セクキャバで出入り禁止になってしまう代表的な理由について

セクキャバで出入り禁止になってしまう代表的な理由について

今回は、セクキャバに遊びに行きたいと思っても、NG客として出入り禁止になってしまうような行為をいくつかご紹介していきたいと思います。なお、『NG客』については、特定のセクキャバ嬢が好みの問題などでNG客に指定する場合もあるのですが、その程度であれば他のセクキャバ嬢と遊ぶ事ができます。しかし、『出入り禁止』にまでなると、そのお店はもちろん、系列店でも遊ばせてくれなくなりますので、セクキャバ遊びがかなり難しくなるので注意しましょう。

もちろん、ちょっとやそっとの事では出入り禁止にまでなるようなこともないのですが、セクキャバは働いている女性キャストを第一に考える傾向にあるため、いくらお金を払うお客様でも「自分は何をしても良い!」なんて考えは捨てた方が良いですよ、出入り禁止の範囲に関しては、お店が決めることになりますが、以下でご紹介するような行為は基本的に危ない…と考えておきましょう。

セクキャバで出入り禁止になる行為とは?

それでは、セクキャバで出入り禁止になってしまう恐れがある代表的な行為をいくつかご紹介していきましょう。もちろん、出入り禁止のラインは、お店ごと異なりますので、以下の行為をしても見逃されるという場合もあるでしょう。

しかし、確実に目をつけられてしまいますので、次に同じような行為を行った場合、いきなり出禁になってしまう…なんて危険もあると考えておきましょう。

嬢が痛がるプレイ…

セクキャバは、「お触りがOKなキャバクラ」などと言われているように、席についてくれた嬢の上半身に触ることやキスが認められています。もちろん、接客飲食店ですので、『ヌキ』などのサービスはないのですが、キャバクラとは比較にならないほどの過激なサービスが受けられるため、人気になっています。

ただし、「上半身へのお触りがOK」と言っても、なんでも認められているわけではありません。例えば、乳をわしづかみにして揉む・乳首をきつく吸う・乳首を噛むなどの行為をされると、嬢は痛みを感じてしまうことになりますよね。男性には分からないかもしれませんが、赤ちゃんに母乳をあげているときでさえ、きつく吸われると痛みが走る…と言われるものなのに、大の大人にされると耐えられないほどの傷みになるわけです。
お客様の中には、乱暴なプレイを好み、女性は多少乱暴な方が感じるなど、変な認識を持っている方もいるのですが、このような考えでセクキャバ遊びをするのはやめましょう。誰でも、痛みを感じるような仕事は嫌ですし、痛みを与えてくるお客様の接客などはしたがるわけありません。

中には、嬢が「痛いから優しくして。」などとお願いしても、乱暴なプレイをやめない…というお客様もいるのですが、こういった行為を続けると、出入り禁止になってしまう危険があります。

ルール外のプレイの要求をする…

セクキャバのプレイは、上半身のお触りがOKというのが基本です。最近では、服の上から上半身のおさわりがOKないちゃキャバなるものが登場していますが、基本的には裸のバストに触ることができます。また、セクキャバ業界でも、ソフト店、ハード店の違いが存在しており、下半身へのお触りを認めているお店も存在します。ただし、あくまでも触るだけがOKであり、それ以上の性風俗店のような行為は絶対にNGなのです。
セクキャバで興奮したお客様の中には、自分の下半身を露出したり、嬢に触らせようとしたりする方がいますのが、こういった行為はルール違反になりますので、普通に出入り禁止になってしまいます。ちょっとぐらい良いのではないかと考えてしまうかもしれませんが、法律で決められていることですので、認めてしまうとお店が廃業になってしまう恐れがあるのです。
セクキャバは、業界的なルールを守ることはかなりシビアに考えていますので、それ以上の行為を嬢に強要しようものなら、その場で退店・出入り禁止にされてしまうこともあります。

アフターにしつこく誘う…

お気に入りのセクキャバ嬢がいれば、店外デートをしたいと考える方が多いですよね。しかし、セクキャバ業界では、女の子の安全を考えて、連絡先交換すら禁止にしているお店がほとんどです。最近では、同伴だけはOKとしているお店もあるのですが、アフターに関しては基本的にNGだと考えておいた方が良いです。
つまり、嬢が「お店で禁止されているから…」とアフターを断ったのにも関わらず、しつこくアフターに誘う行為は、迷惑行為と判断され、何度も行うと出禁になってしまう危険があります。これは、アフターはお店が女の子の安全を守ることができないためです。お触りがOKな嬢と外で会えたということは、それ以上を求めて無理矢理ホテルに連れ込もうとするような人も多いですし、そのような危険に嬢が晒されないように、ルールとしてアフターを禁止しているのです。

接客中に嬢を馬鹿にする…

お客様の中には、日常のストレスを解消するためなのか、席に着いた嬢に罵声を浴びせて楽しむなんて方がいます。例えば「こんな仕事をして親が泣くぞ」「何でセクキャバなんかで働いているの」「楽して高収入を得てお気楽だな」と言ったセリフで嬢を馬鹿にするお客様がいるのです。
残念ながら、夜職業界ではこういった態度をとるお客様が昔から一定数います。さらに、中には限度を超えている魔性を浴びせる方もいるのです。こういったお客様に関しては、すぐに出禁になることは少ないのですが、何度も行っていれば、嬢からお店に報告され、出禁になってしまいます。

ストーカー行為…

最近増えていると言われているのがこれです。実際に、夜職で働いている方が、ストーカーによって被害を受けた…なんてニュースを定期的に見かけるようになっていますよね。
セクキャバは、かなり密着度が高いサービスとなりますので、男性側が自分が本当に気に入られているのでは…と勘違いしてしまう場合もあるのです。実際に、連絡先交換が禁止でも、嬢の退勤時に隠れて後をつけるなんてストーカー行為をするお客様も少なくありません。
夜職業界の中でも、セクキャバやキャバクラなどは、恋愛感情に発展しやすい業界と言われていますが、嬢に必要以上にのめり込まないように注意しましょう。ストーカー行為が見つかると、出禁になる…なんて問題で済まなくなり、警察のお世話になってしまう可能性まであります。

まとめ

今回は、セクキャバ業界でNG客として出禁になってしまうような行為をご紹介してきました。細かく見ていけば、この記事でご紹介した以外にも、出禁になってしまう行為があるのですが、代表的なものと言えば上記のような感じです。

この記事でご紹介したように、非常に密着度が高いサービスが売りとなる業界ですので、キャバクラなどと比較しても「嬢の安全を守る」という意識が非常に高いのがセクキャバ業界です。したがって、嬢が嫌がる、危険を感じるなんてことをするお客様がいれば、いくらお金を払ってくれている方でも普通に出禁になってしまうと考えておきましょう。
セクキャバは、明確なルールの元、営業が行われている業界ですので、ルールの範囲内で楽しむようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事