呼び名がたくさんあってややこしい…セクキャバの基本と類似業種との違い

呼び名がたくさんあってややこしい…セクキャバの基本と類似業種との違い

キャバクラ以上風俗未満などと言われるセクキャバですが、さまざまな愛称で呼ばれることから、夜のお店にあまり遊びに行ったことがない人からすると、謎が多い業界と考えられているようです。実際に、若い人の中には、セクキャバやオッパブなどと呼ばれるお店は、法律違反を犯しているお店で、「遊んでいる途中で警察が乗り込んでくるのでは…」などと意味不明な恐怖感を持っているような方も少なくないようです。

最初に言っておきますが、セクキャバは、きちんと自治体などの許可を得て営業しているお店で、遊んでいるお客様が法律違反などとして捕まるなどと言った危険は一切ありませんよ。セクキャバ業界は、確かにさまざまな呼び名があったり、他の業界のお店と何が違うのかがイマイチ分かりにくかったりして、初めて入店する時にはとても緊張してしまうと思います。

そこでこの記事では、セクキャバ初心者さんに安心して遊んでもらうため、この業界の基礎知識を簡単にご紹介しておきます。

セクキャバ(おっパブ)とはどんなお店?

それでは、セクキャバ業界の基礎知識的な部分を簡単にご紹介しておきましょう。

セクキャバのサービス内容

セクキャバは、『セクシーキャバクラ』の略で、キャバクラよりも過激でエッチなサービスが楽しめるお店と言った感じです。実際に、この業界はキャバクラ業界から派生してできたと言われており、サービスの根本部分はキャバクラと同じような感じになっているのです。例えば、お店の料金はセット料金制になっていて、入店して、席に案内してもらうと、横に女の子がついてくれ、トークやお酒を楽しめるといった感じになっています。そして、キャバクラと決定的に違うのが、席についてくれた女の子に触れることができるという点です。キャバクラでは、どれだけお金を落とすお客様であっても、「接客してくれるキャストには触れてはいけない」というルールがあります。もちろん、暗黙の了解で、ちょっと触れた程度で「セクハラですよ!」などと怒られたりはしません。しかし、お店のルールでは禁止されている行為なのです。

これがセクキャバになると、「女の子の上半身へのお触り」がサービスとして認められています。嬢と楽しくトークしながらお酒を飲み、そのついでにおっぱいをモミモミなんて遊び方をしても、それが正しい遊び方として認識されているのです。なお、セクキャバは、おっぱいを自由にモミモミできるといった事から『オッパブ』などと呼ばれるようになった感じです。

注意が必要なのは、セクキャバはあくまでもキャバクラをベースとした接客飲食店という扱いですので、デリヘルやピンサロのような風俗店で受けられる抜きのサービスはありません。女の子の体を自由に触ったり舐めたり、キスしたりできますので、ムラムラしてきますが、それを解消することができないお店というのは覚えておきましょう。

セクキャバの呼び名について

セクキャバは、上述のように、サービスの根幹部分はキャバクラと同じなのですが、キャバクラでは厳禁とされているキスやお触りが認められているというのが特徴です。なお、おさわりできる範囲に関しては、基本的に上半身はどのお店でもOKと考えて構いません。ただし、下半身に関してはお店によって異なりますので注意しましょう。例えば、「服の上からならおさわりOK」「お尻や脚はOKだけのおまたはNG」「下半身はNG」など、いろいろな対応があるので、入店時に確認しておくのが良いでしょう。
ちなみに、セクキャバの呼び名については、『オッパブ』が有名なのですが、他にもたくさんの愛称のような物があります。以下に上げるものはセクキャバと同様のお店と考えておきましょう。

  • セクシーキャバクラ(セクキャバ)
  • おっぱいパブ(おっパブ)
  • おさわりパブ、おさわりキャバ
  • セクシーパブ(セクパブ)
  • ハッスルパブ
  • ツーショットキャバクラ(2キャバ・2ショット)
  • キャバクラ(北海道すすきの地区。いわゆるキャバクラのことは「ニュークラブ(ニュークラ)/ラウンジ」、セクキャバを「キャバクラ」と呼びます。)

ここで注意が必要なのは、北海道のすすきの地区では、「キャバクラ」がセクキャバを指しているという点です。出張などで行ったときには、注意が必要です。ツーショットキャバクラに関しては、主に大阪などの関西地区限定だと考えても良いです。

セクキャバと似ている業種について

それでは最後に、セクキャバと似ている業種のお店についても簡単にご紹介しておきます。ここでは、セクキャバとどう違うのかも簡単にご紹介します。

  • いちゃキャバ
    いちゃキャバは、セクキャバから派生した業界と言われていますので、厳密にはセクキャバと同じようなものと考えても構いません。ただし、お触りなどのイチャイチャが楽しめるものの、セクキャバとはその過激度がかなり違います。いちゃキャバは、ソフトサービスなセクキャバなどと言われるのですが、お触りはできるものの、嬢が服を脱ぐことはできません。つまり、衣装の上からおっぱいを揉んだりできるという感じです。キスに関してもNGにしているお店がありますし、OKのお店でも触れる程度でディープなものはNGと考えておきましょう。
  • ランジェリーパブ(ランパブ)
    ランパブは、ランジェリー姿(下着姿)の女性が席についてくれてお酒やトークの相手をしてくれるお店です。露出度が非常に高いお店ですので、セクキャバ同様にお触りできそうなものですが、ランパブはあくまでも下着姿で接客するキャバクラと考えてください。嬢の下着姿はあくまでも観賞用で、触れることはNGです。おさわりOKとなれば、それはセクキャバです。
  • ショーパブ
    最近はめっきり減ってきていますが、女の子たちのショーを鑑賞しながら飲めるお店がショーパブです。ショーに出ている女性は、かなり露出度の高い恰好をしています。ただし、これもあくまでも観賞用で、お触りはNGです。
  • ピンサロ
    これをセクキャバと間違えている方は意外に多いです。セクキャバ同様、店舗型のお店で、仕切られた席で女の子と一対一になり、おさわりが楽しめます。これだけを聞くとセクキャバと同じと思うかもしれませんが、実はピンサロは『ヌキ』と呼ばれるサービスもOKで、れっきとした風俗店です。つまり、業界が全く異なるお店で、ここは『ヌキ』を目的に遊びに行くお店となります。

まとめ

今回は、夜のお店の中でも、意外にわかりにくい部分があるセクキャバについて解説してきました。セクキャバに初めて行く人であれば。いろいろな呼び名がありますし、女の子にキスやお触りがOKだという特徴から、風俗店なのかな?と考えてしまうような方が多いようです。しかし、あくまでもキャバクラから派生したお店で、接客飲食店に分類されるお店だと考えてください。つまり、抜きのサービスなどはNGで、いくらムラムラしたからと、下半身を露出させてしまうと、たたき出されてしまいますよ。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事