男の夜遊び!『飲み屋』と呼ばれるお店にもいろんな種類がある!

男の夜遊び!『飲み屋』と呼ばれるお店にもいろんな種類がある!

今回は、男の夜遊びスポットの種類についてご紹介していきたいと思います。居酒屋に関してもお酒を飲める場所ではあるのですが「男の夜遊びスポット」とまでは言えないですよね。しかし、お酒が飲める夜遊びスポットにもさまざまな種類が存在しており、それぞれのお店によって楽しみ方も変わってきます。

代表的な夜遊びスポットと言えば、やはりキャバクラになるのですが、こういったお店に慣れていない方であれば、ラウンジやクラブとキャバクラがどう違うのかなんてさっぱり分からないのではないでしょうか?そこでこの記事では、一般的に男性の夜遊びスポットと言われるいくつかのお店とそれぞれの特徴をご紹介していきたいと思います。

飲み屋にもさまざまな種類が存在する!

それでは、一般に『飲み屋』と呼ばれる男性の夜遊びスポットの種類をご紹介していきましょう。冒頭でご紹介したように、男性が遊びに行く飲み屋と聞けば、キャバクラのイメージが強いのですが、他にもさまざな種類のお店が存在しています。そして、種類によって価格帯や飲み方などがかなり違ってしまいますので、何も知らずに行ってお会計で困ってしまう…なんてことにならないよう、それぞれのお店の特徴をご紹介していきます。

キャバクラ

まずは、キャバクラからです。説明するまでもないかもしれませんが、キャバクラは女の子との会話とお酒を楽しむためのお店で、キャバ嬢が横に座って接待してくれます。なお、あくまでもトークとお酒がサービスでお触りはNGです。
キャバクラで遊ぶ目的はさまざまで、指名なしでフリーで会話を楽しむ人から、目当ての女性を口説くために通う、同僚と賑やかに飲むなど、使い勝手の良いお店です。接待などにも使えますし、上司が部下をねぎらうために連れて行くなんてことも多く、意外と健全な遊び方をするタイプのお店です。

ちなみにキャバクラで遊ぶ場合は、1セット6,000~10,000円が相場で、ここに嬢に入れたドリンクや指名料が加算される感じです。普通に遊ぶだけであれば、1回で15,000円程度が相場だと思います。なお、目当ての嬢に良いところを見せようと、ボトルなんかを入れてしまうと、一気に支払う金額が高くなります。

クラブ(高級クラブ)

若い人が遊びに行く『クラブ』とは違います。大阪で言えば、北新地などにある高級クラブの事です。簡単に言えば、キャバクラを高級にしたお店と言った感じです。

クラブは、ママがいて、ホステスが横に座って接待してくれるお店です。ちなみに、キャバクラのような時間制限はありません。飲み方はキャバクラのように盛り上がるなんて感じではなく、とにかく紳士に楽しむ感じで、お触りなんて言語道断です。基本的に、キレイに飲んで綺麗に支払って帰るといった大人の遊び場です。
クラブは、入店して席に座った時点でチャージが発生しますし、ホステスを指名すれば指名料が発生、しかも誰でも遊びに行けるわけではなく、会員制で一見さんはお断り…など、かなり敷居の高いお店です。そのため、客層は、会社の重役クラスや、医師、スポーツ選手や芸能人など、お金持ちの顧客がたくさんです。なお、クラブで働く女性は、キャバ嬢のようなノリで接客するのではなく、毎日新聞数冊を隅々まで読んでいて、教養を持っているような方ばかりです。間違っても、キャバクラのノリで気軽に遊びに行こうなんて考えない方が良いと思いますよ!
遊ぶときの料金目安も、他のお店より圧倒的に高額で、最低でも一回で5万円以上はかかります。正直10万円~をイメージしておいても良いと思いますよ。

