「ランパブ」ってなんだ?セクキャバみたいな楽しみ方ができるのか?

「ランパブ」ってなんだ?セクキャバみたいな楽しみ方ができるのか?

男性がお酒と共に楽しむための夜のお店にはさまざまな形態のものがあります。夜のお店の代表と言えば、キャバクラなのでしょうが、その他にもガールズバーやセクキャバ、いちゃキャバなどと、本当にたくさんの種類のお店が存在します。

そして、ここ数年、男性からの人気が再熱していると言われているお店が『ランパブ』と呼ばれるお店なのです。ランパブというのは、「ランジェリーパブ」の略称で、要は接客してくれる女の子がランジェリー姿だという点が魅力のお店になっています。こう聞くと、下着姿で接客してくれるわけだし、それ以上のお触りなんかも当たり前にOKだと考えてしまうことでしょう。

夜のお店にまだ慣れていない方であれば、こんな単純な考えでお店とトラブルになってしまう…なんてことがあるので、この記事ではランパブがどういったお店なのかについて簡単にご紹介しておきます!

ランパブってどんなお店?

それでは、最近その人気が再熱していると言われている『ランパブ』について、このお店がどんなお店なのかについてご紹介していきましょう。

ランパブは、上述したように、ランジェリー姿の女の子たちが代わる代わる席に来てくれて接客してくれるという魅力的なお店です。ランパブ嬢が着用するランジェリーは、いわゆる勝負下着などと呼ばれるような、派手でエロさもあるようなもので、ある程度の露出はあるものの普通にドレスを着用しているキャバ嬢に接客してもらうのとはまた違った非日常感を味わえるのが最大の魅力です。

そのため、キャバ嬢とお酒を飲むのも良いけれど、どうせならセクシーな子に横に座ってほしい…と考えるような人がランパブに遊びに行っているのです。それでは、下着姿で接客してくれるランパブは、どこまでのことが認められているのでしょうか?

ランパブのサービスについて

初めてランパブに行く人であれば、女性のセクシーな格好から、間違ってNG行為をしてしまう…なんて可能性もあるので注意しましょう。

席に着くと、下着姿のランパブ嬢が接客しに来てくれますし、「わざわざ下着で接客させるってことはお触りもOKなのだろう!」と勝手に考えてしまうような方もいるかもしれませんね。例えば、ダウンタイム制があるセクキャバであれば、席に着いた時点での女の子の格好では、ランパブ嬢の方がよっぽど露出度が高いことから、最低でもセクキャバのように、おっぱいに触ったりキスしたりしても良いのだろうと考えてしまうのは致し方ない事かもしれません。

しかし、もしあなたが前述のように「ランパブ嬢は触っても良い!」とお考えなら注意が必要です。下着姿で接客してくれるランパブですが、実はランパブ業界は、嬢へのお触りは一切禁止なのです。
ランパブは、あくまでも隣に座った女性と、会話を楽しみながらお酒を飲めるというシステムで、サービス自体はキャバクラと何ら変わりはない…と考えておいた方が良いですよ。要は、キャバクラのコスプレイベントを常にやっているお店…といった感じで、通常のキャバクラと差別化するためだけに下着で接客させていると考えておきましょう。

そのため、店内のつくりやシステムなどもキャバクラと同様で、入店すると女の子がフリーでつき、気に入った子を指名するといった感じの流れになります。「お触り」が目的ならランパブに行っても意味がありませんし、もしセクキャバのノリでお触りやキスをしてしまうと、たたき出されてしまう…と考えましょう!

キャバクラとの違いは?

ランパブは、セクキャバ等とは根本的に異なり、キャバクラに非常に近いお店だということが分かっていただけたと思います。ちなみに、ランパブはシステムそのものはキャバクラに非常に近いのですが、遊びに行くことを考えれば、キャバクラよりもだいぶ安くつく可能性が高いです。

キャバクラは、キャバ嬢さんがお客様にドリンクを頂いたりボトルを入れてもらって稼ぐお店ですね。一般のアルバイトと比較すれば、かなり高額な時給設定になっているのですが、夜職業界の中で考えると、キャバ嬢の時給は決して高いとは言えず、どちらかというとバックで稼ぐ職業になるのです。そのため、気の弱い方がキャバクラに遊びに行くと、ボトルを入れたりドリンクのおねだりに答えたりしているうちに、驚くような料金になってしまう…なんてことも考えられるわけです。

しかしランパブの場合、ランジェリー姿で接客するということから、通常のキャバ嬢と比較すれば、かなり高額な時給設定になっています。また、お店側もお客様がお酒を楽しむために来ているわけではないと理解していることから、ドリンクなどの料金も非常にわかりやすく表示しているのです。ランパブで遊ぶときには、それなりのお給料をもらっている嬢は、キャバ嬢ほどしつこくおねだりなんかもしてきませんし、あらかじめ予算を決めて遊びに行けば、それを大きく超えてしまう…なんてリスクはほとんどないと思います。単純に、可愛い女の子とトークしながらお酒を飲みたいと考えるのであれば、キャバクラではなく、ランパブで遊んでいる方がリーズナブルに遊べると思いますよ。ランパブの中でも激安店になると、1セット(60分)4000円~なんてお店もあります。

ただし、お触りやキスなどの過激なサービスを求めているのであれば、セクキャバ一択となります。

まとめ

今回は、最近、その人気が再熱していると言われている『ランパブ』についてご紹介してきました。ランパブというのは、下着姿で接客してくれるキャバクラをイメージしておけば問題ないと思います。夜のお店にあまり詳しくない人であれば、「下着で接客するのだし、お触りぐらいはOK」と勘違いしてしまっているのですが、キャバクラ同様に、一切のお触りは禁止ですので、その部分だけは注意しましょう。

ランパブのメリットは、露出度が高い服装で接客するため、時給がキャバ嬢よりも高額に設定されており、その上お触りもなしという点から、レベルの高い女性が多く働いているという点です。綺麗な子とお酒を飲みたいと考えるのであれば、キャバクラよりもリーズナブルに遊べますので、意外にオススメだと思いますよ。
そして、ランパブで興奮したら、セクキャバなどに遊びに行って、お触りを楽しむなんて流れが良いのではないでしょうか?

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事