セクキャバ嬢を店外デートに連れ出したい!狙い目なのが新人セクキャバ嬢と言われる理由とは?

セクキャバ嬢を店外デートに連れ出したい!狙い目なのが新人セクキャバ嬢と言われる理由とは?

セクキャバは、キャバクラから派生してできた、接客飲食店です。ただし、セクキャバで受けられるサービスというのは、キャバクラとは一線を画すほど過激で、性風俗店の仲間と考えている方が意外に多いです。

セクキャバは、おっぱぶなどとも呼ばれるお店なのですが、これはキャバクラと同じように、席に着くと横に接客のための女の子がついてくれるのですが、お酒やトークを楽しめるだけではなく、キャストの上半身へのお触りやキスなども認められているからです。要は、おっぱいを揉めるパブという意味で『おッパブ』などと呼ばれているわけです。
そして近年、このセクキャバ人気が急激に高くなっていると言われているのですが、それは、「キャバ嬢よりもセクキャバ嬢として働いた方が稼げる!」という情報が出回るようになっており、働くキャストのレベルが急激に高くなっているからです。中には、もともとキャバ嬢をやっていたという方が、セクキャバに流れてきているといったケースも多くなっており、憧れのキャバ嬢とお酒を飲むだけでなく、おっぱいまでもめる事がメリットとなっているのです。

ただし、セクキャバは、キャバクラと異なり、女の子を店外デートに連れ出すということが非常に難しい業界としても有名です。これは、店内でキスや上半身のお触りが認められていることから、店外デートになると、それ以上を必ず求められると考えられているからです。こういった事情もあり、セクキャバ嬢と店外で会うのは非常に難しいのですが、実は店外デートが絶対に不可能だというわけではないのです。
そこでここでは、セクキャバ嬢と店外デートをするため、狙い目となるキャストの特徴をご紹介していきます。

セクキャバでの店外デート事情

それではまず、セクキャバ業界での店外デート事情について解説しておきます。上述したように、セクキャバ業界では、お気に入りのキャストがいたとしても、その嬢を外に連れ出してデートをするということは非常に難しいのが実情です。というのも、お店の成り立ち自体がキャバクラとは全く異なるからなのです。ここでは、セクキャバでの店外デートに関する前提条件をご紹介しておきます。

セクキャバは、集客をお店が担っている

まず、キャバクラと大きく異なるポイントとしては、キャバクラではお店に客を呼ぶのはキャストの仕事とされているのですが、セクキャバでは「集客はお店が担っている」という点が大きな違いです。

キャバクラは、フリーで入ったとしても、席についたキャストは積極的に連絡先交換をしようと、嬢側が持ちかけてきますよね。これは、お店にお客様を呼ぶことが嬢の仕事とされていて、出勤したとしても、自分の指名客がいなければ、バックヤードで待機している時間の時給が削られたりするのです。そのため、キャバ嬢は、呼べそうなお客様を多く確保しておく目的で、少しでも係わったお客様には、迷惑承知でメール攻撃をしてきます。
これがセクキャバになると、集客を担っているのはお店になるので、嬢はお客様と連絡先交換をする必要性すらありません。実際に、どれだけイケメンの客でも、セクキャバ嬢側が連絡先を教えてなんていうことはないと思います。セクキャバ嬢は、出勤したけれどお客がいなくて待機している…なんて状態でも、時給分のお給料は保証してもらえます。つまり、連絡先交換をして、お金にもならないのにメールなんて面倒なことはしないのが普通なのです。

キャバ嬢は同伴やアフターは仕事の内と考えている

キャバ嬢は、上述のように、集客を担っていますので、「お店にお客様を連れて行くため」の方法を常に考えています。そして、それが同伴やアフターなのです。そもそも、同伴に関しては、嬢のノルマに設定されているお店がほとんどですし、嬢側もバックが付くので積極的に同伴をします。アフターは、お店終わりのデートですので、バックなどはつかないのですが、お店でたくさんお金を使ってくれているお客様の機嫌を損なわないためにはある程度付き合わないといけないのです。要は、メールなどで「お店に遊びに来て」と言うのに、自分は一切アフターに付き合わないなんて対応をしていれば、「こいつ金ばっかり使わせやがって!」とお客様が気分を害してしまいますよね。

こういったこともあり、キャバ嬢は、同伴やアフターなどの店外デートを仕事の一環として捉えているため、意外に簡単にデートができるわけです。もちろん、それ以上となるとなかなか難しいですよ。

