セクキャバ通い隠すには?彼女や嫁にバレたら修羅場が待っているかも!

セクキャバ通い隠すには?彼女や嫁にバレたら修羅場が待っているかも!

今回は、セクキャバで遊びたいと考えている方のため、セクキャバ通いが彼女や嫁にバレないようにするために注意しておきたいポイントをご紹介していきます。

セクキャバに関わらず、お酒とトークを楽しむだけのキャバクラでも、自分の彼氏や旦那が行くことを「認めない」と考えている女性は多いです。正直な話、浮気をしているわけではないのですから、「遊びに行くぐらいは良いのでは?」というのが、ほとんどの男性が考えることでしょう。
しかし実際には、キャバクラやセクキャバに遊びに行ったことがバレてしまい、彼女さんや奥様と修羅場になってしまった…なんて話は珍しくありません。それでは、こういったセクキャバ通いが彼女や嫁にバレてしまうのはなぜなのでしょうか?

この記事では、セクキャバ通いが彼女や嫁にバレてしまう代表的な原因や、実際に追及された場合の『言い訳』についてご紹介していきたいと思います。

セクキャバ通いがバレてしまう要因は?

それではまず、セクキャバに遊びに行っていたことが彼女や嫁にバレてしまう主な原因からご紹介しておきましょう。セクキャバは、通常のキャバクラとは異なり、席についてくれた女の子にお触りできたりキスができたりする、かなり過激なサービスが売りのお店です。
ほとんどの女性は、トークやお酒を楽しむだけのキャバクラでも嫌悪感を感じてしまう訳ですので、それ以上のサービスがあるセクキャバに遊びに行ったことがバレてしまうと、かなりの修羅場が待っていると考えなければいけません。もちろん、セクキャバには、既婚者や彼女がいる方もたくさん遊びに来ていますが、こういった方の多くは「俺はバレないから大丈夫!」と変な自信を持っています。
つまり、実際に彼女や嫁にセクキャバ遊びがバレてしまう方については、みなさんバレないと思って遊びに行っているわけですので、誰もが「いつバレてもおかしくない…」と考えておかなければいけないのです。基本的に、彼女や嫁にセクキャバ遊びがバレてしまうのは、以下のような原因が多いです。

  • セクキャバ嬢の名刺でバレてしまう…
  • スマホを見られてしまう…
  • SNSでバレてしまう…

基本的に、上記のような理由でバレてしまうことが多いです。特に多いのが、セクキャバ嬢に貰う名刺をポケットに入れたままにしてしまい、それを発見されてしまう…というパターンでしょう。ドラマなどでも、この場面が面白おかしく使われていますが、実際にこの場面に遭遇してしまうと大変なことになります。
セクキャバ遊びが彼女や嫁にバレないようにするためには、最低限以下のような点に注意しておきましょう。

名刺でバレてしまう

セクキャバに関わらず、他の夜系の店に遊びに行ったことがバレてしまう場合も、名刺を発見されてしまう…という場合が多いです。これは、男性客が、キャストから名刺をもらった際、不用意に胸ポケットなどにしまっておき、それを忘れてしまう…というのが原因です。ポケットに名刺を入れたままにしてしまい、彼女や嫁がクリーニングに出す際に見つけられてしまう…となるのです。
こういった事を防ぐためには、名刺をきちんと名刺入れに隠しておくというのが有効でしょう。毎日名刺入れまでわざわざ確認するような女性も少ないですし、これだけでかなりバレる確率を下げることができます。ただし、財布や名刺入れもこまめにチェックされる…と言った場合には、他の方法が良いでしょう。例えば、名刺をもらう際に連絡先交換をしてしまい、名刺は捨てるといった対策です。もちろん、嬢の前で名刺を捨てる、置いて帰るなんて態度は嫌われてしまいますので、家に帰るまでのどこかで捨てるようにしましょう。

携帯でバレる

携帯電話の中身を見られてしまい、バレてしまう…という場合も少なくありません。中には、彼女や奥さんに携帯のロック解除用のパスワードを教えているなんて方もいますが、その場合、いつバレてもおかしくありません。
わざわざロック用のパスワードを変えてしまう、余計に疑われてしまう危険がありますので、こういった方はPC用のメールなどでやり取りするか、連絡先交換はしないとした方が良いでしょう。パスワードまで教えていないなんて場合は、携帯から離れる時は必ずロックをかけておくといった対策で十分だと思います。やましい事がある時には、肌身離さず携帯を持ち歩く…なんて方もいますが、この行動は余計に疑われてしまいますよ。
なお、特に注意が必要なのは、キャストとLINEでやり取りする場合です。LINEは、きちんと設定しなければ、画面に通知が出てしまいますので、これをOFFにするようにしましょう。

SNSからバレる

現代らしいバレかたですね。もちろん、SNSにセクキャバに行ったことを投稿してバレる…なんてものではないですよ。例えば、SNSで仲良くなったキャストと相互フォローしてしまうと、彼女や嫁に「これは誰だ?」と疑われてしまうようになるかもしれません。
そして、隠れて携帯などを確認されてバレてしまう…というパターンです。彼女や奥さんがSNSでつながっているという場合には、キャストに伝えないようにする、他のアカウントを作ってそこでやり取りするなどの工夫が必要です。

バレてしまった時の言い訳は?

正直な話、女性の感は非常に鋭いため、どれだけ対策をとったとしてもバレてしまう時にはあっさりバレてしまいます。特に、セクキャバなどのキャストと非常に密着度が高いお店であれば、香水の香りがうつってしまい隠れて携帯を調べられてしまう…なんてことも多いのです。これがキャバクラであれば「接待で行っただけ!」などと、仕事のせいにすることもできますが、セクキャバの場合はそれも難しいですね。したがって、ある程度開き直った言い訳で押し切るしかないと考えておきましょう。

もちろん開き直るにしても「なんで行ったらいけないんだ!俺の勝手だろ!」なんて態度はNGですよ。基本的には、こういった場合の言い訳としては、自分が行きたかったのではない…という方面での言い訳が有効です。
例えば、「上司に飲みに行こうと言われていったら、セクキャバだった…」店の前まで上司に連れていかれて、人間関係もあるし断り切れなかった…と言った言い訳が最も妥当な言い訳になると思います。こういった言い訳を使うと想定して、普段から夜系のお店で遊んでいる上司がいるといったことをアピールしておくともっと有効かもしれませんね。

ただし、こういった言い訳が通用するのは1回だけですので注意しましょう。何度も同じ言い訳をしていると「もう別れる!」なんて最悪な状況になってしまう恐れがありますよ!

まとめ

今回は、セクキャバ遊びがバレてしまう原因や、実際にバレてしまった場合の言い訳についてご紹介してきました。セクキャバ遊びに関しては、別に浮気をするわけでもありませんし、法的に問題があるような行為でもありません。そのため、本来は誰に文句を言われる筋合いもないのですが、彼女や奥さんからすれば、どうしても嫌悪感を持ってしまう…という場合の方が多いです。

したがって、彼女がいる、結婚しているという方がセクキャバ遊びをする場合、パートナーには絶対にバレないようにするという事が大切です。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事