セクキャバ嬢と付き合いたい?夜職女性と付き合う際のメリット・デメリット

セクキャバ嬢と付き合いたい?夜職女性と付き合う際のメリット・デメリット

今回は、セクキャバ嬢など、夜職業界で働く女性と付き合う際のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

キャバクラやセクキャバなどは、可愛いキャストと疑似恋愛を楽しむことができる場所のため、お店に通っているうちに本気でその嬢に惚れてしまう…なんて方は少なくありません。実際に、こういった夜職業界で働く女性にも、当然彼氏は普通にいるものですし、中には結婚している女性が働いていることもあるのです。
しかし、夜職業界の女性と付き合う時には、実際にお付き合いする際のメリットとデメリットをしっかりとおさえておかなければいけません。というのも、本来男性というものは、独占欲が強い生き物ですので、自分の彼女が他の男性と仲良くするこういった仕事は嫌なものですよね。

この記事では、本気で「セクキャバ嬢に惚れた!」という方のため、実際にその子と付き合えた場合のメリット・デメリットをご紹介します。

夜職女性と付き合うメリット

それではまず、キャバ嬢やセクキャバ嬢など、夜職に勤務する女性と付き合うメリット面からご紹介していきましょう。夜職女性を彼女にしたときのメリットは、主に以下の3つだと言われています。

  • 経済力がある
  • 時間の融通が効く
  • 友達や会社の飲み会に馴染んでくれる人が多い

それぞれのメリットについて、以下でもう少し詳しく触れておきます。

①経済力がある

まずは、あなたの収入がそこまで高く無くても、彼女側に経済力があると言う点です。正直な話、男性でそれなりに稼いでいるという方でも、キャバ嬢やセクキャバ嬢の稼ぎを超えるような方はほとんどいないと言えるでしょう。スポーツ選手や、若くして会社を作って成功しているという人を別にすれば、ほとんどの場合、夜職女性の方が稼いでいるでしょう。

例えば、専業でセクキャバ嬢をしている人であれば、基本となる時給だけで5000円を超えるお給料をもらっています。さらにここに指名などのバックが付きますので、月収で言えば70~130万円程度かせぐなんて女性は珍しくもないのです。もちろん、彼女が稼いでいるからと、その収入をアテにしてヒモのようになってしまうのはNGですが、経済力のない女性と付き合うよりは安心できるはずです。

②時間の融通が効く

次は、デートや旅行など、あなたの都合にいくらでも合わせられるというメリットです。セクキャバやキャバクラのお仕事は、事前にシフトが組まれるものの、自由出勤制となっていますので、自分の都合に合わせて好きなようにシフトが組めるのです。さらに、何らかの理由があれば、前日などの直前に「お休みしたい」と連絡すれば、それも認めてもらえる等、時間の調整が非常に簡単な訳です。

したがって、あなたの有給に合わせて、平日に旅行に行くとか、日中にデートに行くなんてことも何の問題もなくできるのが大きなメリットになります。

③友達や会社の飲み会に馴染んでくれる人が多い

これは、キャバクラやガールズバーなど、トークのみでお客様を楽しませる系の女性がメインですが、毎日のように初対面の方の接客をしていることから、非常に飲み会の場に慣れており、あなたの友達や会社の飲み会などに連れて行ってもすぐに馴染んでくれるというメリットになります。

もちろん、個人差はあるのですが、極度の人見知りで初対面の人とは話すことすらできない…なんて方は、夜職業界でやっていけませんし、その場に合わせた柔軟な対応は夜職の方ならお手の物だと思います。

夜職女性と付き合うデメリット

それでは、夜職女性と付き合う場合のデメリット面も見ていきましょう。正直メリット面よりもデメリット面の方が重要ですので、以下のようなポイントに耐えられるかをよく考え、お気に入りの嬢にアプローチするかどうかを決めると良いと思います。
はっきり言っておきますが、夜職の女性と付き合うのは、なかなかしんどい面も多いと考えた方が良いですよ!

