおねだりを回避する方法をいくつかご紹介しておきます。

指名した女の子以外に入れないと言う

セクキャバでは、女の子に対してワンドリンクを入れてあげることがマナーの一つだと言われています。

しかし、セット時間中に何人かが入れ替わるセクキャバで、指名している以外の女の子までにドリンクを入れていたら、お金がどんどん嵩んでしまいます。したがって、こういった場合には、「指名している女の子以外には入れないって決めているのでごめんね。裏切れないから…」などと、説明するのが良いでしょう。これであれば、「あの客ケチだよ!」なんて陰口をたたかれる可能性も少ないです。
中には、「なんで君にドリンクをおごらないといけないの?」などと、逆切れ気味に断るような方もいるのですが、こんな断り方は嬢も気分を害してしまいますので、最低限のサービスしかしてもらえなくなる可能性があります。ドリンクを断るのはお客様の自由ですが、思った事をそのまま口にするのではなく、やんわりとおねだりを断れるような理由を作っておくのが大人の対応です。

「お金があまりない」とはっきり言う

セクキャバ嬢は、ドリンクを頂ければ自分のお給料UPにつながりますので、お客様がやんわり断ったとしても構わずおねだりしてくる子もいます。やはり、ナイトワークは稼ぐためにやっているのですから、図々しいぐらいの攻めの姿勢を持っているキャストも多いのです。それでは、こういった押しの強い子に関してはどうすれば良いのでしょうか?

本来、こういった夜系のお店では「お金がない…」などといった感じで、弱音を吐かない方が良いのですが、こういったタイプのキャストにおねだりされている場合は話が別と考えましょう。こういったキャストは、あの手この手でおねだりをしてきますので、やんわりと断る…なんて人を「押せばイケル!」と考えてしまう場合があるのです。実際に、押しが弱い人の中には、それに屈してしまい、しぶしぶワンドリンクだけいれるなんて方もいます。したがって、こういったキャストにおねだりされた場合は、

「ごめんね。今月は本当にちょっと厳しくて、生活に支障が出ちゃうかもだから、今回は勘弁して。」

などと、下手にうったえると良いでしょう。
もちろん、女の子からは「何コイツ?」などと思われてしまう可能性もありますが、セクキャバで安く遊びたい場合には、しっかりと線引きできなければいけないのです。
そもそも、キャバクラではなくセクキャバに遊びに行くのは、女の子とのお酒を楽しむのが目的ではなく、女の子の体に触ったり、キスしたりする等、性欲を満たすためですよね。夜系のお店でモテたい、アフターに連れ出したいなどと考えるのであれば、ケチる行為はオススメできませんが、その場で楽しむためには自分で決めた予算は守るべきです。そうしなければ、せっかくのセクキャバ遊びで、後から後悔してしまいます。

最終手段はあなたが無茶振りする

どれだけ断っても粘ってくるようなキャストに対しては、「ドリンクを入れる代わりに○○して!」とあなたが無茶振りするのが最終兵器です。

もちろん、嬢が簡単にできるような事を振っても意味がないので、「連絡先交換をしてくれたら入れてあげるよ!」「アフターで本番させてくれるならいいよ」など、絶対にのって来ないような無茶振りをしましょう。キャストがドリンクをねだってくるのは、ドリンクバックが欲しいからですので、バックの対価としてふさわしくない場合は諦めてくれます。上述しているように、ドリンクを入れるか入れないかはお客様が決めることですので、その条件を提示すれば後はキャスト側が判断することになるわけです。

ドリンク一杯に見合っていなければ、おねだりしても無駄だなと考えて諦めてくれます。

まとめ

今回は、セクキャバ初心者さんがおさえておきたい、セクキャバ嬢からのドリンクのおねだりを上手に回避する方法をご紹介してきました。セクキャバ等でも、お客様からドリンクを頂ければドリンクバックがつきますので、それを目的におねだりされることは多いです。初めて行くお店であれば、ドリンクまでは入れたくないと考える方が多いでしょうし、今回ご紹介した方法を試してみると良いでしょう。

なお、セクキャバでより過激なサービスを楽しみたいと考えているのであれば、ちゃんと指名してドリンクを入れてあげるのがかなり効果的ですよ。嬢からしても、自分のためにお金を使ってくれるとなれば、頑張ってサービスしなければ…と考えるものですよね!予算に余裕があるのであれば、ワンドリンク入れることで、最高のサービスが楽しめますので、費用対効果は悪くないと考えても良いと思います。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事