セクキャバはお店が店外デートを禁止している

セクキャバで店外デートが難しいのは、ほとんどのお店が、表向きは「店が店外デートを禁止している」というルールになっているからです。正直な話、店外デートどころか、連絡先交換すら禁止しているお店が多いので、店外デートに誘うことすら難しい業界なのです。

これは、女の子にメールなどで集客をしてもらう必要がないことから、余計なトラブルにならないよう、店のルールとして『禁止』にしているのです。このようなルールがあれば、お客様から連絡先交換を依頼されても「クビになっちゃうから無理なの」と当たり障りなく断る事が出来ますね。もちろん、特定の嬢を気に入って、何年もお店に通ってお金を落としているなんてことになれば、交換してくれる可能性はありますが、数回店に行って指名した程度では確実に断られると思っておきましょう。

セクキャバでのこういった対応は、店外デートになると、「店でオッパイを揉めたりキスできる」というサービス的に、必ず肉体関係を迫られてしまい、キャストが危険だからという考えがあるからです。アフターデートに行けば、お客様もお酒が入ってしまっていますので、強引にホテルに連れ込もうとしたりしますし、意外に危険なのです。

セクキャバ嬢と店外デートするには?

それでは、セクキャバ嬢との店外デートを成功させるためのコツについてもご紹介していきましょう。

上述しているように、セクキャバでは、お店的なルールで嬢との連絡先交換が禁止されていて、店外デートなども禁止になっています。一部店舗では、同伴に限り認められているケースもあるのですが、アフターに関しては基本的に禁止だと思っておいた方が良いでしょう。
したがって、あなたがお気に入りの嬢に「お店終わりにデートしようよ」「お店が終わってから飲みに行こうよ」なんて言っても、「お店で禁止されているから無理なんだ」とあしらわれて終了です。断られているのに、しつこく店外デートを誘う人もいるのですが、あまりにしつこくするとボーイに告げ口されて出禁になってしまう危険すらあるのです。セクキャバは、基本となるサービスで、上半身へのお触りやキスが認められていますので、あなたはデートに誘っているだけのつもりでも相手側は「セックスさせろ!」と言われていると捉えています。そして、しつこく誘うということは、何度も「セックスさせろ!」と言われているみたいなものですので、出禁になってもおかしくないですよね。

つまり、セクキャバでは、人気嬢を外に連れ出すというのは、数回通ったぐらいでは無理だと考えておきましょう。その子が何年もそこで働くという前提で、あなたも毎週のように指名して半年程度通えば、「そんなに私の事気に入ってくれているんだ!」とデートに付き合ってくれる可能性もあるのですが、コスパが明らかに悪いですよね。

実は、セクキャバ嬢をデートに誘いたいと考えているのであれば、そのお店で人気の嬢を狙うのはダメです。そういった子は断り慣れていますし、デートを断ることで、一人客を失っても他がいるので痛みなどありません。つまり、セクキャバで店外デートを目的に遊ぶのであれば、これから自分の指名客を作っていかなければならな新人セクキャバ嬢を狙うべきなのです。あなたが初めて接客する客になれれば、「絶対に指名客にしたい」とサービスも頑張ってくれますし、連絡先交換やデートの断り方が分かっていないため、普通にLINE交換が出来たりするのです。もちろん、新人セクキャバ嬢さんがあなたの好みの女性かは分かりませんが、店外デートに連れ出すハードルは最も低いのは確かだと思いますよ。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢を店外デートに連れ出したいと考えている方のため、セクキャバでの店外デート事情と、最も連れ出しやすいキャストの条件をご紹介しました。

この記事でもご紹介したように、セクキャバでは、一部同伴を認めているお店があるものの、ほとんどのお店は連絡先交換すら禁止しているというのが業界の常識です。つまり、いくらタイプの嬢がいたとしても、店外デートに誘うと「店のルールで禁止なの。ごめんね」と言われるのが落ちで、連れ出すことはかなり難しいのです。この辺は、キャバクラより残念なポイントになってしまうのですが、店内でキスや上半身のお触りができることを考えると致し方ないことかもしれませんね。

それでもどうしても店外デートがしたいと思えば、セクキャバ業界の常識をまだあまり分かっていない新人キャストを狙うのが良いともいますよ。実際に、新人キャストに連絡先交換を断られても、「他の子は交換してくれるのに君はダメなんだ」と言ってみると、すぐに交換してくれる子も多いです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事