※キャバクラとクラブの間に『ラウンジ』と呼ばれるお店があります。

スナック

スナックの立ち位置については、若い男性がイマイチ分かっていないという方が多いですよね。スナックは、キャバクラやクラブのように、お店に女の子がいて会話できるのですが、横に座るのではなく、カウンター越しに接客を行うお店です。当然、お触りなんかはNGです。
「場末のスナック」などという言葉があるように、あまり華やかなイメージの業界ではなく、一人でスナックに入って、ママに愚痴をいったり、居合わせたお客さんと仲良くなったり気軽に飲める感じのお店です。また、飲み屋なのに、料金表などもないようなお店も多いです。始めてはいるお店の場合は、「予算〇〇円で」「今日は〇〇円でテキトーに飲みたいんだけど」など、最初にお金の話を振ってお店の反応を見るのがオススメです。安心して飲めるようなお店であれば、この時点で親切に対応してくれますし、ここで態度が悪いようであれば、他のお店に行った方が良いと思いますよ。
ちなみに、スナックというのは「軽い食事がとれる酒場」という意味で、ボックス席などはお酒を作りに来てくれたりしますが、建前上は一緒に座って飲んだりはしません。スナックに飲みに行くときの予算は、5,000~10,000円程度だと思います。

ガールズバー

これは非常にわかりやすいタイプのお店ですね。簡単に言うと、女性がバーテンダーのバーです。バーですから、接客はカウンター越しで、お触りどころか、隣に座って話すなんてこともありません。飲み方は、ワイワイ話しながら楽しい雰囲気で飲むといった感じです。キャバクラのような指名や同伴、アフターなども気にしなくて良いため、気軽に女の子と話しながら飲むだけといった感じですかね。

普通に飲む分であれば、キャバクラなどよりもかなり安く済ませることができ、5,000円程度で十分楽しめると思います。ただし、女の子は頑張ってドリンクのおねだりをしてきますので、気付いたら結構な支払いになってしまった…なんてことも珍しくないです。なお、ガールズバーは、とても入りやすいお店ということから、ボッタくり店も意外に多いので注意しましょう。

セクキャバ

最後は、セクキャバです。「セクシーキャバクラ」を略してセクキャバですので、要はキャバクラの親戚のような物と考えて良いでしょう。席に着くと、女の子が横に座ってトークやお酒の相手をしてくれるというのは、通常のキャバクラと同じです。ただし、他の夜遊びスポットと決定的に違うのは、セクキャバは「お触りがOK」になっているということです。ダウンタイム制かオールダウンタイム制かによって、おさわりできる時間が異なるのですが、セクキャバに行けば、嬢がトップレスになり上半身へのお触りやキスなどがサービスとして認められているのです。ただし、性風俗店ではないため、あくまでも触れるだけで「ヌキ」などの性的サービスはNGです。

料金的な制度に関しても、キャバクラに非常に近く、1セット50分で6,000~8,000円程度のお店が多いです。指名料や嬢へのドリンクは別途かかります。指名もドリンクもいれずにフリーで遊びに行くことを考えれば、一万円以下でお酒もトークもお触りも楽しめる考えられないようなお店がセクキャバです。

まとめ

今回は、男性の夜遊びスポットの飲み屋について、飲み屋の種類とそれぞれの特徴についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、一口に飲み屋と言っても、楽しみ方や料金など、どのお店に入るかで全く異なってしまうものなのです。そして覚えておきたいのは、セクキャバ以外のお店に遊びに行ったのであれば、トークやお酒を楽しむだけで、お触りに関してはNG行為だという点です。キャバクラなどでは、膝の上に手を置くぐらいで嬢に指摘されるようなことはありませんが、それ以上になるとすぐにボーイさんがやってきて注意されてしまうことでしょう。

また、セクキャバやクラブのようなお店では、キレイに飲んでキレイに支払った帰るという男性ほどモテるのもですし、嬢に指摘されなくてもお触りは良い印象を与えないと考えておきましょう。「お酒が入るとお触りしたくなってしまう…」なんて方であれば、最初からお触りが認められているセクキャバに遊びに行くのがオススメですよ!セクキャバであれば、サービスの一環ですから、思う存分お酒もお触りの楽しむことができますし、コスパは最高なのではないでしょうか。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事