朝セク・昼セクの特徴!実際のところ、どんな人が遊びに行くものなの?

朝セク・昼セクの特徴!実際のところ、どんな人が遊びに行くものなの?

皆さんは『朝セク』や『昼セク』という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?これは、朝セクキャバや昼セクキャバの略語で、要は朝や昼間から営業しているセクキャバ店のことを指しています。

一般的に、お酒や女の子とのトーク、さらにお触りサービスが楽しめるセクキャバ店は、夜もそれなりに遅い時間に遊びに行くタイプのお店で、「酔っぱらって興奮しているからこそ楽しめるお店」というイメージが強いのではないでしょうか?
正直な話、皆さんのそういったイメージはある程度正しく、セクキャバが最も流行るのはお客様が1軒目で飲んで、2軒目を探し始める21時以降だと言われています。やはり、セクキャバ店でもお酒を飲みますし、女の子とイチャイチャすることを考えた場合、あまり明るい時間から行きたくなる…などという方も少ないと考えられますし、早くても夕方以降に遊びに行くものでしょう。

しかし実は、ここ数年、朝や昼間から営業を始めるセクキャバ店が増えており、さらに十分に採算が取れるぐらいお客様が集まっていると言われているのです。そこでこの記事では、最近人気になっている朝セクや昼セクの特徴と、どんな人が朝や昼間にセクキャバに来るのかについてまとめてみたいと思います。

朝セクや昼セクの特徴

それでは、朝セクや昼セクの特徴について簡単にご紹介していきましょう。正直な話、時間帯を除けば、普通のセクキャバと同じなので、改めて解説する必要などもないとは思います。ここでは、「朝からセクキャバがあるなんて…」とこの業態について初耳の方のために簡単に基礎を解説しておきます。

朝セク・昼セクは営業時間が早い!

朝セク・昼セクの特徴は、なんといってもオープンの時間が早い事です。こういった業界は、法律で閉店しなければいけない時間が決まっており、深夜の営業が禁止されています。

朝セクに関しては、基本的に朝の9時や10時から営業をスタートするお店が多いのですが、中には朝キャバ並みに早朝6時ぐらいからオープンするお店まであるのです。昼セクに関しては、正午ごろや13時ぐらいにオープンするのが一般的です。

なお、閉店時間に関しては18時ごろに閉まるお店が多いと思っておきましょう。ただし、朝セク・昼セクは専門に行っているお店は少なく、基本的に夜の営業を行っているお店が、看板だけ変えて行っていたり、同じ看板の昼セク部門として営業していることがほとんどです。そのため、18時ごろになると、そのまま夜セク営業に切り替えて、24時まで通しで営業しているパターンが多いです。

料金が夜セクに比べてお得

夜セクに比べて朝セク・昼セクの大きなメリットとなるのが、朝や昼の営業の方がセット料金が安いということです。一般的なセクキャバであれば、夜の営業時間で1セット7000~10000円程度なのですが、平均料金が高い人気エリアのセクキャバでも、朝や昼の場合、40分1セットで4000~5000円程度と破格の安さで遊ぶことができます。特に早朝に営業しているお店の中には、1セット3000円などというスナックのような価格で遊べる場合があるので、コスパ重視のお客様には非常にオススメのお店です。

朝セクや昼セクの料金がここまで安いとなると、「サービスの質が悪いのでは…」などと疑問に感じてしまう方も多いですよね。しかし、当然そのようなことはなく、単に朝や昼間からセクキャバに行こうという客が少ないことから、集客のために安価にしているわけです。
さらに、朝セク昼セクがオススメ出来るポイントは、嬢の口開けで遊ぶことができ、濃厚なサービスを楽しむことができる点や、夜であれば指名が取れないような人気嬢とも遊ぶことができる点です。もちろん、人気嬢がいつでも早い時間から出勤しているとは限りませんが、ホームページなどで調べて、いる時に遊びに行けば、なかなか遊ぶことができない人気嬢と濃密な時間を過ごすことができます。
さらに、まだ仕事に慣れていない新人さんがこの時間帯で仕事に慣れるために働いている場合も多いので、将来のトップ嬢といち早く遊ぶことができるかもしれないというメリットもあります。

どんな人が遊びに行くの?

それでは、朝セクや昼セクに遊びに行くのがどういった人なのかについても簡単に解説しておきます。

同業の人

朝キャバなども同じですが、ホストなどの同業者が自分お仕事が終わって帰宅する前に遊びに来るということは多いようです。夜職で働いている男性は、なかなか女性がいるお店が開いていませんし、早朝から開けているセクキャバは、この客層狙いの場合が多いです。

平日休み、夜勤の人

夜勤の人は、夜セクで遊ぶことができませんし、夜勤明けに朝セクでリフレッシュして帰宅するという方も多いです。

そして、平日休みの方は昼セク狙いが多いですね。正午ぐらいまでゆっくりして、昼セクに遊びに行けば、安価にセクキャバで楽しむことができますので、実はかなり幸せな層の方だと言えます。上述したように、夜セクになると、お気に入りの嬢が指名でいっぱいになっていて遊びに行けない…なんてことも考えられますので、それを気にせずに人気嬢と安く遊べるとなると、平日休みの方がうらやましくてしょうがないですよね。

昼セクなどで遊べば、夜は友人と飲みに行くなんてことも可能ですし、意外に時間を有効活用できるのです。

根っからのセクキャバファン

最後は、根っからのセクキャバファンです。このタイプのお客様は、朝セクや昼セクの方がコスパが良いと理解していますし、「セクキャバを梯子したい!」「お気に入りの嬢と長時間遊びたい!」という希望を叶えてくれる朝セク・昼セクに集まってくるわけです。

まとめ

今回は、近年人気になっていると言われている、朝セクや昼セクの特徴について解説してきました。「朝や昼からセクキャバはちょっと…」と感じていた方も、この記事の内容を理解すれば、一度は行ってみたいと感じたのではないでしょうか?

確かに、朝や昼となると、なかなかお酒を飲む、女の子とイチャイチャするといったテンションにならない方もいると思うのですが、そういった時間だからこそ、通常よりもかなりお得にセクキャバを楽しむことができるわけです。お気に入りの嬢と、しっかりと濃密な時間を楽しみたいと思う方は、ぜひ朝セク・昼セクで楽しんでみてはいかがでしょうか!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事