キャバクラはもう飽きた…過激なサービスを楽しめるセクキャバといちゃキャバの違いについて

キャバクラはもう飽きた…過激なサービスを楽しめるセクキャバといちゃキャバの違いについて

今回は、ここ数年、男性の遊び場として非常に高い人気を誇っているセクキャバやいちゃキャバの基礎知識についてご紹介していきたいと思います。

皆さんも『セクキャバ』と呼ばれるタイプのお店があることはご存知だと思います。最近では、『オッパブ』や『ツーショットキャバクラ』など、さまざまな呼び方をされるようになっていますが、「セクキャバ=オッパブ=ツーショットキャバクラ」という認識を持っていれば間違いありません。基本的に、これらのお店は、「お触りがOKなキャバクラ」と形容されるように、一般的なキャバクラでは禁止とされているキャストへのお触りがサービスとして認められているタイプのお店です。ただし、勘違いしてはいけないのは、セクキャバはあくまでも接客飲食店であり、風俗店ではないので『ヌキ』のサービスはありません。

しかし、お酒を飲みながら可愛い女の子に触れたりキスしたりできるという過激さから、年々その人気が上昇しているのです。さらに近年では、この業界に『いちゃキャバ』と呼ばれる種類のお店が登場してきて、お店の種類によってサービスが違うことから、どこで遊べば良いのかイマイチ分からない…なんて声が聞こえるようになっています。
そこでこの記事では、キャバクラで遊ぶのはもう飽きてきた…という方のため、より過激なサービスを楽しめる『セクキャバ』や『いちゃキャバ』の特徴についてご紹介します。

『いちゃキャバ』ってどんなお店

それではまず、ここ数年急激に出店数が増えていると言われている『いちゃキャバ』の特徴についてご紹介していきましょう。分かりやすく言えば、サービスの過激度がキャバクラ以上、セクキャバ未満のお店と考えておけば良いと思います。

基本的なサービスに関しては、キャバクラ同様、お客様が席に着いたら隣に女の子が座ってお酒やトークの相手をしてくれます。ここまでは、一般的なキャバクラと何ら変わりはありませんね。しかし、いちゃキャバの場合、隣に座ってくれた女の子の上半身へのお触りがサービスとして認められているという特徴があるのです。つまり、お酒とトークを楽しみながら、自宅に彼女といるようにいちゃいちゃを楽しめるわけです。

セクキャバとの違いに関しては、いちゃキャバの場合、女の子にお触りできるとしても『服の上からのみ』ということです。要は、女の子はお店指定の衣服を着ており(私服のお店も登場しています)、その上からなら触って良いというだけです。したがって、他の過激な夜系のお店みたいに、生で女の子の身体を楽しめるわけではありません。また、セクキャバではOKなキスに関しても、ほとんどのお店がNGで、時々触れる程度ならOKというお店がある程度です。

ちなみに、サービスの過激度が低いものの、キャバクラよりは時給が高くなることから、働いている女性のレベルが非常に高いお店が多いと言われています。したがって、好みの女性とお酒を楽しむだけでなく、お触りもしたいという方にはとてもオススメです。あとは、まだまだセクキャバ慣れしていない方が、業界に慣れるまで遊びに行くというのも良いかもしれませんね。

『セクキャバ』ってどんなお店

それではセクキャバについてもご紹介していきましょう。セクキャバはキャバクラから派生したお店なのですが、上述のいちゃキャバよりもさらに過激度は増しています。普通であれば、キャバクラから派生していちゃキャバができ、その派生でセクキャバができるという流れになりそうなものですが、セクキャバが先でその派生でいちゃキャバができた感じです。それなのに、いちゃキャバの方がキャバクラ寄りのサービスで、セクキャバはセクキャバ嬢とのトークやお酒は二の次で、お触りなどの過激なサービスがメインのお店となります。

こういった特徴があることから、キャバクラに飽きてしまった…、高い金を払っているのに触ることもできない…など、キャバクラに不満を感じる方が近年セクキャバで遊ぶようになっています。ただし、冒頭でご紹介したように、業界的には風俗店ではなく、あくまでも接客飲食店ですので、ピンサロやデリヘルのような『ヌキ』のサービスは一切ありません。セクキャバで興奮してしまったら、その流れで風俗店に遊びに行くというのが一般的な流れです。

いちゃキャバとの違いについては、いちゃキャバは『衣服の上からお触りができる』という店なのですが、セクキャバはどのお店でも上半身は生で触ることができると言う点です。過激店になれば、下半身のお触りや指入れまでOKになっているような場合もあり、接客飲食店のレベルを超えたサービスが大きなメリットになります。また、キスに関してもNGに指定していない子であれば、ディープキスもOKなど、かなり過激なサービスを楽しむことができます。

なお、セクキャバは、非常に細かくコンセプトが分けられているのも特徴で、お店のコンセプトによって「どういったキャストがいるのか?」がある程度予想できます。例えば、見た目が良い子ばかりを集めるお店や、若い女性ばかりを集めるJK制服コンセプト、逆に30代以上の大人の色気を楽しめる人妻・熟女コンセプトなど、お客様の趣味に合わせて遊びに行けるのも大きなメリットになると思います。
セクキャバは、お酒が提供されるお店ですが、ほとんどの方はお酒を二の次にお触りを楽しむといった感じです。そのため、キャバクラのように多種多様なお酒が揃っていることは基本ないので、お酒を楽しみたい方にはあまりオススメできません。

まとめ

今回は、キャバクラはもう飽きた…などと考えている方に人気のセクキャバやいちゃキャバの特徴についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、いちゃキャバとセクキャバは、基本的なサービスはキャバクラと同じなのですが、お酒やトークを楽しみながら横についてくれたキャストに触れるというのが大きな特徴になります。キャバクラでも、常連さんになれば多少のお触りは見て見ぬふりをしてくれますが、基本的にはNG行為なのでキャストには嫌われてしまう可能性があります。しかし、セクキャバ等では、認められたサービスなので、思う存分好みの女性の身体を楽しめるわけです。

ちなみに、いちゃキャバの中には、『いちゃキャバ』と名乗っているのにもかかわらず、その内情がセクキャバと変わらないというお店も多いです。いちゃキャバは、つい最近登場し始めたお店の種類ですので、業界のサービスがまだ固定しきれていない…というのが理由だと言われています。
どちらにせよ、キャバクラ以上に過激なサービスが楽しめますので、「お酒とトークだけでは満足できない…」と思い始めた方は一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事