セクキャバ初心者が知っておきたい基礎知識

セクキャバ初心者が知っておきたい基礎知識

今回は、セクキャバ初心者が知っておきたいセクキャバの基礎知識第一弾として、「そもそもセクキャバとはどういったお店なのか?」ということについてご紹介していきたいと思います。

セクキャバと呼ばれる業界については、「いちゃキャバ」や「おっパブ」「ツーショットキャバクラ」など、さまざまな呼び名が存在していることもあり、その他の夜系のお店以上にうさん臭さを感じてしまう…という方も多いです。そのため、今まで一度もセクキャバで遊んだことが無いという人の中には、サービス内容や料金形態などが分からないことから、「興味はあるけれど入りにくい…」といった声が良く上がります。

最初に言っておきますが、セクキャバと呼ばれるお店に関しては、明朗会計をうたっているお店も多いですし遊び方も至って単純ですので、そこまで身構える必要はないと思いますよ。簡単に言うと、キャバクラから派生した接客飲食店ですので、システム自体はキャバクラなどとそこまで大きな違いはありません。ただし、サービス内容に関しては、お店ごとに異なりますので、この記事では初心者にもわかりやすく「セクキャバとは?」と言った基礎知識をご紹介していきます。

セクキャバの基本情報

上述しているように、セクキャバはキャバクラと非常に似たシステムのお店で、一見するとキャバクラと何が違うのかよくわからない…という方も多いです。そもそもセクキャバ自体が、キャバクラから派生したお店だと言われていますので、システムなどが似通っているのは致し方ないことだと思います。

それではキャバクラとの違いは何かというと、キャバクラはキャバ嬢がお酒の接待をするお店で基本的にキャストへのお触りは禁止されていますね。しかし、これをOKにして「サービスとして女の子のお触り」が認められているのがセクキャバな訳です。
つまり、お酒の席でちょっとエッチなことを楽しめるというのが基本的な遊び方になると考えてください。

セクキャバの営業時間について

セクキャバの営業時間は、「日の出から深夜24時まで」と決まっていて、基本的には18時ぐらいにオープンして24時に閉店するというお店が多いです。

しかし最近では『朝セク』『昼セク』などと呼ばれるお店が登場しており、こういったタイプのお店は朝8時ぐらいから営業や昼12時から営業しています。ちなみに、同じ場所のお店でも、朝・昼と夜の営業時間では、看板を変えて朝・昼の料金を少しリーズナブルにしているお店が多いです。

セクキャバのサービス内容について

セクキャバは、キャバクラで禁止されている『お触り』がサービスとして認められていると紹介しましたね。それでは、どこまでのお触りが認められているのでしょうか?これに関しては、お店によってお触りの範囲が異なりますので、少し注意しておいた方が良いです。

例えば、『いちゃキャバ』などと呼ばれるお店では、服の上から上半身のみのお触りがOKとされている感じです。一方『セクキャバ』と呼ばれる店は、女の子が上半身裸になり、バストを触る・乳首を舐める、吸う・キスまでOKなお店まであります。なお、こういったお触りのサービスに関しては、サービス時間を継続しているオールダウンタイム制のお店から、サービス時間内に1回か2回お触りができるダウンタイム制の店があります。
その他のお酒の接待などに関してはキャバクラと同じなのですが、基本的にお触りを目的に来店する人が多いため、お酒はおまけとして飲み放題にしているお店も増えています。なお、勘違いしている方もいるのですが、セクキャバはあくまでも接客飲食店ですので、男性が風俗店に求める『ヌキサービス』は一切ありません。

また、セクキャバの良いところは、女の子との会話は二の次だと言う点です。キャバクラと同じく、お酒の接待もあるのですが、あくまでもお触りがメインのサービスとなりますので、嬢との会話自体は気を使わなくても良いです。そのため、会話が苦手でキャバクラに行きにくい…という方でも比較的楽しみやすいと思いますよ。

セクキャバの料金について

最後に、セクキャバで遊ぶときの料金についても簡単にご紹介しておきましょう。サービス料金については、都会と地方、サービスの範囲などによって多少の違いはあると考えてください。

この前提をもとに、セクキャバでの料金は「50分 10,000円」が相場と考えておけば良いでしょう。なお、セクキャバのセット料金については、お店のホームページなどで公開されていますので、心配であれば入店前にネット検索し確認しておくと良いでしょう。また、セット料金に飲み放題がついているお店も増えていますが、そうでない場合、ドリンクやボトルキープが別料金でかかってきます。ドリンクの料金は、1,000円から数万円程度まで幅がありますので、注文の際は料金を確認してからにしましょう。

ここまでの料金は、セクキャバで遊ぶ場合、最低限かかる費用です。普通に遊びに行った場合にはフリー客と呼ばれ、女の子を指名していない状態です。このフリー客の状態であれば、複数の女の子が時間ごとに交代であなたの接客を行います。そして、その中にお気に入りができれば、その子を指名するという流れになります。これが所謂「場内指名」というもので、指名料金として2,000円前後の別料金がかかると思っておきましょう。なお、目当ての女の子がすでにいて、受付で指名する場合は本指名と呼ばれ、3,000円前後の料金がかかります。

ここまでが、セクキャバで遊ぶ場合に基本的にかかってくる費用と考えておきましょう。初めてセクキャバに行って、場内指名したと考えれば、50分遊んで12,000円ぐらいかかるという感じです。なお、延長する場合には、30分で5,000円前後と考えておきましょう。

※ここでご紹介した料金は、あくまでも一般的な相場です。お店によって料金が異なりますので、入店前に確認してから遊びましょう。

まとめ

今回は、セクキャバ初心者のため、遊びに行く前に知っておきたいセクキャバの基礎知識をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバはキャバクラから派生したお店ですので、システム的にはキャバクラとほとんど変わらないと考えておいて構いません。キャバクラとの違いは、サービスとして女の子へのお触りが認められているということで、キャバクラよりも過激な遊び方を楽しめるというのがメリットです。ただし、あくまでも分類は接客飲食店ですので、風俗店のような『ヌキ』を期待してはダメですよ!

今まで、漠然とした不安でセクキャバに入れなかった…という方も多いと思いますが、そこまで身構える必要もありませんの、気軽に遊びに行ってみましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事