セクキャバのサービス範囲とは?セクキャバで出来ることと出来ないことについて!

セクキャバのサービス範囲とは?セクキャバで出来ることと出来ないことについて!

近年では、夜の遊び場も多様化しており、「どのお店がどういったことまで出来るのか?」がいまいち分からない…という方が多くなっているように思えます。特にサービス範囲が分からない…と言われる業界としては、セクキャバが有名で、お店によっては業種の呼び名すらも変わってしまうような業界になっています。

一般的には、キャバクラと同じように可愛い女の子とお酒を楽しめるのに加えて、そのキャストの上半身におさわりできるのがセクキャバです。なお、セクキャバは、別名で『オッパブ』や『ツーショットキャバクラ』などと呼ばれる事もあるのですが、これらは全て同じ業界のお店と考えても構いません。ただし、最近登場した『いちゃキャバ』なるお店に関しては、キャバクラとセクキャバの中間に位置すると言われるなど、サービスの範囲が少し狭くなっているようです。

この記事では、「結局何ができるの?」と疑問に思ってしまう方が多いセクキャバのサービス範囲についてご紹介していきます。

セクキャバで出来ること

それではまず、セクキャバで受けられるサービスやセクキャバならではのメリットからご紹介していきましょう。セクキャバは、キャバクラのサービスに加えて、席についてくれたキャストの上半身におさわりできると言う点が大きな特徴になります。

女の子と会話しながらい酒が飲める

この部分は、キャバクラと同じようなサービスですね。セクキャバでは、席につけば必ず女の子が横についてくれます。そして、キャバクラと同じように、女の子とのトークを楽しみながらお酒を飲むことができるわけです。ちなみに、セクキャバに関しては、キャバクラ同様の接客飲食店という業種になります。
なお、キャバクラとの違いは、お酒をメインに来店するのではなく、お触り目的のお客様がほとんどですので、飲み放題になっているお店が多いです。

女の子の上半身におさわりできる

セクキャバが『おッパブ』と呼ばれる所以のサービスです。セクキャバは、横についてくれた女の子の上半身をお触りすることが許されているのです。キャバクラなどでは、キャストに触れる行為が一切禁止されているのですが、セクキャバは『お触りができる』というのがメリットのお店になります。
注意が必要なのは、最近登場し始めた『いちゃキャバ』に関しては、上半身のお触りができるものの「服の上から」などと、過激度が下がっている場合があります。

女の子の下半身におさわりできる

セクキャバの中でも過激店になると、下半身へのお触りまで認められている場合があります。ただし、下半身へのお触りOKのお店でも、キャストによってはNGとしている場合がありますので、そういったキャストが席についてくれた場合はダメです。

レベルの高いキャストが多い

セクキャバのメリットと言われているポイントは、キャバクラや他の風俗店と比較すると、ルックスなどのレベルが高いキャストが多いと言われています。

これは、キャバクラよりもサービスが過激になるものの、トークなどが重視されないためコミュニケーション能力などは必要とされないというのが一つの理由です。さらに、風俗店ではありませんので、いわゆる『ヌキ』などと呼ばれる性的サービスの提供はありません。それなのに、時給などは非常に高額に設定されていることから、稼げる夜職として非常に人気になっているわけです。
基本的には、夜職の中でも最も女の子のレベルが高いと言われている業界がセクキャバ業界です。

セクキャバで出来ないこと

それでは、セクキャバに行っても受けることができないサービスについてもご紹介していきましょう。ちなみに、NG行為に関しては、お店的にはOKでもキャストが個人的にNGとしているものもあります。

ディープキスは禁止の場合がある

セクキャバであれば基本的にOKのお店が多いのですが、いちゃキャバに分類されるお店になると、ほとんどの場合はディープキスは禁止とされていると思います。また、お店的にはOKとなっている場合でも、キャスト個人がディープキスをNG行為としている場合がありますので、入店前に確認しておく方が良いと思います。

自分の股間を露出する、触らせる

先ほど、セクキャバでは風俗のような『ヌキ』と呼ばれるサービスはないとご紹介していますが、そもそもセクキャバは股間を露出したり、キャストに触らせることもNGです。これを強要しようとしてしまうと、あっさりと出禁になってしまう可能性がありますので注意してください。

女性の股間を触る行為

過激店であれば、キャストの下半身に触れるとご紹介しましたが、基本的には下半身へのお触りは禁止となっていると考えておきましょう。中には、下半身へのお触りを認めている場合もあるのは確かなのですが、非常に稀な存在ですので、「基本は無理」程度で考えておきましょう。

抜き行為は絶対にNG

これは絶対にNGです。そういったサービスがあるお店であれば、それはセクキャバではなくピンサロだと考えましょう。セクキャバは、風営法の許可的に抜きなどの性的サービスを提供することは違法行為となってしまうのです。したがって、そういった事を認めているということが対外的にバレてしまうと、お店がつぶれてしまうことになるのです。つまり、そういった大きなリスクがあることは絶対にさせてくれないと考えた方が良いですよ。
抜きなどの性的サービスが目的であれば、素直にデリヘルなどの風俗店に行きましょう。

まとめ

今回は、サービス範囲がイマイチ分からない…という方が多い、セクキャバで出来ること出来ないことをご紹介してきました。セクキャバは、呼び名自体が複数存在しますし、同じ業界のお店でも可能なサービスに違いがあることから、どこからどこまでが業界的に認められたサービスなのかが非常に分かりにくいという声が多いです。さらに最近では、いちゃキャバなるお店が登場したことにより、さらにややこしくなっているわけです。

基本的には、キャバクラと同じように、女の子とトークを楽しみながらお酒を飲めるということに加えて、上半身へのお触りが認められているというのが基本サービスと考えておけば良いと思いますよ。これが、過激店になると、下半身もOKとなりますし、女の子によってディープキスはNGなど条件が付いてくるわけです。
サービス範囲に関しては、お店によって微妙に異なる業界ですので、入店前に受付で確認しておくようにしましょう。

セクキャバの遊び方カテゴリの最新記事