①チヤホヤしてほしい女性が多い

夜職で働く女性の多くは、お客様にチヤホヤされることから、プライベートでもそういった対応を求めてしまう方が多いです。お店に出ていれば、どんなお客様も基本的に優しく対応してくれますので、彼氏にもお姫様のような対応を求めてしまう訳ですね。

したがって、自然にレディーファーストができる男性であれば、夜職女性と付き合っても長続きしやすいのですが、オラオラ系の男性は喧嘩ばかりの関係性になってしまう…なんてリスクがあります。

②自分といる時も客から連絡が入る

男性であれば、自分の彼女が他の男性と連絡を取るのは嫌ですよね。しかし、キャバ嬢などの夜職女性と付き合うのであれば、これを認めなければいけません。そもそも、夜職で働いている方からすれば、仕事として「お客様と連絡を取っている」だけですので、自分の売り上げを作る行為な訳です。
それなのに、「デート中ぐらい客との連絡辞めてよ」なんて言ってしまうと、「それで売上下がったら、そのお金をあなたが保証するの?」となってしまう訳です。夜職で働く女性の多くは、自分のお店を持ちたい、将来のための貯金をしたいなど、何らかの理由で稼げる仕事を選んでいるのです。したがって、あくまでも「客と連絡」しているだけと割り切って、理解してあげなければ良い関係を継続させるのは難しいと考えましょう。セクキャバ等であれば、お客さんとの連絡先交換を禁止にしている場合があるのですが、その場合、あなたもその人を落とすのに相当な苦労が必要です。

③金銭感覚が合わない

キャバ嬢やセクキャバ嬢と付き合うのであれば、「付き合う時はお金がかかる」と考えておいた方が良いですよ。上述したように、一般の男性とは比較にならないほど稼いでいる女性が多い世界ですので、そもそもの生活レベルが自分よりも高い可能性があります。

さらに、同伴などでお客様と食事に行くときには、かなり高級なお店に行くことも珍しくないため、それが普通になっている女性と付き合うには、相当な出費を覚悟しなければならないわけです。もちろん、仕事とプライベートをきちんと分けている女性も多いので、全ての夜職女性が金銭感覚がズレているとは言いません。しかし、その可能性があるとは思っておきましょう。

④生活リズムが基本的に異なる

あなたの職業によっては、彼女との生活リズムが全く異なる…ということに悩んでしまう可能性があると考えましょう。キャバクラやセクキャバなどは、夜職と言われるように、夜遅くに繁盛するお店です。さらにキャバ嬢になると、お店終わりにお客様とアフターに行く機会もあり、帰宅するのが朝方になってしまう…という場合も珍しくないのです。

あなたが一般企業に勤めている場合、平日は生活リズムが真逆で連絡すら取りにくい…、休日も朝からデートするなんて難しい…など、付き合い方に悩んでしまうリスクがあります。

⑤浮気の心配が絶えない

最後は、浮気の心配が絶えないことから、あなたが嫉妬心などでメンタル的にきつい…というデメリットです。キャバクラやセクキャバなどの夜職は、お客様と疑似恋愛を楽しむ仕事です。そのため、常にお客様との浮気を疑ってしまう…なんて可能性があるのです。特に、セクキャバのお仕事になると、お店でキスやお触りをされるわけですので、一緒にいない間はずっと悶々としてしまう…なんて方も少なくありません。

こういった事から、男性側が「好きだけど疲れてしまった…」と別れを決断するパターンや、常に嫉妬されることで女性が疲れてしまって別れてしまう…なんてことが多いようです。夜職で働く女性と付き合うのであれば、「お店で合う男性は仕事で自分だけが特別なのだ!」という強い意志を持ち、ドンと構えて彼女を送り出せるような懐の深い男性でないと厳しいと思います。

まとめ

今回は、キャバ嬢やセクキャバ嬢と付き合いたいと思っている方に向け、実際に夜職勤務の女性と付き合う場合のメリット・デメリットをご紹介してきました。

この記事でご紹介したように、いくつかのメリットはあるものの、決して見逃すことができない大きなデメリットがあるということが分かりますね。近年では、夜職で働く女性のレベルがドンドン高くなっていると言われているため、本気でキャストに惚れてしまう…なんて方が多いのですが、アプローチをかける前に、この記事でご紹介した内容を慎重に考えた方が良いですよ。
彼女が他の男性と仲良くすることを許せない…と考えるのであれば、夜職女性と付き合っても時間の無駄になるのオススメできません!

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事