より過激なサービスが楽しみたいなら『人妻・熟女』コンセプトのセクキャバがオススメ

より過激なサービスが楽しみたいなら『人妻・熟女』コンセプトのセクキャバがオススメ

セクキャバやオッパブと呼ばれるお店は、「お触りができるキャバクラ」などと形容されるように、席についてくれた女の子とトークやお酒を楽しめるだけでなく、嬢の上半身におさわりできたり、キスしたりすることができるお店です。キャバクラから派生したお店と言われているのですが、キャバクラは女の子を落とすまでの工程を楽しむのと異なり、そういった工程をすっ飛ばし、いきなり女の子とイチャイチャできるのが最大の魅力となります。

しかし、セクキャバ人気が高くなっていくにつれて、この業界の中でも他店との差別化をするためにお店ごとにコンセプトが設けられるようになっています。そして、どのコンセプトを選ぶのかによってお店での楽しみ方が微妙に変わってしまうようになっているのです。
特に注意が必要なのは、最近では『ソフトサービス』が売りになっているセクキャバが登場しており、こういったお店に入店してしまうと「セクキャバって聞いていたよりも全然緩いサービス何だな…がっかりした…」と感じてしまう場合があるのです。そこでこの記事では、セクキャバに行ってみようと考えている方に向け、より過激なサービスを受けるために選びたいコンセプトをご紹介します。

セクキャバの基本

それではまず、一般的なセクキャバ店で受ける事ができるサービスについて解説しておきましょう。セクキャバについては、他にもツーショットキャバクラやオッパブなど、他の呼び名もあるので、この辺りは注意しておきましょう。また、北海道などでは、他の地域とセクキャバの意味が異なりますので、そこも注意です。

東京や大阪などで言われる、セクキャバやオッパブと呼ばれるお店は、冒頭でご紹介したように、「お触りができるキャバクラ」と表現されることが多いです。ただし、この「お触りができる」という表現に関しては、少し弱い感じもしますね。というのも、「嬢へのお触りが禁止」というのがルールとなっているキャバクラですが、お酒が入る世界ですし、女の子に全く触れない…触った瞬間にたたき出される…なんて世界ではありません。お客様については、高額なボトルなどを入れると、一回の支払いで数十万円単位になることも珍しくないですし、嬢の太ももや中にはドレスの中に手を入れてしまうような強者も少なくありません。そして、キャバ嬢に関しては、キチンとお金を落としてくれるようなお客様に関しては、太ももに触るぐらいであれば特に文句をいうようなこともありません。要は、一般の人がイメージする『お触り』はキャバクラでも不可能ではないのです。

そして多くの方が勘違いしているセクキャバでの「お触り」ですが、上述したようなセクハラ程度のお触りができるといったものではありませんよ。正直な話、その程度のお触りができるだけであれば、ここまで爆発的に人気になるようなことはありません。
セクキャバで言うお触りというのは、嬢がお客様の前でトップレスになり、生乳をそのまま触り放題になります。さらにこれでも序の口で、お客様は、嬢のオッパイを舐めても良いですし、可愛い女の子といくらでもキスをすることができるのです。そして、ハード店などと呼ばれるお店になると、嬢の下半身へのお触りまで認めていますし、「抜いてもらえない」というだけで、それ以外のエッチなことはほぼすべてができるお店と考えても良いのです。

まとめると、セクキャバで受けられるサービスというのは、「女の子と楽しくトークができる!」「お酒を飲める(飲み放題が多い)」「女の子の上半身なら触り放題」「ディープキスもできる」と言った感じで、そのサービスの過激とは「お触りができるキャバクラ」なんて表現では収まらないレベルと考えて良いですよ!

より過激なサービスを受けたいなら?

ここまでの説明で分かるように、セクキャバというのは基本的に非常に過激なサービスが売りの接客飲食店です。したがって、基本的に『セクキャバ』『ツーショットキャバクラ』『オッパブ』などを名乗っているお店に遊びに行けば、それなりに満足のいくサービスは受けられると思います。ただし、どのようなお店でも、地雷嬢と呼ばれるような低品質なサービスを提供するキャストはいますので、上述したような基本となるサービスすら提供しようとせず、トークなどで時間を引き延ばそうとしている感じたら、ボーイさんに女の子のチェンジを申し出ると良いでしょう。

それでは、基本的に過激なサービスを楽しめるセクキャバで、よりエロいサービスを受けるにはどうすれば良いのでしょうか?実は、こういった希望がある方は、人妻・熟女コンセプトのお店がおすすめなのです!

過激なサービスを受けたいなら人妻・熟女がオススメ

セクキャバの中でも、特別過激なサービスを提供するコンセプトとして人気なのが、人妻や熟女をコンセプトとしたお店です。『人妻・熟女』と聞くと、40代や50代のおばちゃんをイメージしてしまう方もいるのですが、そのようなことはありませんよ。人妻や熟女コンセプトは、20代後半から30代の女性が集まっているお店で、あくまでの夜職業界では比較的年齢が高い女性が集まっているというだけで、十分に若い女性の体を楽しむことができます。

一般的に、キャバクラやデリヘルなどと言ったお店は、若ければ若いほど稼げると言われるのですが、セクキャバの様な「お触りできる」というお店は若さよりも大人の女性特有の包容力やエロさが求められるのです。20代後半の女性になると、世の中の酸いも甘いも分かっていますし、さらに男性がどのようなことで喜ぶのかも理解しています。また、他の夜職のお店に行けば、思うように稼げないということが理解できていますので、「セクキャバ業界で稼ぐ!」という意気込みが非常に強いのです。

そのため、20代前半の女の子が集まる別のコンセプトに比べると、キャスト側が積極的にイチャイチャしてきますので、お客様側も思う存分エッチな気分を楽しむことができるのです!

まとめ

今回は、セクキャバに行くにしても、最大限過激なサービスを楽しむために知っておきたいポイントをご紹介してきました。そもそも論で言えば、セクキャバと呼ばれるお店は、巷で言われているような「お触りができるキャバクラ」程度のお店ではなく、かなり驚くレベルの過激なサービスが売りのお店です。したがって、基本的に地雷嬢にでも当たらない限りは、どのセクキャバ店でも満足のできるレベルの楽しみ方が可能だと思います。

そしてその中でも、特に過激でエッチなサービスを楽しめるのが人妻や熟女コンセプトのお店なのです。このコンセプトで働いているキャストは、本当に積極的にサービスを提供する女性が多く、フリーで遊んでいてもキャスト側が積極的に楽しませてくれる非常に素晴らしい女の子ばかりが働いているイメージです。皆さんも、「どうせセクキャバに行くならエロイサービスを受けたい!」と思うのであれば、一度人妻・熟女コンセプトに行ってみてはいかがでしょうか?

未分類カテゴリの最新記事