セクキャバ遊びで感染してしまう可能性がある性病って何?

セクキャバ遊びで感染してしまう可能性がある性病って何?

今回は、セクキャバに遊びに行った時に、感染してしまうリスクのある性病をいくつかご紹介していきたいと思います。

こう聞くと「抜きのサービスが無いセクキャバなのに、性病はうつらないでしょう!」と考えてしまった方が多いのではないでしょうか?確かに、直接的な性行為をするわけではないので、セクキャバに遊びに行って、性病にかかってしまうリスクはかなり低いと考えても構いませんよ。実際に、セクキャバ関連の情報サイトなどを見ていると、「セクキャバは性病の心配もなく安心して遊べる」などと紹介されていることもありますし、それを信じてセクキャバに行っているという方が多いのではないでしょうか?

ただし、性病というものは、「粘膜と粘膜の接触で感染する」という特徴があることから、セクキャバで遊ぶ限りは「感染リスクがゼロ」とは決して言えないというのが実情なのです。そこでこの記事では、セクキャバで遊ぶことで、感染してしまうリスクが生じるいくつかの性病と、どういった行為でうつるのかをご紹介していきます。

セクキャバで感染リスクのある性病とは

まず覚えておいてほしいのは、セクキャバ遊びで性病に感染してしまうリスクはあるものの、ソープランド・デリヘル・ピンサロといった密着率の高い風俗と比べると、感染リスクはかなり低いと考えて構いません。
とはいえ、『キス』や『おっぱい舐め』と言った粘膜の接触が発生するプレイがある業界ですので、「絶対に性病の心配はない」とは言えないのが正直なところです。ここでは、主にキスから感染してしまう性病についてご紹介していきますので、頭に入れておきましょう。

口唇ヘルペス

『口唇ヘルペス』は、ヘルペスウイルスが原因の感染症です。これに感染してしまうと、唇の周辺に赤みが出来て、やがて水膨れになってしまうといった症状が出ます。また、症状が出ている時には、唇がひりひり、ムズムズする感覚を伴うと言われています。一度感染すると、根絶が非常に難しいと言われています。

治療法についてですが、そもそも症状自体はそこまで重くない感染症ですので、ウイルスを弱める薬を飲んで、安静にしていれば治るとされています。ただし、前述したように、ウイルスの根絶が非常に難しく、一度感染してしまうと三叉神経節にウイルスが住み着いてしまい、疲労やストレス、体調不良などの時に再発を繰り返す非常に厄介な感染症です。

咽頭クラミジア

クラミジアは、性病の代表格として有名ですね。この性病は、セックス・オーラルセックス・キスなどによって感染するとされていますので、セクキャバでも感染してしまうリスクがあります。咽頭クラミジアというものは、その名称通り、咽頭にクラミジアが感染したものです。

この性病は、症状が表に出にくいのが特徴で、感染していることに気付かずに、人にうつしてしまうというケースが多くあるとされています。なお、症状が悪化した時には、のどの痛みや腫れ、軽い発熱など、風邪のような症状が出ますので、これも性病と気付けない理由かもしれませんね。

咽頭クラミジアの治療については、医師から与えられた薬を飲むことで、2週間程度で完治すると言われています。なお、医師からもらった薬を全て使い切った場合でも、最後にきちんと検査をしておくのがオススメです。咽頭クラミジアの除去が完全でなければ、再発してしまう恐れがあります。

咽頭淋病

咽頭淋病も咽頭クラミジアと同じく、感染していることになかなか気付けない性病の一つです。これは、咽頭への淋菌感染によって起こるもので、感染したとしても無症状の場合が多く、症状が出たとしても喉がイガイガする程度ですので、検査に行くまで性病にかかっていることに全く気付けないなんてことも多いです。

基本的には、耳鼻咽喉科で検査してもらうか、通販で購入できる検査キットを使用すれば感染しているかどうかが判断できます。治療については、抗生物質の点滴、飲み薬などの方法があり、重篤な症状が出ていない限り、一回の点滴で治療が終わることがほとんどだと言われています。ただし、重篤化してしまうと、治療が長引くことになりますので、注意が必要です。

梅毒

近年、感染者が急増していると言われている『梅毒』ですが、皮膚や粘膜と直接接触することによって「梅毒トレポネーマ」が人から人に感染する病気です。

一昔前までは、不治の病として恐れられていましたが、『ペニシリン』という治療薬が発見されて以降は、早期治療を行うことで完治することができるようになっています。梅毒は、症状が第1期~第4期に分けられており、キスなどによって感染した場合、第1期(感染から約3週間)に口内や唇に「できもの(しこりのようなもの)」できると言われています。そして、これが徐々に唇や舌、扁桃に広がっていき、第2期(感染から1~3か月)になると、口内にできた斑点が青白または灰色っぽく変化します。基本的には、痛みやかゆみなどが出ることはないとされています。

治療については、ペニシリン系抗菌薬を用いるのが基本です。毎日薬を飲むことで、第一期であれば2~4週間、第二期の場合でも4~8週間ほどで症状が改善されると言われています。ちなみに、梅毒は、治療しなくても症状が消える期間があるのですが、放置し続けても完治することはありません。薬の服用中に症状がなくなれば、途中で薬を飲まなくなる人がいるのですが、出された分は必ず飲むようにしましょう。完治したかどうかも、自己判断するのではなく、医師の判断を仰ぎましょう。

まとめ

今回は、セクキャバに遊びに行ったことで感染してしまうリスクがある性病の種類についてご紹介してきました。性病に関しては、セックスで感染するもので、抜きのサービスが無いセクキャバなら感染する心配はないと考えている方が多いのではないでしょうか?

しかし、上述したように、性病は粘膜と粘膜の接触によって感染するもので、キスなどによって感染してしまうリスクはあるのです。さらに、乳首舐めなどに関しても、小さなお子様がいるセクキャバ嬢の接客を受けた場合、母乳などから感染してしまったりすることも考えられます。

何にせよ、「セクキャバだから性病の心配はない」という考えを持っているのであれば、それは間違いで、「性病リスクはゼロではない」程度に考えておきましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事