セクキャバのサービスにも種類が?「ダウンタイム制」と「オールダウンタイム制」の違い

セクキャバのサービスにも種類が?「ダウンタイム制」と「オールダウンタイム制」の違い

セクキャバは、キャバクラと同じようにお気に入りの女の子とのトークとお酒を楽しめるだけではなく、女の子へのお触りやキスなど過激なサービスを受けられるということで近年人気になっています。

セクキャバでの遊び方は、キャバクラなどと同じく、入店の段階で受付にてサービス時間を決めて入るというのが一般的です。しかし、セクキャバ慣れしていない人であれば、サービス時間は分かるものの、その中で『お触り』が楽しめる時間が何分あるのか分からない…という方が多いようです。特に、セクキャバでのお触りは、お店によってルールが異なることもあり、遊びにいったお店がどのような制度をとっているのかによって楽しめる時間が大きく異なるのです。

この記事を読んでいただいている方の中にも『ハッスルタイム』や『ダウンタイム制』、『オールダウンタイム制』などという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。しかし、それぞれが何を指しているのかまではさっぱりわからない…という方も多いと思います。そこでこの記事では、セクキャバで遊ぶ際に絶対におさえておきたい、「ダウンタイム制」と「オールダウンタイム制」の違いをご紹介します。

「ダウンタイム制」と「オールダウンタイム制」の違いについて

セクキャバは「お触りがOKなキャバクラ」などと紹介されることがあるため、お酒やトークを楽しみながら好きな時に女の子にお触りできると考えている方が多いのではないでしょうか?もちろん、この考え方はあながち間違ってはいないのですが、全てのお店が「いつでもお触りOK」というわけではないのです。

皆さんの中にも『ハッスルタイム』や『ダウンタイム』などという言葉を耳にしたことがある人もいると思うのですが、お店が採用しているシステムによっては、前述の『ハッスルタイム』や『ダウンタイム』と呼ばれる時間内だけがお触りOKとなっているお店もあるのです。そこでここでは、セクキャバ初心者の方が遊び方に困ってしまわないように、セクキャバが採用しているそれぞれのサービス制度の詳細を簡単にご紹介しておきたいと思います。

ダウンタイム制とは

まずは『ダウンタイム制』と呼ばれる制度からです。そもそもセクキャバのサービスは、お酒と会話、女の子へのお触りの3つで構成されています。上述したように、セクキャバと呼ばれるお店は、この3つのサービスが常に受けられるものだと考えている方が多いのですが、『ダウンタイム制』のお店はそうではありません。

ダウンタイム制のお店は、セット時間が50分だとしても、この時間目いっぱい『お触り』を楽しめるわけではありません。もちろん、お店によって多少システムの違いがあるものの、ダウンタイム制のお店は、50分のセット時間の中で1回か2回の『ハッスルタイム』と呼ばれるお触りOKな時間が来るという感じです。それ以外の時間は、トークとお酒を楽しむという感じですね。

お店がダウンタイム(ハッスルタイム)に入ると、店内にアナウンスがされ、BGMの音量が大きくなります。そして、女の子がお客様の脚にまたがって乗ってきますので、お客様は女の子の身体を楽しむことができるという感じになります。このハッスルタイムは、5分や10分に設定されており、既定の時間が経過すれば終了の場内アナウンスが流れ、お触りの時間が終了するといった感じです。

このように、ダウンタイム制のお店は、決められた時間の中で『お触り』を楽しむという感じなので、それが余計にお客様を興奮させるようです。

オールダウンタイム制とは

次は『オールダウンタイム制』です。オールダウンタイム制は、50分のセット時間とすると、そのサービス時間内は継続して嬢へのお触りが認められています。

つまり、キャバクラのように、女の子が横に座ってお酒やトークの相手をしてくれるのですが、会話の最中に女の子の上半身に触ってもOKだということです。セクキャバでは、キスなども認められていますし、女の子側が積極的にサービスしてくるなどと言った事もあるので、オールダウンタイム制のお店であれば、セット時間中ずっと過激なサービスを楽しむことができるというのがメリットです。

ダウンタイム制とオールダウンタイム制、どっちが良いかはお客様の趣味になりますが、「セット時間内常にお触りOK」というシステム内容から考えれば、オールダウンタイム制の方がお得に感じる方が多いかもしれませんね。お客様の中には、ダウンタイム制のように時間を区切られると、会話していた内容によってはいきなり嬢にまたがられると違和感を感じる…なんて方もいるようです。
なお、オールダウンタイム制の方が女の子の負担が大きくなるため、基本的にセット料金が割高に設定されています。その辺りは注意しておきましょう。

まとめ

今回は、セクキャバで初めて遊んでみようと考えている方向けに、セクキャバのサービス制度について簡単にご紹介してきました。

この記事でもご紹介しているように、「お触りがOKなキャバクラ」と言われることがあるセクキャバは、セット時間内であればいつでも女の子へのお触りが楽しめると考えている方が多いです。しかし実際には、お店ごとにお触りのルールが決まっており、『ダウンタイム制』をとっているお店では、セット時間内にある1回か2回のダウンタイム(ハッスルタイム)中しかお触りを楽しむことができないのです。

お店がどういった制度をとっているのかは入店前に確認すれば分かりますので、まだセクキャバに慣れていない…という方であれば、スタッフに確認してから入店するようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事