セクキャバ通いがパートナーにバレてしまう原因って何?

セクキャバ通いがパートナーにバレてしまう原因って何?

彼女や奥さんがいる男性であれば、女性のいるお店に遊びに行ったことがバレてしまい、パートナーと大喧嘩になった…なんて経験がある人も多いのではないでしょうか?女性の嗅覚はすごいもので、本当にたまにしか夜のお店に行くことはないのに、ちょっとした行動の違いから怪しいと疑ってきたりしますよね。

例えば、キャバクラに遊びいっていたのであれば、「取引先の接待のために仕方なく行っただけ…」などと言った言い訳も通用するのでしょうが、これがセクキャバだとバレてしまうと、何の言い訳もできずに平謝りするしかなくなってしまうことでしょう。謝って許してもらええれば良いのでしょうが、夜系のお店に嫌悪感を持っている女性であれば、お別れを告げられてしまう…なんて危険もあるのです。

そこでこの記事では、セクキャバ遊びがパートナーにバレてしまう原因は、どのようなことなのかについてご紹介していきたいと思います。

セクキャバ遊びがバレてしまう原因

それでは、パートナーにセクキャバに行ったことがバレてしまう主な原因をいくつかご紹介していきましょう。原因を知っておけば、バレないようにするための対策も思い浮かびますし、トラブルを未然に防ぐ事ができるはずです。
ここでは、夜系の遊び全般がバレてしまう代表的な原因についてご紹介していきます。

原因① お店の名刺でバレてしまう

まずは定番の『名刺』です。

「名刺は帰宅前に捨てるでしょ!」と思うかもしれませんが、一次会で飲みすぎてセクキャバに行き、そこで綺麗なお姉さんに気持ちよくサービスをしてもらい、時間を忘れるように楽しんでしまえば、同時に名刺をもらった事もすっかりと記憶から抜け落ちてしまう…なんて方は少なく無いのです。
会社の同僚などとセクキャバに行く場合、ほとんどの方が酔いが回っていますし、気持ちよく遊んだ後に「帰宅前に名刺を捨てなければいけない。」などという冷静な判断ができるようなことはありません。帰宅時には、「おっぱい大きかったな~」など、気持ちよかった記憶ばかり思い出し、名刺をどこにしまったかなんて忘却の彼方で家路につくわけです。

この場合、スーツの胸ポケットや仕事用の名刺入れにきちんと仕舞っていれば、そこまで心配はないかもしれませんが、シャツの胸ポケットなどに入れた状態で帰宅してしまえば、次の日の朝に恐怖の時間が待っていると考えた方が良いでしょう。
名刺なんかでバレることはないと考えている人が多いのですが、キャバクラやセクキャバ、ホテヘルがバレてしまう代表的な原因ですので、注意しましょう。対策としては「捨てれば良い!」と考えるのではなく、そもそも貰わないようにするというのが正解です。

原因② お店の割引券

セクキャバの中には、退店時に次回のサービス料金を割り引きしてもらえるチケットを渡してくれる場合があります。そして、上述の名刺と同じ理由でパートナーに見つけられてしまうのです。

ただし、名刺と違う点は、割引券であれば確実にセクキャバに行ったという証拠にならないため、言い訳は可能だということです。例えば、「繁華街を歩いていた時に、客引きに渡されてポケットに入れていただけで店には行っていない」なんて言い訳は普通に通用するでしょう。
「なんでそんなものを貰ってんの?」と言われても、客引きが怖そうな人だからトラブルを避けるためにひとまず貰っておいたと言えば、それ以上の追及はできないわけです。ちなみに、こういった追及をかわすために言い訳する場合、可能な限り冷静な態度で受け答えするようにしましょう。あたふたすれば、「怪しい…」と思われ、パートナーの警戒度が高くなってしまいますよ!
こちらも名刺と同じく、貰わないのが最良の対策となります。基本的に、公式サイトなどでクーポンが配布されているお店が多いですし、証拠を残すようなものは貰わないようにしましょう。

原因③ スマホ、PCの閲覧履歴

次は、何らかの理由でパートナーがあなたに疑いを持ってしまった際、パソコンやスマホの閲覧履歴から追及されてしまう…というパターンです。スマホの閲覧履歴の確認などは、いくらパートナーで合ってもプライバシーの侵害になるのでしょうが、強い疑いをもたれてしまった際には、罪悪感を持ちながらも確認されてしまう…なんてことが多いです。

そして、チェックした結果、セクキャバサイトの出勤嬢ページを閲覧していたとバレてしまえば、疑いはレッドゾーンを超えてしまうことでしょう。この時、見ていたお店のサイトと上述した割引券が一致してしまえば、さすがに言い逃れできなくなってしまいます。
スマホやパソコンの履歴は小まめに削除するなどの対策がオススメです。

原因④ 嬢とのやり取りを見られてバレる

セクキャバの多くは、お客様との連絡先交換を禁止しているのですが、中に普通に交換を認めているお店も存在します。そういったお店であれば、ちょくちょくキャストからのLINEなどが入ってきて、やり取りすることも珍しくありません。

しかし、何らかの理由でパートナーに疑いをもたれてしまっている場合、こちらもチェックされてバレてしまうことになるのです。セクキャバ嬢とのやりとりを確認されてしまえば、もう言い逃れなどはできません。
注意が必要なのは、今までスマホなどにロックをかけていなかった人が、突然ロックをかけるようになる…なんて行動です。女性は、こういった細かなポイントをよく見ていますので、普段の行動との違いから疑いをもたれ、バレてしまうことにつながってしまいます。何かやましいことがある時こそ普段通りの行動を心がけるようにしましょう。

まとめ

今回は、セクキャバ通いがパートナーにバレてしまう原因についてご紹介してきました。ほとんどの女性は、男性が女性の接待を受けるお店に遊びに行くことに嫌悪感を持ってしまうものですので、セクキャバに行くにしても絶対に彼女や奥さんにはバレてはまずい…と考えていると思います。

しかし、この記事でご紹介しているように、世の中の男性は、「バレてはマズい」と思いながらも、対策を徹底することができずにパートナーにバレてしまう…なんてことになるのです。もちろん、セクキャバがバレてしまうことを防ぐのは、「行かない!」という対策が最も安全ですが、それでは元も子もありません。したがって、女性の感は非常に鋭いという認識をしっかりと持って、対策を行うようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事