一般的なセクキャバ遊びの流れをご紹介します!

一般的なセクキャバ遊びの流れをご紹介します!

今回は、「セクキャバで遊んでみたいと思うけど、ちょっと入るのが怖い…」という方のため、一般的なセクキャバ遊びの流れをご紹介します。

セクキャバは、「お触りができるキャバクラ」などと言われていますが、いろいろと謎な部分があることから、初心者の方にとって入店することが意外に高いハードルとなっているようですね。そもそも『お触りOK』と言われても、どこまで触っていいのかも不明ですし、人前ではめをはずすのが少し恥ずかしい…なんて気持ちがあるため、入店に躊躇してしまう訳です。

そこでこの記事では、セクキャバ初心者さんが、気軽にセクキャバに入れるようになるため、一般的なセクキャバ遊びの流れをご紹介します。また、おさえておきたいセクキャバの基礎知識も簡単にご紹介します。

セクキャバの基礎知識について

それではまず、セクキャバ遊びの前に知っておきたいセクキャバの基礎知識をご紹介します。「お触りがOKなキャバクラ」と言われても、どこまで触って良いのか、また何がサービスの範囲かが分からず。入店しても、もじもじしているだけ…なんてお客様も多いです。
ここでは、基本的な店舗ごとの違いや、サービスの範囲などを簡単にご紹介しておきます。

セクキャバのサービス内容

冒頭でご紹介したように、セクキャバは「お触りができるキャバクラ」などと言われています。基本的に、キャバクラと同じように、席に着くと女の子が来てくれて、お酒やトークの相手をしてくれるわけです。そして、キャバクラでは絶対に楽しむことができない、キャストへのお触りや、キス、乳首舐めなどが楽しめるわけです。なお、風俗店ではないので、『ヌキ』に関するサービスの提供を受けることはできません。

ちなみに、店舗によってお触りの範囲が異なり、基本的には、裸の上半身に触ることができるのが普通のセクキャバです。これがハード店になると、下半身へのタッチも認められている場合があるのですが、ハード店でも下半身をNGとしている嬢がいますので、注意しましょう。なお最近では、『いちゃキャバ』なるお店も登場しており、こういったお店では、「服の上から」上半身のお触りが認められています。
このように、セクキャバ業界でも、プレイ内容に違いがありますので、その辺は注意しておきましょう。

ダウンタイム店とオールダウン店がある

セクキャバで覚えておきたいもう一つのポイントは、『ダウンタイム店』と『オールダウンタイム店』の2種類が存在するということです。それぞれの違いは以下のような感じです。

  • ダウンタイム店
    ダウンタイム店の場合、常にお触りができるのではなく、お店が認めている一定時間中のみ女の子とイチャイチャできるようになっています。ダウンタイムになると、お店の照明が落とされ、爆音が流れ始めます。そして女の子があなたの膝の上にのってきて、自由に体を楽しむことができるようになるのです。ダウンタイムの時間に関しては、30分間に10分などで、お店によって変わりますので、入店時に確認しておきましょう。
  • オールダウンタイム店
    オールダウンタイム店は、上記のような時間制限はなく、常にお触りが楽しめる仕組みになっています。したがって、トークの合間にお触りを楽しむなど、時間を気にせずにイチャイチャを楽しむことができるわけです。初めてセクキャバに行った人であれば、触るタイミングがわからない…なんて思うかもしれませんが、その場合、嬢がタイミングを狙って「触っていいよ」などと声をかけてくれます。

セクキャバ遊びの一般的な流れ

それでは、セクキャバで遊ぶ場合の一般的な流れについてご紹介していきましょう。今までセクキャバ遊びをしたことがない人であれば、この部分が最も気になりますよね。と言っても、そこまで複雑なものではありませんので、心配はいりません。

ちなみに、セクキャバはお店によってサービスの範囲が変わってしまうのですが、基本的な流れは同じですので、安心しましょう!

STEP1 入店

まずは、入店です。入店時に、スタッフさんからその日に働いているセクキャバ嬢を紹介してもらえます。この時に、気になる女の子がいれば指名しておきましょう。
お金を払えば、席に案内される前にお店の禁止事項などのルールを教えてもらうことができます。初めてセクキャバに行く場合は、システムや禁止事項など必ず聞いておきましょう。

STEP2 席に案内される

スタッフに席に案内されます。入店時に指名した場合にはその女の子、フリーで入った場合は、その時に空いている女の子が自分の元にやってきてくれて接客してくれます。
なお、初めてセクキャバに遊びに行った場合、正直に初めてという方が良いサービスをしてもらえる可能性が高いです。というのも、初セクキャバのお客様は、自分を指名してくれる可能性がある客ですので、嬢からしても頑張りがいがあるのです。

STEP3 女の子が入れ替わる

どのセクキャバでも、基本的に40~50分が1セットで、時間中2人の女の子が交代しながら接客をします。フリーで入った場合は、どんな子が来るのか分からないことから、ワクワクした気持ちで遊ぶことができるでしょう。なお、ダウンタイム店であれば、どの女の子であっても、1回はイチャイチャできる時間が設けられています。
なお、2人目と遊んでいるあたりに、男性スタッフから延長の有無を尋ねられると思います。延長料金は割高に設定されていますので、この辺りはお財布と相談しながら慎重に決めましょう。遊び時間が残っていれば、3人目の女の子とバトンタッチをします。3人目の女の子は、場内指名しておいた女の子であったり、1人目の女の子であったり、その時によって異なります。

STEP4 退店

退店時に、女の子におごったドリンク代や指名代、延長代を支払います。追加料金がかかるようなオプションを何もしていなかった場合は、何もなく退店するだけです。気に入った女の子がいたら、退店時に「また遊びに来るよ!」などと挨拶しておけば、好印象を与えると思いますよ。

セクキャバで遊ぶ場合、基本的に上記のような流れになります。

まとめ

今回は、セクキャバ初心者の方に向けて、一般的なセクキャバ遊びの流れをご紹介してきました。基本的には、キャバクラなどと同じで、そこまで身構えるような必要はありません。ただし、セクキャバ嬢からは、初セクキャバ客が好まれる傾向にありますので、変に格好をつけて「遊び慣れている」という態度をするのではなく、「初めてセクキャバに来てみた!」と正直に言うのがオススメです。

初セクキャバのお客様に気に入られた場合、次回来店時に指名が貰える可能性がありますので、良質なサービスを受ける事ができるわけです。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事